スポンサードリンク

第4回(44回) TOTOジャパンクラシック【結果と成績】

第4回(44回) TOTOジャパンクラシック

ツアー終盤に開催されるアメリカツアーの本大会は、晩秋の風物詩になっている感があります。昨年も書きましたが、アメリカツアーの中の1試合なので、4日間大会になってほしいと切に願う次第です。

  • 開催日:2018年11月2日~4日
  • 開催コース:瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県 6,659yds / par72)
  • 優勝賞金:225,000ドル(2,475万円)
  • 優勝副賞:メルセデス・ベンツ A180スタイル

瀬田ゴルフコース 北コースをラウンド予約する(楽天GORA)

【ゴルフ場予約は楽天カードがお得!】

最終日

2日間ノーボギーでトップを堅守していたミンジー・リー選手がまさかの大失速!前半9ホールを、2ダブルボギー・3ボギーの「43」という大たたきで、一気に後退してしまいました。

 

アメリカツアー4勝(今季賞金ランク2位)の実力者でも、こんなことがあるんですね~。ゴルフは怖いです(゜_゜)

 

そのすきを縫ってトップに躍り出たのが、われらが畑岡奈紗選手。

 

10番までで5つ伸ばし、逆転優勝の芽が強くなってきたんですが、11番、12番の連続ボギーでC.シガンダ選手(スペイン・アメリカツアー2勝ほか)とCOリーダーとなってしまいました。

 

どうも、ショットが左へと飛ぶようで、あまり調子がよくなさそうでしたね、そんな中でもなんとかスコアをまとめてくるのが一流のプロです。

 

しっかり、14番でバーディーをとり、再び単独トップへと戻したのはさすがでしたね。

 

昨日、解説の戸張捷氏が「最終組に畑岡奈紗選手が入りますよ」と言っていたのを真に受けていたんですが、アメリカツアーではルールが少し違うということで、畑岡選手は最終組の一つ前でのラウンドとなりました。

 

プロでもないのに、選手の技術の解説をしている暇があったら、こういった情報をしっかり調べておいてほしいものですね。

 

さて、その最終組でのプレイとなった小祝さくら選手は、11番までノーバーディー・2ボギーとスコアを伸ばすことができません。まさか、ミンジー・リー選手の乱調に引きづられたとは思いませんが、多少なりとも影響はあったでしょうね。

 

初優勝をアメリカツアーの試合で飾るという夢は打ち砕かれましたが、ここまで通用するということがわかっただけでも、自信になったんじゃないでしょうか。今季の残り試合のどれかを勝ってもおかしくないと思います。

 

7年ぶりの日本人チャンプを目指して、2位タイまであがってきたのが永峰咲希選手でした。17番のバーディーでトップと1打差としたことで、最終ホールで13アンダーまで伸ばせる可能性がぐっとあがりましたがこれを活かせず。結局、畑岡選手がスコアを落とすことを待つしかなくなりました。

 

同じく2位タイのC.シガンダ選手も18番をパーとし、それを見ていた畑岡奈紗選手のセカンドショットへと移ります。

 

少なくとも、バーディーが必須じゃなくなったことで、精神的なプレッシャーは大きく軽減されたはずですが、逆にそれが気の緩みにつながらないとは限りません。

 

勝負は下駄を履くまでわからないの言葉どおり、最後の最後まで勝ちに行く意識をなくすわけにはいかないんですよね。

 

ただ、上田桃子選手がバーディーをゲットし、2位タイが3人となったことで、そういう心配はなくなったような気がします。しっかりレイアップし、3打目をパーをとれる位置につけることに集中していたように見えましたしね。

 

そのプランどおり、ピン奥ではあるものの、2パットでフィニッシュできる位置に置けたことで、ほぼ優勝を手繰り寄せた感がありました。

 

11番・12番での連続ボギーはあったものの、14番のバーディー以降は立て直して、最終ホールでもバーディー。通算14アンダーで優勝を飾りました。今季アメリカツアー2勝目となります。

 

