スポンサードリンク

第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント【結果と成績】

第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント【結果と成績】

昨年までの「Tポイントレディス ゴルフトーナメント」が新しい冠大会となってリニューアルされました。開催コースは変わらずですが、優勝賞金などが大幅アップとなり、選手たちのモチベーションも高まっていることでしょう。

  • 開催日:2019年3月22日~24日
  • 開催コース:茨木国際ゴルフ倶楽部(大阪府 6,219yds / par71)
  • 優勝賞金:1,800万円
  • 優勝副賞:メルセデス・ベンツ A180

茨木国際ゴルフ倶楽部をラウンド予約する(楽天GORA)

【ゴルフ場予約は楽天カードがお得!】

最終日

今大会も、ニューカマーが活躍しましたね。昨年プロテスト合格、プロ5試合目の19歳、稲見萌寧選手(元ナショナルチーム)です。

 

アマチュア時代にトーナメントで上位入賞の実績があるので、今後の活躍が期待される若手のひとりであることは間違いないでしょう。

 

本当に選手層が厚い世代で、これからもどんどん素晴らしい選手が登場してくるはずです。その中から、メジャーチャンプが複数生まれてくれると嬉しいですね。

 

さて、優勝争いの方は、初日から申ジエ選手が単独トップをキープしていましたが、14番をボギーとしたことで、上田桃子選手とトップタイで並ぶことになりました。さらに、2打差に6人がひしめく混戦となります。

 

こういう展開のときは、本当に生中継がありがたいですね。手に汗握る内容をリアルタイムで見れることこそ、スポーツの醍醐味ですから。

 

申ジエ選手は、続く15番でも3打目を難しいバンカーショットとしてしまい、グリーンに乗らず、続く4打目も寄らずにダブルボギーとしてしまいます。

 

一方、16番で上田桃子選手がバーディーとしたことで、一気に逆転。申ジエ選手に3打差をつけられていたのが、逆に3打差をつけて単独トップに立ちました。

 

ただし、17番をボギーとしてしまい、2位との差は「2」に縮まります。この状況で2打のリードは決してセーフティとは言えないので、見ている方も最後まで気が抜けませんね。

 

右手の中指の痛みで、歯ブラシさえ持つのがつらい状態だったそうですが、さすがベテランですね。ピンチを切り抜けて勝利を掴むすべを知っているのは、百戦錬磨の選手ならではだと思います。

 

見事、2シーズンぶりの優勝(通算14勝目)を飾りました。女子ツアーで、日本人選手が開幕戦から3試合連続で優勝するのは、実に2006年シーズン以来13年ぶりだそうです。ストップ・ザ・韓国人選手の意識がようやく実を結んできたのかもしれませんね。

ホール別クラブ選択

15番 371yds par4

  • 上田桃子:残り147yds 7i
  • 申ジエ:残り141yds
  • S.ランクン:残り141yds
  • 小祝さくら:残り141yds

16番 384yds par4

  • 鈴木愛:残り76yds ウェッジ
  • 稲見萌寧:残り123yds
  • 上田桃子:残り75yds ウェッジ
  • 申ジエ:残り104yds
  • 小祝さくら:残り73yds

17番 182yds par3

  • 勝みなみ:5i
  • 小祝さくら:5i
  • 申ジエ:4U

18番 400yds par4

  • 鈴木愛:残り157yds
  • 申ジエ:残り163yds 6i
最終結果

1位 -6
上田桃子

 

2位タイ -4
勝みなみ
申ジエ

 

4位タイ -3
吉本ひかる
ジョン・ミジョン
松田鈴英
蛭田みな美
小祝さくら

 

9位タイ -2
比嘉真美子
鈴木愛
黄アルム
稲見萌寧

 

14位タイ E
西木裕紀子

 

37位タイ +5
新垣比菜
辻梨恵

 

47位タイ +6
原英莉花

 

51位タイ +7
永井花奈

 

ベストアマは安田祐香選手が獲得しました。

 

