男子ツアー・トーナメント情報

こちらのカテゴリーでは、男子ツアーの試合情報などのエントリーをご紹介していきます。

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

男子トーナメント記事一覧

国内女子ツアーはすでに3試合を消化していますが、遅れること約1ヶ月にして、いよいよ男子ツアーが開幕します。本来なら3月13日から開始の「タイランドオープン」が開幕戦となるはずだったのですが、開催国タイの政治情勢により延期となって、3月27~30日に開催される「インドネシアPGA選手権」が開幕戦となりました。インドネシアの「ダマイインダゴルフ ブミセルフォンダマイコース」にて行われる本大会は、ワンア...

2014シーズンの国内男子ツアー大会スケジュールをご紹介します。日程大会名開催コース前年度優勝者3/26-3/30インドネシアPGA選手権ダマイインダゴルフ ブミセルフォンダマイコース (インドネシア)チェ・ホソン4/17-4/20東建ホームメイトカップ東建多度カントリークラブ・名古屋 (三重)塚田好宣4/24-4/27つるやオープンゴルフトーナメント山の原ゴルフクラブ 山の原コース(兵庫)松山英...

さて、今年もマスターズが開幕しました。日本人選手の出場は松山英樹選手ひとりだけで、少しさみしいですが、今現在もっとも強いゴルファーのみが集まっている大会なので、納得しなければいけないことだと思います。と言っても、タイガーウッズなどケガや病気などで出場を見合わせた選手もいますので、「この選手をオーガスタで見たいけど見れない」という残念な面もありますね。まぁ、それも仕方ないことです。今大会の注目ポイン...

初日に引き続き、2日めについてのあれこれを。まず、松山英樹選手が予選通過ならず残念でした。初日の不調を見事修正してきて、2日めは1アンダーだったんですが、3打足りずに予選落ちとなってしまいましたね。たらればはダメですが、16番でイーグル、17番でバーディーを取れていたら、18番もバーディーの確率はあがっていたように思います。本人はコメントで、「グリーンのタッチが最後まで合わせ切れなかった」と言って...

初日、2日めに引き続き、3日めについてのあれこれを。タイガーもミケルソンも、エルスも松山選手もいないマスターズ。なんだか非常に寂しいというか、物足りない感覚になってしまいますが、逆にその分ニューフェイス、ベテラン勢が躍動していて面白いですね。何と言ってもヒメネスおじさん、6アンダーと爆発しましたね~。「外す気がしない」というイメージでパターを打っていたと思います。バーディーパットを入れた後に、人差...

初日、2日め、3日めに引き続き、最終日についてのあれこれを。昔は「マスターズはレフティは勝てない」なんて言われていましたよね。右打ちのドローボールがコース攻略には不可欠だというのがその理由ですが、ここ数年はクラブの進化、ボールの進化のせいもあって飛ぶフェードというのが普通になりました。つまり、レフティがフェードを打ってオーガスタを攻略しやすくなったということです。マイク・ウィア、マスターズ3勝のフ...

JAPANゴルフツアー開幕戦がついにはじまりました。東建ホームメイトカップさて、優勝したのは宮里優作選手でした。出だしから5連続バーディーですからね!すごいとしか言いようがないです。勝つべくして勝った試合という感じです。2013シーズンの最終戦と、この開幕戦で連勝ということになります。おそらくこの連勝は史上初なんじゃないでしょうか?プレイ内容を見ていると、完全に覚醒した感がありますね。丸山茂樹さん...

昨年の大会では、ジャンボ尾崎選手がレギュラーツアー史上初のエージシュートを達成し、盛り上がりました。そして、優勝したのはデビュー2戦目のルーキー松山英樹選手。この勢いをかって賞金王を獲得したのは記憶に新しいですよね。さて、個人的には私の地元の兵庫県開催ということで、思い入れも強い本大会のサードラウンドについてあれこれと。優勝賞金:¥22,000,000優勝副賞:マツダアクセラハイブリッド開催期間:...

3日めにつづいて、最終日についてのあれこれを。今日は上位選手をまんべんなく映していて、これが正しいゴルフ中継のありかただと思いました。やれば出来るじゃん!って感じですね。山の原ゴルフクラブでプレイしてみるさて、試合の方は藤田寛之選手がプレーオフを制して優勝。2010年、2012年につづいて3回めの優勝を飾りました。追いかける立場のほうがプレイしやすいとよく聞きますが、今日の藤田選手もまさにそういう...

第55回を迎える歴史ある本大会。ここ最近では、2010年大会で記録された石川遼選手の「58」というスコアが最も大きな話題だと思いますが、世界から訪れたワールドクラスの選手が出場する大会ですので、記憶に残るプレイが毎年見られます。開催期間:5月1日~4日開催コース:名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース優勝賞金:24,000,000円 優勝副賞:クラウン ハイブリッドアスリートS昨年のチャンピオン松村道央選...