ちなみに、10代でアメリカツアーに複数回優勝したのは下記の選手たちがいます。

  • リディア・コ:14勝
  • ブルック・ヘンダーソン:5勝
  • レクシー・トンプソン:2勝
  • マーリン・ヘッジ:2勝
  • サンドラ・ヘイニー:2勝
  • ポーラ・クリーマー:2勝
  • キム・ヒョージュ:2勝
  • ミンジー・リー:2勝
  • 畑岡奈紗:2勝
ホール別クラブ選択

13番 392yds par4

  • 畑岡奈紗:残り162yds 7i(2打目) / 残り34yds ウェッジ(3打目)

14番 367yds par4

  • 畑岡奈紗:残り104yds

15番 406yds par4

  • 上田桃子:残り189yds UT
  • 畑岡奈紗:残り187yds 5i

16番 192yds(実測174yds) par3

  • 上田桃子:UT
  • 永峰咲希:5UT
  • 畑岡奈紗:4i

17番 476yds par5

  • 永峰咲希:残り246yds
  • C.シガンダ:残り227yds
  • 畑岡奈紗:残り75yds 54°ウェッジ(3打目)

18番 540yds par5

  • 上田桃子:残り281yds(エッジまで・2打目)/ 残り78yds ウェッジ(3打目)
  • 永峰咲希:残り100yds ウェッジ(3打目)
  • 畑岡奈紗:残り85yds 54°ウェッジ(3打目)

2日め

13年ぶりに瀬田ゴルフコースで開催された当大会。唯一のアメリカツアーの日本開催ということで、間違いなく、日本で世界レベルのスキルを目の当たりにできる唯一のゲームです。

 

もちろん、アメリカツアーメンバーの畑岡奈紗選手も参戦しているので、ファンにとっては、現地で観戦するのは楽しみで仕方ないでしょうね。地上波しか見ることしかできない僕も、こうやって彼女の戦う姿を見ることができるのは、本当に嬉しいです。

 

それにしても、ミンジー・リーが凄まじかったですね。

 

3連続を含む、8バーディー・ノーボギーの「64」を叩き出しただけでなく、初日からノーボギーを継続しています。

 

さすが、アメリカツアーで4勝している実力者ですね。日本のコースはイージーだと感じている可能性は大だと思われます。

 

2位の小祝さくら選手とは3打差をつけてのフィニッシュという状況と、このゴルフの内容をあわせて考えると、優勝の最右翼であることはまちがいなさそうです。

 

さて、その単独2位につけている小祝さくら選手も、ミンジー・リー選手には引けを取らない内容でした。

 

7バーディー・1ボギーの「66」で、前日の7位タイから単独2位まで一気にジャンプアップ!

 

初優勝をアメリカツアーの試合で決める事ができる可能性を残したのは、夢が広がりますね。

 

本人はどうするかは別として、もし優勝すればアメリカツアーの参戦権を獲得できるのは、非常に魅力的だと思いますし。

 

上位陣の顔ぶれをざっと見渡すと、日本人選手が健闘しているのがわかって嬉しいです。

 

特に、歴代優勝者の上田桃子選手などは、3勝目を虎視眈々と狙っている雰囲気がビシビシ伝わってきて、気合を感じますね。

 

日本のコースとは言え、出場している選手は世界でも名の通った選手が数多いので、雰囲気はいつものツアーとは大いに異なるはずで、その雰囲気にのまれずにプレイできるかどうかが、好成績を残すカギになるのは必至。

 

物怖じしない性格に見える小祝さくら選手が日本人最上位にいるのは、なんとなくうなづけますね。今季4試合で2位に甘んじているので、ここらで一発でかい花火を打ち上げてほしいところです。

 

同じように、新垣比菜選手もマイペースでプレイできるタイプに見えるので、最終日に爆発してほしいものです。

 

ちなみに、最終日の最終組は、小祝さくらと畑岡奈紗という同級生二人がはいることになりました。まさに黄金世代を代表するふたりが、トップのミンジー・リーを追い詰めることができるのか、見ものですね!