残念ながら、三浦桃香選手、斉藤愛璃選手は予選落ちでした。

第8回 Tポイントレディス ゴルフトーナメント 【結果と成績】

過去7回のうち(2011年は中止)、6回を日本人選手の優勝で幕を閉じている当大会。今季の開幕2戦は韓国勢に優勝を持っていかれているので、実績のある当大会で今季初の日本人優勝を期待したいですね。

第8回 Tポイントレディス

  • 開催日:2018年3月16日~18日
  • 開催コース:茨木国際ゴルフ倶楽部(大阪府 6,261yds / par72)
  • 優勝賞金:1,260万円
  • 優勝副賞:メルセデス・ベンツGLA180

名門コースでプレーする夢を叶えます!

最終日

昨年までの鹿児島高牧カントリークラブから、茨木国際ゴルフ倶楽部に場所を移して開催された本年度の大会。

 

初日が荒天のため中止となり、36ホールの短縮競技となりました。女子ツアーの大阪開催は、実に12年ぶりだったんですが、ファンにとっては残念な試合となりましたね。

 

鈴木愛と酒井美紀、そしてジョン・ミジョンの3選手がトップを争う中、追撃する立場の酒井美紀選手が2つの3パットで一歩交代。

 

14番終了時点で、鈴木愛選手が2位のジョン・ミジョン選手に2打差をつけてトップを走ります。

 

最終ホールでバーディーとしたジョン・ミジョン選手が1打差まで追い上げますが、そのバーディーシーンを目の前で確認しながらも、落ち着いてパーセーブした鈴木愛選手が今季初優勝。

 

開幕戦3位、2戦目2位、そして今回の3戦目で優勝という安定っぷりは、2年連続の賞金女王の芽もあるかもしれませんね。

 

少なくとも、調子が良いときはふくれっ面やすねた態度がないので、見ている方も気分良く見ることが出来て助かります。

ホール別クラブ選択

16番 384yds par4

  • 酒井美紀:残り74yds 9i
  • 鈴木愛:残り67yds SW

17番 172yds par3

  • 鈴木愛:6i
  • 酒井美紀:5i

18番 416yds par4

  • 森田遥:残り180yds UT3
  • ジョン・ミジョン:残り - yds 5i
  • 酒井美紀:残り188yds
  • 鈴木愛:残り179yds UT5

最終結果

1位 -8
鈴木愛

 

2位 -7
ジョン・ミジョン

 

3位 -6
酒井美紀

 

4位タイ -3
藤本麻子
ジョン・ジェウン
森田遥

 

7位タイ -10
権藤可恋
福田真未
篠原まりあ

 

10位 -10
キム・ヘリム
キム・ハヌル
申ジエ

 

16位タイ +1
三浦桃香

 

23位タイ +2
藤崎莉歩

 

34位タイ +3
下川めぐみ

 

40位タイ +4
永井花奈

 

48位タイ +5
西木裕紀子

 

67位タイ +9
江澤亜弥
川満陽香理

 

76位タイ +11
斉藤愛璃

 

79位 +13
大西葵

 

ベストアマは山口すず夏選手が獲得しました。

 

残念ながら、小橋絵利子選手、藤田光里選手、三ヶ島かな選手、田村亜矢選手は予選落ちとなりました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9866862135715968"
data-ad-slot="5414763774"
data-ad-format="auto">

スポンサードリンク

第7回 Tポイントレディス ゴルフトーナメント 【結果と成績】

過去に開催された6大会(2011年は中止)のうち、日本人選手が5回優勝しているということで、強い韓国勢を抑えることのできる大会という印象が強いですね。

 

セッティングが影響しているのか、選手の気合が入りやすい大会なのか、その理由は不明ですが、日本人選手がきっちり勝っていく光景をみるのは気持ち良いものですね。

 

第8回 T-POINTレディース

  • 開催日:2017年3月17日~19日
  • 開催コース:鹿児島高牧カントリークラブ(鹿児島県 6,397yds / par72)
  • 優勝賞金:1,260万円
  • 優勝副賞:メルセデス・ベンツCLA180 / 大島紬 / 米100俵

