スポンサードリンク

ヘッドスピード・ボール初速・ミート率とドライバー飛距離

ゴルフにおいて、データ計測を行って最適なクラブをチョイスするというのは、もはや定番になっていますね。

 

いろいろなメーカーから計測機械がリリースされているので、それを練習場などに持ち込んでデータ計測を行いつつ、自分のフィーリングと擦り合わせていって使用クラブを決定するというプロセスは、プロの世界では当たり前の流れです。

 

gst

もちろんアマチュアも例外ではなく、10年以上前からブリヂストンさんが「サイエンスアイ」を使った「サイエンスフィット試打会」なるものを開催していました。

 

当時は安価で簡易的な計測器などはなかったですから、自分のデータを計測したい人は、こういう試打会に参加するか、計測機器を設置したゴルフショップなどに足を運ぶしか方法がありませんでしたね。

 

そう考えると、今は1万円以下で「ヘッドスピード・ボール初速・ミート率」を計測出来るコンパクトな機械があるので、おそろしく進歩したな~という印象は大きいです。

 

ただ、計測器は持っていても、その数字の見方とか、機器のくせなどをわかっておかないと正確な自分のデータを把握することは出来ないので注意が必要ですね。

 

なので、「今さら聞けないデータ数値の見方」について書いてみたいと思います。

 

あくまでも一般的に言われていることなので、各メーカーによって若干の数値の違いがあることはご了承くださいね。

  • ボール初速が「1」違うと、飛距離は約7ヤード変わる
  • ボール初速×4が飛距離とも言われている。(例:ボール初速60m/sなら約240ヤード飛ぶ)
  • ミート率は「ボール初速÷ヘッドスピード」で計算されている
  • ヘッドスピード40msでミート率1.5が出るなら、ボール初速は60m/s
  • ボール初速が70m/s以上出るドライバーは確実に「ぶっ飛び系ドライバー」と言える
  • 女子プロのヘドスピードは一般的な男子アマチュアゴルファーの平均値と同じ「40m/s」
  • ボール初速:女子プロが59.73m/sに対して男子アマチュアは56.40m/s

上記はドライバーについてのデータの捉え方ですが、一方アイアンはどんな数値で考えれば良いかというと・・・

 

男子プロなみのスピン量は「番手×1000回転」(例えば7番アイアンなら7000回転)

 

と覚えておきましょう。

 

ただし、ストロングロフト&低重心の最近のアイアンなら「番手×800回転」もあれば十分ではないでしょうか。7番アイアンなら5600回転くらいですかね。

 

それから、シャフトの振動数について。

 

各メーカーとかモデルによって、フレックスの基準っていうのは全く違うのが現状です。例えばUSモデルのRフレックスは、日本のメーカーの一般的なモデルのSシャフトより硬かったりとか・・・。

 

なので、振動数を基準にするのがわかりやすいとは思うのですが、それでもキックポイントやトルクによっても感じる硬さは違うので、だいたいの基準になるかな?というくらいに考えておいたほうが良さそうです。

 

振動数が10cpm程度変わると、硬さも1フレックス変化すると覚えておくと便利ですよ。

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

ドライバー 飛距離 平均
ドライバーの飛距離を過大申告しているアマチュアゴルファーは多いんですよね。一度、OBも含めた平均飛距離を計算してみてください。きっとビックリしますよ。
ドライバー 飛距離の比較
ゴルフクラブで一番飛ぶのがドライバー。では、どのドライバーが最も飛ぶのか?というのは永遠に答えの出ないテーマです。いろいろなデータを比較検討して最高の1本を見つけ出したいですね。
プロゴルファー ドライバーの飛距離
男子プロの飛ばし屋なら、300ヤードオーバーが当たり前になってきた昨今、プロゴルファーのドライバー飛距離はどれくらいなんでしょうか?
テーラーメイド ドライバー 飛距離
テーラーメイドからドライバーは数種類リリースされていますが、その飛距離はどのような感じになっているのでしょうか?
プロゴルファー ドライバーの飛距離と正確性
プロゴルファーのドライバーは飛距離だけではなく、正確性(アキュラシー)も重要です。飛距離と正確性を表した「トータルドライビングランキング」をご紹介します。
ドライバー ロフト角と飛距離
ドライバーのロフト角と飛距離の関係性についてあれこれ。
ドライバー ロフト角 8.5
ドライバーの「ロフト角 8.5」は果たして飛ぶのか?
ドライバーのロフト角 スライスを軽減するなら?
スライサーがスライスを軽減させるためには、どれくらいのロフト角のドライバーを使うのが良いのでしょうか?
2013女子プロドライビング女王コンテスト
女子プロゴルファーのドライバー飛距離が年々伸びてきています。今「飛ばし屋」と呼ばれる女子プロゴルファーは誰なんでしょう?
女子プロゴルファー ドライバー飛距離
女子プロゴルファーのドライバー飛距離を「Tポイントレディス2014ファーストラウンド」でチェックしました。
女子プロゴルファー ドライバー飛距離 VOL.2
女子プロゴルファーのドライバー飛距離を「Tポイントレディス2014セカンドラウンド」でチェックしました。
女子プロゴルファー ドライバー飛距離 VOL.3
女子プロゴルファーのドライバー飛距離を「Tポイントレディス201サードトラウンド」でチェックしました。
HOT LIST 日本版 2014 ドライバー
2014年の「HOT LIST 日本版 ドライバー」についてあれこれ書きます。