  • 畑岡奈紗:今日現在、2018アメリカツアー賞金ランキング7位
ホール別クラブ選択

15番 406yds par4

  • 畑岡奈紗:残り152yds
  • 申ジエ:残り172yds UT

16番 192yds(実測185yds) par3

  • ミンジー・リー:4i
  • 畑岡奈紗:4i

17番 476yds par5

  • 畑岡奈紗:残り230yds 3W(2打目) / 残り23yds ウェッジ(3打目)
  • ミンジー・リー:残り216yds 3W

18番 540yds par5

  • ミンジー・リー:残り289yds / 残り70yds ウェッジ
  • 畑岡奈紗:残り278yds 4i / 残り94yds ウェッジ
  • 申ジエ:残り94yds ウェッジ
  • ユ・ソヨン:残り76yds ウェッジ

最終結果

1位 -14
畑岡奈紗

 

2位タイ -12
上田桃子
永峰咲希
C.シガンダ

 

5位タイ -11
コ・ジンヨン
イ・チヒ

 

7位 -10
エイミー・ヤン

 

8位タイ -9
キム・インキョン
ジョン・ジェウン
小祝さくら

 

54位タイ E
新垣比菜
永井花奈

2日め結果

1位 -13
ミンジー・リー

 

2位 -10
小祝さくら

 

3位タイ -9
畑岡奈紗
申ジエ

 

5位タイ -8
ジョン・ジェウン
上田桃子
ペ・ヒギョン
永峰咲希
C.シガンダ
キム・インキョン

 

25位タイ -3
新垣比菜

 

58位タイ E
永井花奈

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9866862135715968"
data-ad-slot="5414763774"
data-ad-format="auto">

スポンサードリンク

第3回(43回) TOTOジャパンクラシック 【結果と成績】

第4回 TOTOジャパンクラシック

今年も全米女子プロゴルフ協会公式戦の「TOTOジャパンクラシック」が無事開催されました。個人的には4日間大会になってほしいなと考えているのですが、大人の事情を鑑みて、そこはぐっと我慢したいと思います。

 

大会名称がミズノクラシックだったときに上田桃子選手が優勝して以来、6大会ぶりの日本人選手の優勝を期待したいですね。

  • 開催日:2017年11月3日~5日
  • 開催コース:太平洋クラブ 美野里コース(茨城県 6,608yds / par72)
  • 優勝賞金:225,000ドル
  • 優勝副賞:メルセデスベンツ GLA180

太平洋クラブ 美野里コースをラウンド予約する(楽天GORA)

名門コースでプレーする夢を叶えます!

最終日

アンナ・ノードクイストが3番ショートホール(195yds)で、4iで放ったショットが見事ホールインワン。前半4アンダーとしてトップとの差をつめていきます。

 

1イーグル・4バーディー・1ボギーの「」は、さすが世界ランク6位の底力を見せつけられました。

 

1打差でトップのフォン・シャンシャンを追いかけていた鈴木愛選手が、12番ロングでバーディーが取れなかったことで、再び2打差となってしまいました。

 

さらに13番でもバーディーとしたフォン・シャンシャン選手にこれ以上話されるわけにはいかない状況で、カップに蹴られてバーディーを奪うことは出来ませんでした。

 

思ったようにパットが決まらない中で、残り5ホールで3打差は非常に厳しいですが、諦めた瞬間に2位からも脱落する可能性があります。その点、次のホールでもセカンドショットをピンそばに運んでバーディーを奪取するあたり、まだまだギブアップしている感じではなかったのがよかったですね。

 

さらに16番でもピンそばにドンと落としたショットは、フォン・シャンシャンにプレッシャーを与えるのに十分な破壊力がありました。

 

残り2ホールで1打差というのは、優勝は全くわからないのと同じですが、勢いづいている鈴木愛選手に分があるように感じましたね。

 

ところが、17番で10メートルはあろうかと言うバーディーパットを沈めたあたりが、さすがフォン・シャンシャンでした。鈴木愛選手としては、バーディーで追いつく気になっていたでしょうから、少しは動揺したように思います。