最終日

春らしい絶好のトーナメント日和となりました。

 

初日からトップを守った菊地絵理香選手が3日間とも60台を叩き出し、2位に5打差をつける圧勝で通算3勝めを飾りました。外国勢の9試合連続優勝を阻止出来たのも良かったですね。

 

フェアウェイキープ率が7割以上、パーオン率が8割以上という安定したショットが、3日間通算16バーディを産んだんだと思います。

 

冷静なプレーぶりと、ミスにも動じない姿は他の選手にも驚異なんじゃないでしょうか。

 

4打差で追いかけていた服部真夕選手が、14番から17番まで4連続ボギー、最終ホールはダブルボギーという、ちょっと考えられないような崩れ方をしました。

 

変な外し方をした14番のパーパットがきっかけで、もしかしてイップスが突然やってきたのかもしれません。

 

15番も長い距離を寄せたのにもかかわらず、ショートパットをはずしての3パットのボギーでしたし、16番はセカンドショットがOB。今後のプレイがちょっと心配ですね。

 

16番の渡邉彩香選手のスプーンでの3打めは、しびれましたね~。「これぞプロ」という技術とメンタルを見せてもらいました。素晴らしい!

 

18番のセカンドショットを隣の9番ホールのフェアウェイから打つという戦略も、プロのマネジメントを見せつけてくれました。

 

地元鹿児島出身ということで、久保樹乃選手が出場していたようですが予選落ちでした。久しぶりにプレーしている姿を見たかったのですが、残念です。

 

女子ツアーでは、体重を増加させるトレンドがあるようですが、松森彩夏選手の5キロ増加に始まり森田遥選手もしっかり体を大きくしているようです。

 

その中でも1番見た目が変わったのが香妻琴乃選手ですね。小柄ということもありますが、ぽっちゃりのレベルにまで体重を増やしたようです。

 

これが吉と出るか凶と出るか、今季の成績が楽しみですね。

ホール別クラブ選択

14番 402yds par4

  • 渡邉彩香:残り195yds 5i
  • 菊地絵理香:残り152yds 7i

15番 303yds par4

  • 菊地絵理香:残り122yds 9i
  • 渡邉彩香:残り113yds PW

16番 525yds par5

  • 菊地絵理香:残り122yds 9i

17番 140yds par3

  • 表純子:7i(ホールインワン達成)
  • 菊地絵理香:8i
  • ペ・ヒギョン:8i
  • 渡邉彩香:8i

18番 380yds par4

  • 菊地絵理香:残り162yds 7i
  • ペ・ヒギョン:残り115yds ウェッジ

最終結果

1位 -14
菊地絵理香

 

2位 -9
渡邉彩香

 

3位 -8
ペ・ヒギョン

 

4位 -7
ジョン・ミジョン

 

5位タイ -6
上田桃子
アン・ソンジュ
福田真未

 

8位タイ -5
下川めぐみ
イ・ミニョン
鈴木愛

 

25位タイ -1
三ヶ島かな

 

31位タイ +1
松森彩夏

 

36位タイ +2
江澤亜弥

 

51位タイ +6
小橋絵利子

 

ベストアマは勝みなみ選手が獲得しました。

 

残念ながら、永井花奈選手、斉藤愛璃選手、古屋京子選手、藤崎莉歩選手、藤田光里選手、大西葵選手、川満陽香理選手は予選落ちでした。

【ゴルフ場予約は楽天カードがお得!】

第6回 Tポイントレディス ゴルフトーナメント 【結果と成績】

初日に、降雨によるコースコンディション不良のためサスペンデッドとなる波乱の幕開けとなりました。

 

今年も恒例のインターネット生中継が行われ、ライブの面白さを思う存分味わうことができましたね。

 

最終日の地上波放送との差がありすぎて、そういう視点でも楽しめました。

 

第6回 Tポイントレディス ゴルフトーナメント

  • 開催日:2016年3月18日~20日
  • 開催コース:鹿児島高牧カントリークラブ(鹿児島県 6423yds / par72)
  • 優勝賞金:1,260万円
  • 優勝副賞:メルセデスベンツCLA180 / 大島紬 / ヒノヒカリ100俵