3日めにつづいて最終日についてのあれこれを。3日めに比べて、風が少し弱まった感のある和合。ビッグスコアが出る可能性が十分ありますし、3~4打差なら簡単にひっくり返ると思っていたのですが・・・。昨年の賞金ランキング2位、金亨成(キムヒョンソン)選手が安定の首位キープ。そして突き放しての優勝。追いかけなければいけない、石川遼・近藤共弘選手のスコアが伸び悩んだので、プレッシャーをかけることが出来なかった...

関西ゴルフ連盟主催の「関西オープンゴルフ選手権競技」も今年で80回を迎えました。関西のローカルテレビ局のサンテレビで放送がありますので、そちらをチェックしています。開催期間:5月22日(木)~5月25日(日)開催コース:六甲カントリー倶楽部 (7037yds / par72)優勝賞金:1200万円2週間のオープンウィークを挟んだ男子ですが、やはりプレイを見ているとそのパワーと飛距離、スキルはすごい...

3日めに続いて、最終日についてあれこれを。六甲カントリー倶楽部をラウンドしてみる最終ホール、劇的なイーグルをゲットしてで小田孔明選手が優勝。16番のパーセーブが流れを引き寄せた感じでした。逆に、首位の藤本選手は1番からバーディーを奪取して、14番まで1アンダーで来てたんですが、15番でボギー。16番でもボギーを打って13アンダーとなり、小田選手に追いつかれてしまいました。これである程度優勝の芽は見...

有資格者を除いた上位4人に全英オープンの出場権が与えられる本大会。開催期間:2014年5月29日~6月1日開催コース:JFE瀬戸内ゴルフ倶楽部(7382yds par72)優勝賞金:2200万円優勝副賞:フォルクスワーゲンニューゴルフヴァリアントJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部をラウンドしてみる一時期、よみうりカントリークラブで開催されていた今大会ですが、リンクス開催の全英の出場権を得るのにリンクスで開...

82回めを迎えた「日本プロゴルフ選手権」は日本最古のメジャーとして知られていますが、今大会は日本最難関、コースレート77.4のゴールデンバレーゴルフ倶楽部で開催されています。開催期間:6月5日(木)~6月8日(日)開催コース:ゴールデンバレーゴルフ倶楽部(7,233Yards / Par72)優勝賞金:3000万円優勝副賞:日清カップヌードル10年分18ホールのうち、17ホールに池が絡み、池の逆サ...

3日めにつづいて最終日についてあれこれと。7年ぶりの手嶋多一選手の優勝で幕を閉じた日本プロ。選手の苦悩する姿が多く見られて「さすがメジャー」といった感じでしたね。ピン位置も非常に面白い位置に切られていて、ショットかパット、どちらかで攻めなければスコアが出ないセッティングも素晴らしかったですね。ゴールデンバレーゴルフ倶楽部をラウンドしてみるそして、倉本会長がゲストとして放送席に登場しましたが、久しぶ...

今年で15回目を迎える「日本ゴルフツアー選手権」。開催期間:2014年6月19日~6月22日開催コース:宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(7402ヤード/Par72)優勝賞金:30,000,000円 優勝副賞:メルセデスベンツ B180 Sports / 常陸牛サーロイン100人分 / 笠間の栗焼酎「愛宕の雫」100本 ほか宍戸ヒルズカントリークラブ 西コースをラウンドしてみる今大会は、竹谷佳...

1年8ヶ月ぶりという、久し振りの石川遼選手の優勝シーンが見れて、ほっとしているファンも多いのではないでしょうか。開催日時:2014年7月3日(木)~6日(日)開催コース:ザ・ノースカントリークラブ (7,050Yards / Par71)優勝賞金:4,000万円優勝副賞:メルセデスベンツSKK200トレンドザ・ノースカントリーゴルフクラブをラウンドしてみる今年10回目の節目を迎えた本大会。記念大会...

第42回を数える歴史ある本大会は、開場50周年を迎えた赤星四郎氏設計の芥屋(けや)ゴルフ倶楽部で開催されています。国内男子プロゴルフツアー唯一の高麗グリーンということで、この芝を苦手とする選手は苦しんだことでしょう。そういうなかで、対応力の高い選手が勝つという側面が生まれる本大会は、ある意味すごいフィルターの役目を果たしているようにも感じます。開催日:2014年8月28日~31日開催コース:芥屋ゴ...

42回を迎えたフジサンケイクラシック。往年のファンは川奈での大会というイメージがあると思いますが、富士桜カントリー倶楽部も負けず劣らず素晴らしいコースです。最短のパー4が12番の402ヤードで、最長は5番の501ヤードというモンスター級の長さになっています。開催日:2014年9月4日~7日開催コース:富士桜カントリー倶楽部(山梨県 7,437yds / par71)優勝賞金:2200万円優勝副賞:...