 

カップインした瞬間、「うわ、入るの?」っていう表情を浮かべていましたからね。

 

結局、18番の3打目を鈴木愛選手は果敢に攻めたのですがバーディーならずボギー。2打差となり終戦となりました。フォン・シャンシャン選手はアニカ・ソレンスタム選手以来の連覇を達成しました。

 

ホール別クラブ選択

12番 520yds par5

  • フォン・シャンシャン:残り230yds 3W
  • 鈴木愛:残り228yds(2打目) 残り83yds(3打目)ウェッジ
  • 13番 154yds par3

    • フォン・シャンシャン:6i
    • 鈴木愛:6i

    14番 393yds par4

  • フォン・シャンシャン:残り160yds 6i
  • 鈴木愛:残り157yds
  • 15番 410yds par4

    • 鈴木愛:残り177yds 5UT

    16番 177yds par3

    • リディア・コ:5i
    • アンナ・ノードクイスト:6i
    • 鈴木愛:5UT
    • フォン・シャンシャン:5i

    17番 470yds par5

    • 鈴木愛:残り223yds 3W
    • フォン・シャンシャン:残り225yds UT

    18番 424yds par4

    • フォン・シャンシャン:残り174yds 5i
    • 鈴木愛:残り163yds 6i

    2日め

    ロレックスランキングトップ10のうち7選手が集結した大会となりました。

     

    まさに、世界トップのレベルがどのようなものなのかを、日本人選手が体感できる良い機会ですね。もちろん、学ぶことは学んだ上で勝ちに行く気持ちは忘れてほしくはないですけどね。

     

    上位陣のバーディー数と、ボギーを打たないプレー内容はさすがの一言に尽きます。

    • フォン・シャンシャン:1イーグル・7バーディー・ノーボギー「63」
    • チャーリー・ハル:1イーグル・6バーディー・ノーボギー「64」
    • 鈴木愛:1イーグル・5バーディー・ノーボギー「65」
    • 渡邉彩香:5バーディー・ノーボギー「67」
    • ステイシー・ルイス:5バーディー・ノーボギー「67」

    全76選手のうち、58人がアンダーパーということで、伸ばせなかった選手は一気にジュニを下げることになりました。

     

    久しぶりに渡邉彩香選手のプレーがテレビに映し出されているのを見ました。ここしばらくは、かなりのスランプに落ちいっていたようですが、この大会が復活のきっかけになればうれしいですね。

    ホール別クラブ選択

    15番 410yds par4

    • 畑岡奈紗:残り156yds 7i

    16番 177yds par3

    • 鈴木愛:5UT
    • 畑岡奈紗:5i

    17番 470yds par5

    • フォン・シャンシャン:残り200yds(エッジまで) UT
    • 鈴木愛:残り188yds 7W
    • 畑岡奈紗:残り186yds 5i

    18番 424yds par4

    • フォン・シャンシャン:残り133yds
    • 鈴木愛:残り130yds

    最終結果

    1位 -19
    フォン・シャンシャン

     

    2位 -17
    鈴木愛

     

    3位 -15
    アンナ・ノードクイスト

     

    4位 -13
    リゼット・サラス

     

    5位タイ -12
    イ・ミヒャン
    モリヤ・ジュタヌガーン
    S.J.スミス
    ミンジー・リー
    比嘉真美子
    リディア・コ
    渡邉彩香

     

    46位タイ -5
    辻梨恵
    三ヶ島かな

     

    52位タイ -4
    永井花奈

     

    2日め結果

    1位 -15
    フォン・シャンシャン

     

    2位 -13
    鈴木愛

     

    3位タイ -10
    イ・ミニョン

     

    5位タイ -9
    リゼット・サラス
    上田桃子
    渡邉彩香
    ステーシー・ルイス
    アンナ・ノードクイスト

     

    10位タイ -8
    テレサ・ルー
    リディア・コ
    サイ・ペイイン
    ユ・ソヨン
    ブリタニー・アルトマリ

     