初日に暫定首位にたった福嶋浩子選手は、土の上からボールを打って練習しているそうです。

 

ベアグランドから平然と打てるということは、インパクトが恐ろしくキレイなんでしょうね、ただ、2日めは6ボギーを打ってしまい後退してしまいました。

 

インターネット中継では、中井学さんやタケ小山さんのおもしろ情報やゴルフネタが聞けて、地上波では味わえない面白さを今年も感じることができました。

 

放送席に登場するプレーヤーズゲストやスタッフも、どことなくゆるい感じで親近感がわきますね。

 

まぁ、時々上杉隆さんのオヤジギャグがウザイですけどね。笑

 

そして、個人的には、スコアボードに「久保樹乃」という懐かしい名前を見つけて、ノスタルジックな気分になりました。

最終日

上位陣が伸ばせない中、下位の選手で一気に伸ばしてくる選手が何人かいました。

  • ささきしょうこ選手:1イーグル・4バーディー・1ボギーの5アンダー
  • 柏原明日架選手:5バーディー・ノーボギーの5アンダー
  • 渡邉彩香選手:6バーディー・1ボギーの5アンダー

ちなみに、渡邉彩香選手は子供の頃から「ごっくんジュース」が好きだそうです。たぶんこのジュースのことなんでしょうね。

 

 

難しい10番・11番でスコアを伸ばしたイ・ボミ選手はさすがの一言ですね。この中継で生まれた、「振り向けばイ・ボミ」というフレーズは名言ですね。

 

あと、シューズがらルコックになっていましたね。

 

それにしても、17番のホールインワ賞の「Tポイント300万ポイント」は、なぜか現金よりも嬉しいイメージがありますね。

 

そして優勝は4年ぶりの大江香織選手でした。

 

18番のティーショットを大きく右に曲げて、セカンドショットが池に。大変なピンチでしたが、メンタルの強さを魅せつけてくれました。ピン右1メートルにつけました。

 

このボギーパットを沈めて、勝利をもぎとりました。アンカリング禁止のルールを乗り越え、最終ホールで自らドラマを作って勝つあたり、千両役者といった感がありましたね。

 

大江選手の勝利を見て、グリーンサイドで迎えた穴井組と呼ばれるメンバーが、涙を流していたのが印象的でした。

穴井組

穴井詩・成田美寿々・吉田弓美子・渡邉彩香・斉藤愛璃・堀奈津佳・川満陽香理・綾田紘子

個人的には、応援しているうちのひとりである斉藤愛璃選手が、久々のベスト10入りを果たしたので非常に嬉しいです。

ホール別クラブ選択

14番 402yds par4

  • イ・ボミ:残り150yds

15番 303yds par4

  • 大江香織:残り140yds

16番 525yds par5

  • イ・ボミ:残り97yds(3打目)
  • 大江香織:残り83yds(3打目)
  • キム・ハヌル:残り53yds(3打目)

17番 120yds(実測134yds) par3

  • イ・ボミ:9i
  • 大江香織:8i

18番 380yds par4

  • 渡邉彩香:残り128yds
  • イ・ボミ:残り132yds 9i

最終結果

1位 -7
大江香織

 

2位タイ -6
渡邉彩香
柏原明日架
イ・ボミ

 

5位タイ -5
吉田弓美子
斉藤愛璃
キム・ハヌル

 

8位タイ -4
菊地絵理香
アン・ソンジュ
申ジエ

 

15位 -2
松森彩夏

 

22位タイ -1
香妻琴乃
藤田光里

 

ローアマは、昨年の全米女子オープンにも出場した、15歳の山口すず夏さんが獲得しました。

 

残念ながら、森美穂選手、古屋京子選手、江澤亜弥選手は予選落ちでした。

【ゴルフ場予約は楽天カードがお得!】

第5回 Tポイントレディス ゴルフトーナメント 【結果と成績】

この大会は、昨年もインターネット中継があって楽しめたのですが、今年もライブにこだわって、地上波も生中継を行ってくれました。

 