42回目を迎えた本大会。ANAの公式サイトで生中継のインターネット放送がされていました。そのおかげでテレビ放送終了を待たずして、オンタイムで結果を知ることができました。やはりゴルフトーナメントはリアルタイムのほうが臨場感がありますね。プレーオフで4年ぶりのツアー優勝を果たした宮本勝昌選手。ツアーステージからブリヂストンゴルフの用具への変更も奏功したのかもしれません。そういえば数年前に「毎年賞金1億...

さすがアジア太平洋No.1を決定する当大会。厳しいセッティングの影響もあって、すさまじい混戦!誰が優勝してもおかしくない展開でした。そんな中で抜け出したのが藤田寛之選手。最終日6バーディー・1ーボギーの「66」で優勝。今季3勝目を飾りました。ここ4試合で2勝というハイペースですから、秋のビッグシーズンにさらに賞金を積み上げる可能性が高くなってきましたね。もちろん、この優勝で賞金ランキングトップに立...

第45回を迎えた東海クラシック。台風18号の影響で雨の最終日となりました。優勝は、最終日を3バーディー1ボギーでまとめた韓国のS・H・キムでした。そして、ベストアマは東北福祉大の小西健太選手が獲得しました。開催日:2014年10月2日~5日開催コース:三好カントリー倶楽部 西コース(愛知県 7,315yds / par72)優勝賞金:2,200万円優勝副賞:トヨタ・プリウスPHVそれにしても、上位...

51年ぶりに梅郷コースで開催された今年の日本オープン。79回目を迎えた今年は、4日間で28,000人以上のギャラリーを集めました。優勝は一打差で池田勇太選手が勝ち取りました。地上波はNHKさんが放送していましたが、ライブ中継はやっぱりテンションがあがりますね。ローアマチュアは、2年連続で大学生の小浦和也くん。宮里優作選手以来の連続ローアマだそうです。開催日:2014年10月16日~19日開催コース...

43回目を迎えた本大会。招待選手としてブラント・スネデカー選手も参戦してきましたが、3日めの9番終了時点で体調不良で棄権してしまいました。これは残念でしたね。そして優勝は、1打差で逃げ切った小田孔明選手でした。開催日:2014年10月23日~26日開催コース:袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県 7,119yds / par71)優勝賞金:3,000万円優勝副賞:BMW i3 / ポカリス...

大会名が「マイナビABCチャンピオンシップ」となってから7回目を迎えました。開催コースはお馴染みのABCゴルフ倶楽部です。開催日:2014年10月30日~11月2日開催コース:ABCゴルフ倶楽部(兵庫県 7,130yds / par71)優勝賞金:3,000万円ABCゴルフ倶楽部をラウンドしてみる小田龍一選手は最終日、1イーグル・7バーディー・ノーボギーの62というビッグスコアで優勝。2位に5打差...

42回を迎えた当大会。今回の出場選手の注目は、なんといってもバッバ・ワトソンでしたね!日本の大会に出場するのは、実に9年ぶりだそうです。今年のマスターズチャンプが、日本でどんなプレイを見せてくれるのか?期待しまくりでテレビ放送を見てしまいました。開催日:2014年11月13日~16日開催コース:太平洋クラブ御殿場コース(静岡県 7,246yds / par72)優勝賞金:3,000万円優勝副賞:N...

今年のマスターズ2位タイの、21歳ジョーダン・スピースと、2012年全米オープンチャンプのウェブ・シンプソン、そして日本の松山英樹の参戦が楽しみとなった今大会。41回を迎えました。昨年、一昨年連覇のルーク・ドナルドは出場していないのが残念ですね。松山と同じくアメリカからの出場となった石川遼は、日本で復調のきっかけをつかめるのか・・・と期待したのですが、結果はいまひとつでした。開催日:2014年11...

もし、小田孔明選手が優勝し、藤田寛之選手が2位タイ以下なら、小田選手の賞金王が決まるという状況で迎えた当大会。実質の今期最終戦となります。結果的に、藤田選手が小田選手の成績を上回りましたので、賞金王争いは次週の最終戦に持ち越されました。開催日:2014年11月27日~30日開催コース:Kochi黒潮カントリークラブ(高知県 7.315yds / par72)優勝賞金:4,000万円優勝副賞:レンジ...

今期最終戦は、今年で51回目を迎えた、メジャーの「日本シリーズJTカップ」です。出場しているのは、ツアー優勝者・前年度優勝者、そして今年から「オフィシャル・ワールド・ゴルフランキング」が出場資格に加わっています。まさに、日本トップクラスの選手のみが出場する、ハイレベルな大会となっているのです。開催日:2014年12月4日~7日開催コース:東京よみうりカントリークラブ(東京都 7,023yds / ...