    48位タイ -3
    永井花奈
    辻梨恵

     

    61位タイ -1
    三ヶ島かな

    第2回(43回) TOTOジャパンクラシック 【結果と成績】

    第2回 TOTOジャパンクラシック

    名称が変更されてから、今年で3回目を迎える全米女子プロゴルフ協会の公式戦です。賞金もドルで支払われるところが、雰囲気ですね。

     

    宮里藍選手も出場していますので、久しぶりに藍ちゃんスマイルを見たいものですね。

    • 開催日:2016年11月4日~6日
    • 開催コース:太平洋クラブ 美野里コース(茨城県 6,646yds / par72)
    • 優勝賞金:225,000ドル
    • 優勝副賞:メルセデスベンツ CLA180 Sports / スポーツニッポン新聞社賞(パールネックレス)/ 小美玉ふるさと食品ヨーグルトセット1年分 / おみたま玉子・生卵1年分

    太平洋クラブ 美野里コースをラウンド予約する(楽天GORA)

    名門コースでプレーする夢を叶えます!

    ファイナルラウンド

    まるで韓国ツアーかのような様相を呈している最終日。

     

    最終組が11番を終えた時点で、10位タイまでの13人中7人が韓国選手という凄まじさでした。

     

    世界中どこにいってもこういう状況のようですが、日本人選手として一人気を吐いたのは堀琴音選手でした。

     

    3連続バーディーを含む、6バーディー・2ボギーの「68」。アメリカツアーの試合で最終日にアンダーパーでラウンドしたのは素晴らしいですね。

     

    日本人選手トップ、5位タイでのフィニッシュは立派でした。日本ツアー未勝利というのが不思議なくらいのプレーぶりでしたね。

     

    試合のほうは、フォン・シャンシャン選手が2週連続優勝、アメリカツアー6勝めとなりました。

    ホール別クラブ選択

    15番 410yds par4

    • 堀琴音:残り192yds UT
    • フォン・シャンシャン:残り193yds 5i

    16番 177yds par3

    • カン・スーヨン:UT
    • アン・ソンジュ:UT
    • フォン・シャンシャン:UT
    • A.ジュタヌガーン:6i

    17番 470yds par5

    • S.ペテルセン:残り220yds 3W
    • フォン・シャンシャン:残り220yds 3W
    • A.ジュタヌガーン:残り:180yds 6i

    18番 424yds par4

    • S.ペテルセン:残り98yds ウェッジ

    セカンドラウンド

    全選手が前半ハーフを終えた時点で、11位タイまでの14人の中に、日本人選手が笠りつ子選手しかいないという体たらく。いくら世界から強豪選手が集結しているとはいえ、ホームでこれは無いですね。

     

    まぁ、世界ランキングトップのレディア・コ選手も50位に沈んでいるので、あまり強くは言えないかもしれませんが・・・。

     

    試合の方は、一時、9アンダーでトップに5人並ぶという展開に。試合としては非常に面白くなってきましたが、地上波の中継が試合終了前に終わってしまったのが残念でしたね。

     

    B.リカリ選手が中継席にゲストで登場していましたが、美人ということより、その顔の小ささに驚きました。横峯さくら選手や飯島茜選手もかなり小柄ですが、プロゴルファーというのはプレー中には大きく見せるものなんですね。

     

    世界ランク2位のA.ジュタヌガーン選手はドライバーを抜いて参戦しています。2番アイアンをバッグに入れてるのもすごいですね。

     

    フォン・シャンシャン選手は、8バーディー・ノーボギーの「64」。やはり世界のトップレベルのゴルフは違いますね。

     

    韓国人選手は、2位タイのカン・スーヨン選手をはじめ、今大会でも上位を占めています。

    • 申ジエ:元世界ランク1位・メジャーチャンプ
    • ジェニー・シン:サンドセーブ率1位
    • アン・ソンジュ:日本女子ツアー2年連続賞金女王(2010年・2011年)
    • 李 美香:2014年「ミズノクラシック」優勝
    • ジャン・ハナ:アメリカツアー3勝
    ホール別クラブ選択