ネット中継のほうも、藤田光里選手のキャディを務めたこともある妹さんで、タレントでもある美里さんがレポーターをしていたり、趣向をこらした企画を取り入れていて楽しめました。

 

試合の方は難コースの若木ということで、実力のあるショットメーカーしか勝てないという前評判通り、今年も順当な選手が決勝に駒を進めた印象でした。

 

第5回 Tポイントレディス ゴルフトーナメント

  • 開催日:2015年3月20日~22日
  • 開催コース:若木ゴルフ倶楽部(佐賀県 6,304yds / par72)
  • 優勝賞金:1,260万円
  • 優勝副賞:メルセデスベンツB180 / 佐賀米 / 佐賀牛ほか

若木ゴルフ倶楽部をラウンド予約する(楽天GORA)

初日トップにたった堀奈津佳選手、2日めトップに立ったO.サタヤ選手が翌日に崩れるというパターンで、最終日は大混戦になってしまいました。

 

最終組7組前のジョンミジョン選手は5バーディー・ノーボギーという圧巻のプレイ。強風が吹き荒れるという厳しいコンディションの中、このスコアはちょっと凄すぎでしたね。

 

最終ホールのバーディーで追いついた飯島茜選手とジョンミジョン選手のプレーオフもすごかったです。

 

2ホールめ・4ホールめ・6ホールめにはカップ切り直しの場面も全部見れて、ネット中継の素晴らしさを感じましたね。

 

優勝は6ホール目にバーディーをとった飯島茜選手でした。(5年ぶり7勝目)

 

飯島茜選手は、今大会の賞金を獲得したことで、史上40人めの4億円プレーヤーとなったそうです。

  • 1ホール目 両者パー
  • 2ホール目 両者パー
  • 3ホール目 両者バーディー
  • 4ホール目 両者パー
  • 5ホール目 両者パー
  • 6ホール目 飯島茜バーディーで決着

プレーオフのカップ位置

  • 2ホールめカップ切り替え:手前から12 右から18
  • 4ホールめカップ切り替え:手前から25 右から12
  • 6ホールめカップ切り替え:手前から14 右から27

過去のプレーオフの戦績

  • 飯島茜選手:2勝1敗 勝ち=横峯さくら / 上原彩子 負け=大山志保
  • ジョンミジョン選手:2勝2敗 勝ち=不動裕理 / ヤングキム 負け=横峯さくら(2回)

プレーオフの最長記録(ツアー施行後)

  • スタンレー 2006年 7ホール 1時間29分 古閑美保 大山志保

番手別飛距離

  • 15番セカンドショット 残り149ヤード 7i 上田桃子
  • 15番セカンドショット 残り159ヤード 6i 一ノ瀬優希

上田桃子

  • 9i 120ヤード
  • PW 110ヤード
  • 50° 100ヤード
  • 54° 90ヤード

飯島茜

  • 9i 110ヤード
  • PW 100ヤード
  • 50° 85ヤード

ウェアは「JUN and ROPE」

コネタ

「ヤーデージブックを日本に持ってきたのは、樋口久子さん」byタケ小山
今大会のチャンピオンスーツを仕立てたのは「オーダーメイドスーツ バルコン神田店」 

永井奈都選手のヤーデージブック

永井奈都選手のヤーデージブック

 

それにしても、このカメラにサインしてニコって笑う演出、いいですね~!