    15番 410yds par4

    • カン・スーヨン:残り175yds UT

    16番 177yds par3

    • カン・スーヨン:6i
    • A.ジュタヌガーン:8i

    17番 470yds par5

    • 堀琴音:残り213yds

    18番 424yds par4

    • フォン・シャンシャン:残り203yds UT(2打目)
    • A.ジュタヌガーン:残り203yds 3i(2打目)

    最終結果

    1位 -13
    フォン・シャンシャン

     

    2位 -12
    ジャン・ハナ

     

    3位タイ -10
    ユ・ソヨン
    堀琴音
    カン・スーヨン
    アン・ソンジュ

     

    7位タイ -9
    李 美香
    ポーナノン・ファトラム
    スーザン・ペテルセン

     

    10位タイ -8
    ミンジー・リー
    サンドラ・ガル
    ジェニー・シン
    A.ジュタヌガーン

     

    54位タイ E
    松森彩夏

     

    58位タイ +1
    宮里藍

    2日め結果

    1位 -11
    フォン・シャンシャン

     

    2位 -10
    A.ジュタヌガーン

     

    3位タイ -9
    スーザン・ペテルセン
    カン・スーヨン

     

    5位タイ -8
    アン・ソンジュ
    申ジエ
    ジャン・ハナ
    ジェニー・シン

     

    9位タイ -7
    李 美香
    ポーナノン・ファトラム
    クリスティー・カー

    第1回(42回) TOTOジャパンクラシック 【結果と成績】

    第1回(42回) TOTOジャパンクラシック

    ミズノレディースゴルフトーナメントが今年から大会名称変更がなされました。

     

    全米女子プロゴルフ協会の公式戦ということで、世界ランキング上位の選手が多く出場する当大会。迎え撃つ地元の日本ツアー勢の活躍に期待したいですね。

    • 開催日:2015年9月26日~28日
    • 開催コース:近鉄賢島カンツリークラブ(三重県 6,506yds / par72)
    • 優勝賞金:225,000ドル(2,700万円)
    • 優勝副賞:メルセデスベンツCLA180

    近鉄賢島カンツリークラブをラウンド予約する(楽天GORA)

    最終日

    一時期は首位に4人が並ぶという大混戦となった雨の最終日。

     

    アリヤ・ジュタヌガーン選手が、4連続を含む8バーディー・ノーボギーの64を叩きだして一気に上位にあがってきました。それでもトップに届かないのが、さすがアメリカのトーナメントという感じでしたね。

     

    そして今日も韓国勢の強さが際立っていました。最終組の3人が韓国人プレーヤーということもありますが、アン・ソンジュ、イ・チヒ、ジェニー・シンがきっちり優勝争いに絡んできていましたから・・・。

     

    しかも、全員がノーボギーというハイレベル!

     

    試合のほうは18ホールで決着がつかず、16アンダーで並んだA・スタンフォード、アン・ソンジュ・イ・チヒの3人でのプレーオフへと突入しました。そして、1ホール目でバーディーをゲットしたアン・ソンジュ選手が優勝。日本ツアー20勝めとなりました。

     

    日本ツアーの選手が優勝したのは嬉しいですが、できることなら日本人選手が勝ってほしかったというのが正直なところです。

    ホール別クラブ選択

    12番 390yds par4

    • ジェニー・シン:残り192yds

    14番 380yds par4

    • 西山ゆかり:残り164yds
    • アン・ソンンジュ:残り141yds
    • ジェニー・シン:残り131yds 8i

    15番 405 par4

    • ジェニー・シン:残り162yds
    • アン・ソンンジュ:残り154yds

    16番 540yds par5

    • ジェニー・シン:残り90yds(3打目) ウェッジ
    • アン・ソンンジュ:残り84yds(3打目) ウェッジ

    17番 180yds par3

    • 鈴木愛 5UT
    • A・スタンフォード 6i

    18番 405yds par4

    • ジェニー・シン:残り164yds UT
    • アン・ソンンジュ:残り160yds 5UT

    プレーオフ(18番)

    • A・スタンフォード:残り160yds 6i
    • アン・ソンンジュ:残り154yds

    2日め

    さすがアメリカツアーの選手が集まると、65や66と言ったビッグスコアのオンパレードになりますね。

     

    初日は57人がアンダーパーということだったので、賢島のコースセッティングや無風状態ということもあると思うのですが、日本ツアーよりも1割くらいスコアが少ないのが基準になっていうるというイメージです。

     

    今日が28歳の誕生日の原江里菜選手も5アンダーと好スコアでしたが、トップとは5打差となっています。

     

    日本ツアーの選手が優勝すればアメリカツアーのシード権が獲得できるということで、ホームの地の利を活かして狙ってほしいですね。できれば日本人選手に・・・。

     

    しかしながら、2日めを終わってトップ3には韓国人選手が3人という状態で、日米ツアーとも韓国選手に席巻されているのは変わりないようです。

    ホール別クラブ選択

    14番 380yds par4

    • 鈴木愛:残り156yds 6i

    15番 405 par4

    • 鈴木愛:残り159yds 7i

    17番 180yds(実測178yds) par3

    • キム・ハヌル 6i
    • ジェニー・シン 5i
    • 鈴木愛 5UT

    18番 405yds par4

    • 成田美寿々:残り154yds
    • 鈴木愛:残り151yds 6i

    最終結果

    1位 -16(プレーオフ)
    アン・ソンジュ

     

    2位タイ -16(プレーオフ)
    イ・チヒ
    A・スタンフォード

     

    4位 -15
    ジェニー・シン

     

    5位 -14
    アリヤ・ジュタヌガーン

     

    6位タイ -12
    キム・ヒョージュ
    ステーシー・ルイス
    レクシー・トンプソン
    申ジエ
    ポーナノン・ファトラム
    キム・ハヌル

     

    39位タイ -5
    松森彩夏

     

    54位タイ -3
    藤田光里

    2日め結果

    1位 -13
    ジェニー・シン

     

    2位 -12
    キム・ハヌル

     

    3位 -11
    アン・ソンジュ
    ポーナソン・ファトラム
    A・スタンフォード

     

    6位 -10
    イ・チヒ
    鈴木愛

     

    8位 -9
    チ・ウンヒ
    西山ゆかり
    キャロライン・マッソン
    レクシー・トンプソン
    申ジエ
    ツェン・ヤニ
    ライアン・オトゥール

    第41回 ミズノクラシック~伊勢志摩~ 【結果と成績】

    第41回 ミズノクラシック~伊勢志摩~

    全米女子プロゴルフ協会公式戦の本大会。アメリカツアーのシード選手も多く出場することで知られています。しかも予選落ちはありません。

     

    ジャパンクラシックから数えて41回めを迎えたわけですが、現時点で、Rolexポイントランキング(女子ゴルフ世界ランキング)2位、ミズノ所属のステーシー・ルイス選手のプレイにも注目が集まりました。

    • 開催日:2014年11月7日~9日
    • 開催コース:近鉄賢島カンツリークラブ(三重県 6,506yds / par72)
    • 優勝賞金:180,000ドル
    • 優勝副賞:メルセデスGLA250 4マチックスポーツ

    近鉄賢島カンツリークラブをラウンド予約する

    伊勢志摩国立公園内にあるコースということで、まさに風光明媚の一言につきますね。出場した78人もこの美しい風景の中でプレイできるのは、かなり楽しいんじゃないでしょうか。

    最終日

    トップタイが6人並んだときもあった、大混戦の最終日。

     

    11アンダーで並んだ香妻琴乃選手、李美香(イ・ミヒョン)選手、李日姫(イルヒ・リー)選手3人のプレイオフとなりました。

     

    5ホールにも及ぶプレイオフの結果、その5ホールめでバーディーを奪取した李美香(イ・ミヒャン)選手が初優勝を飾りました。

     