 

藤田光里

最終結果

1位 -3(プレーオフ)
飯島茜

 

2位 -3(プレーオフ)
ジョン・ミジョン

 

3位タイ -2
藤本麻子
上田桃子
一ノ瀬優希

 

6位 -1
菊地絵理香

 

7タイ位 E
佐藤靖子
諸見里しのぶ

 

9位 +1
藤田幸希
姜秀衍(カンスーヨン)
笠りつ子

 

18位タイ +3
藤田光里

 

ベストアマは12位タイ、+2の永井花奈さん。

 

斉藤愛璃選手、岡村咲選手は残念ながら予選落ちでした。

【ゴルフ場予約は楽天カードがお得!】

第4回 Tポイントレディス ゴルフトーナメント 【結果と成績】

第4回 Tポイントレディス ゴルフトーナメント

最終日

途中から、森田選手と原選手のマッチプレーのようになっていましたが、それでも16番で3打差ということで、「余程のことが無い限り、森田の優勝かな」と感じていました。

 

ただ、最終18番のグリーンは難しく、3パットは十分ありえるので、ポイントはそこかなとも。

 

結果的にそれも杞憂に終わり、4打差の圧勝だったんですけどね。いやぁ、やっぱり森田理香子選手は抜群の安定度と強さですね。

 

そういえば、今季のキャディは、昨年まで藤田寛之さんの専属キャディだった「梅ちゃん」こと梅原敦さんが務めているんですが、2011年10月20日 (木)のブログで「いつか必ず彼女は日本の頂点に立つでしょう。」と予言していたんですよね。それもすごいです。

 

ところで、あのマウスクマンのイラストが書かれたヤーデージブックケース、どこかで手に入らないですかね?めっちゃ欲しくてたまらないです(笑)

 

これ↓
スコアカードケース

 

あと、キャディバッグに入っていたスティック状のものが気になったので調べてみたんですけど、これはスリクソンから発売されている「ゴルフコンパス GGF-25280」という製品でした。こうやって使うみたいです。

 

ゴルフコンパス

 

この練習器具はバッグに入れてラウンドしても、ルール違反にはならないんですね!

 

あと、そうそう。今日の着用サングラス(オークリー)のフレームは、昨日と違って赤色だったので、「何個くらいサングラスもってるんだろ?」と知りたくなりました。

 

この大会は、贔屓にしている斉藤愛璃選手が予選落ちしてしまったのですが、森田理香子選手のおかげで楽しむことが出来ました。

 

タケ小山さん、中井学プロコーチの解説

  • 男子はリリースせずにボディターンで打つが、女子は早めににリリースして打つ選手が多い
  • 最終日に早いスタート時間になったら、飛行機予約を早める選手が多いらしい。
  • 男子アメリカツアーのフェニックスオープンは、スーパーボールと重なるので、みんな早く帰るらしい。
  • 若木ゴルフ倶楽部は、コース設計家デスモンドが設計を止めていて、復活したときにつくったコース。最近はアップダウンがあるコースが評価されているので、若木が選ばれた可能性はある。
  • 左に打ちたかったら右、右に打ちたかったら左にティーアップする。
  • ヘンリクステンソンはティーグランドの使い方が下手だった。
  • トラブルの方から曲げるという考え方はしてはいけない。OBから回すとか池から回すというのは無理。
  • 岡本綾子さんは、ミスショットを打つと「ふにゃ」となるので、あだ名が「ふにゃ」。
  • 西山ゆかり選手はサンドウェッジのバンスを使うのが上手いので、バンカーショットは良い音がする。
  • ウォーターハザードの攻め方で選手のコースマネジメント力がわかる。池に入れてもそこからパーでしのげるので、攻めれるかどうか?
1番ホールのドライバー使用率(OUTスタート選手)
  • 1stラウンド:90,7%
  • 2ndラウンド:81,4%