    香妻琴乃選手は、前半4連続バーディーなどがありましたが、後半はバーディーをとることができず、ボギーが先行していました。たらればは禁句ですが、いっこでも取れていれば勝てたのに・・・と、見ていたほうも悔しくて仕方ないですね。

     

    ただ、鈴木愛選手とともに、最多バーディー賞を獲得したのは自信になったでしょう。

    3日め

    コースコンディションが良かったのもあるのか、スコアを一気に伸ばした選手が多かったですね。

     

    鈴木愛選手の4連続を含む9バーディー・1ボギーの64を筆頭に、イ・ナリ選手が65、イルヒー・リー選手が66、そして67を出したのは香妻琴乃選手ら10人もいました。

     

    この大会で優勝すると、アメリカツアーの出場権を獲得できるということで、来季の参戦を名言している横峯さくら選手にとっては、なんとしてでも取りたいタイトルだと思います。

     

    上位が大混戦で、最終日が楽しみです。

    最終結果

    1位 -11
    李美香(イ・ミヒャン)

     

    2位タイ -11
    香妻琴乃
    李日姫(イルヒ・リー)

     

    4位タイ -10
    モーガン・プレッセル
    横峯さくら
    藤田幸希
    カリー・ウェブ
    イ・ナリ
    ジェシカ・コルダ
    上原彩子
    チェラ・チョイ
    ローラ・デイビス

     

    35位タイ -4
    森田理香子

     

    49位タイ -2
    藤田光里

     

     

    当サイトのコンテンツ

    ・スポンサーリンク・

    関連ページ

    ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
    「第32回 ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
    ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
    「第12回 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
    「第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
    アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2019 【試合結果とまとめ】
    「第7回 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
    ヤマハレディースオープン葛城 2019 【試合結果とまとめ】
    「ヤマハレディースオープン葛城」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
    スタジオアリス女子オープン 2018 【試合結果とまとめ】
    「スタジオアリス女子オープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    KKT杯バンテリンレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
    「KKT杯バンテリンレディスオープン 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    フジサンケイレディスクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
    「フジサンケイレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
    「第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。選手のクラブ選択情報などもご紹介しています。
    ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
    「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    ほけんの窓口レディース 2019 【試合結果とまとめ】
    「ほけんの窓口レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
    「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    リゾートトラストレディス 2018 【試合結果とまとめ】
    「リゾートトラストレディス2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「ヨネックスレディスゴルフトーナメント2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    ニチレイレディス 2018 【試合結果とまとめ】
    「ニチレイレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    アース・モンダミンカップ 2018 【試合結果とまとめ】
    「アース・モンダミンカップ 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    ニッポンハムレディスクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
    「ニッポンハムレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
    センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    大東建託・いい部屋ネットレディス 2018 【試合結果とまとめ】
    「大東建託・いい部屋ネットレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    北海道 meiji カップ 2018 【試合結果とまとめ】
    「北海道 meiji カップ 」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    CAT Ladies 2018 【試合結果とまとめ】
    「CAT Ladies」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    ニトリレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「ニトリレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2018 【試合結果とまとめ】
    「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    マンシングウェアレディース東海クラシック 2018 【試合結果とまとめ】
    「マンシングウェアレディース東海クラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    日本女子オープンゴルフ選手権 2018 【試合結果とまとめ】
    「日本女子オープンゴルフ選手権」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    スタンレーレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「スタンレーレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    富士通レディース 2018 【試合結果とまとめ】
    「富士通レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2018 【試合結果とまとめ】
    「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    伊藤園レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
    「伊藤園レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    大王製紙エリエールレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
    「大王製紙エリエールレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2018 【試合結果とまとめ】
    「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
    2014女子ツアー 賞金シード選手一覧
    2014シーズンのLPGA女子ツアー賞金シード選手をご紹介します。
    女子ステップアップツアー 2014
    2014シーズンの女子下部ツアー(ステップアップツアー)のスケジュールをご紹介します。
    第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日
    「第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日」についてあれこれと。