今大会について、あれこれ

  • 表純子選手の青いパンツが目立っていた。
  • 大和笑莉奈選手は、サンバイザー・ウェア・スカート・シューズがピンクで、ちょっとトータルイコーディネート感をだしすぎだった。北田瑠衣選手とか、イ・ジウ選手のピンクカラーコーディネートを勉強してほしい。
  • 諸見里しのぶ選手のティーショットルーティンが美しい。
  • 前田陽子選手のパンツがかなり派手。
  • あいかわらず、リ・エスド選手の足は長い。
  • O.サタヤ選手は、アダ名が「ムーちゃん」。気軽にそう呼んでほしいそうです。
  • O.サタヤ選手はは釣りが趣味で、開幕戦の優勝副賞でヤンマーからボートをもらってウホウホだとか。
  • セカンドラウンドの11番ホール、ダブルボギー以上叩いた選手が11人もいたらしい。
  • 服部真夕選手は1番ホールはスプーンでティーショット。250ヤード飛んでいた。
  • ステップアップツアーで優勝すると、レギュラーツアーの4試合の出場権が得られる。
  • 岡村咲佐伯三貴選手は歌が上手いらしい。
  • 小林浩美会長は、プロアマ戦に出場してコースチェックをする。週1ゴルファーらしい。
  • 原江里菜選手がグリーン上でラインを読んでしゃがむとき、大股を広げる姿はあまりいただけない。
  • 横峯さくら選手のサングラスは、オークリーの「FLAK JACKET XLJ」っぽい(白いフレーム、赤いロゴマーク)
新井麻衣さんと菊地絵理香さんの会話

 

マーライオンについて話しているとき。

 

新井麻衣:「マーライオンは、顔がライオン、体が魚で水を吐いている像だよ」
菊地絵理香:「なに?その象、生きてるの?」

 

像と象を間違えったっていう・・・

【サードラウンド結果】

 

1位 -8
森田理香子

 

2位-4
原江里菜

 

3位-3
O.サタヤ
福田真未

 

5位タイ -2
ジョン・ヨンジョ
藤田幸希
横峯さくら
西山ゆかり
福嶋浩子

 

10位タイ -1
ジャン・ヘジン
永井花奈
宋  ボベ
馬場ゆかり
イ・ボミ

2日め

この大会、優勝副賞がトヨタサイと、Tポイント300万ポイントなんですね~。ファミリーマートとかツタヤで、300万ポイントが溜まったカードを出したら、店員さんビックリするでしょうね(笑)

 

そんな妄想をしてたら、実際に使っている場面を見たくなってしまいました(笑)

 

さて、本題にはいります。

 

飯島茜選手が左足首痛のため棄権、金ナリ選手が体調不良のため棄権したようです。両選手のファンの方は残念ですが、無理して調子を落とすより、ぱっと休んで休養したほうがいいですね。シーズンはまだまだ長いですから。

 

今大会の開催コースは、【17番 117yds par3】が名物ホールということですが、約15mの打ち下ろしで、クロワッサン型のグリーンの周りが池、左にバンカーとなっています。

 

ウェッジで打てる距離ですが、実際にティーグランドに立つと、なかなかのプレッシャーだと思います。

 

私はこのグリーンを見て、沖縄の水納島(通称クロワッサンアイランド)を思い浮かべたのですが、アナウンサーは「三日月」「カシューナッツ」という表現をしていました。人それぞれ、見え方が違うものなんですね。

 

若木ゴルフ倶楽部17番

写真には写ってないですが、画像の右手前がティーグランドです。

 

では、毎度恒例の各選手チェックなどを。

 

森田理香子選手

  • and per se(アンパスィ)の黄色いセーターがよく似合っていましたね。
  • and per se(アンパスィ)は、「ブラック&ホワイト」の新ブランドで、昨年の森田選手の活躍で、売上は倍になったんだとか。
  • オフはチーム岡本綾子でアメリカ合宿をしたそうです。
  • サングラスは「オークリーレーダーロック エッジ(RADARLOCK Edge)カスタムカラー」を使用していましたが、やっぱり偏光レンズなんでしょうか?
  • 17番ホールのテーショットは、52度のウェッジでした。(117ヤード・打ち下ろし15ヤード)

横峯さくら選手

  • ダンロップが販売を始めたからだと思いますが、アシックスシューズに変わっていましたね。
  • 昨年からメンタルトレーナーを起用しているそうです。大人っぽくなったのは、そのせいでしょうか???
  • ゼクシオ7アイアンのオレンジのグリップは、イオミック系ではなく、パーフェクトプロっぽく見えたんですが・・・・
  • サングラスもオークリーでしょうか?サングラスは、オークリーの「FLAK JACKET XLJ」っぽいですね(白いフレーム、赤いロゴマーク)

さくら選手の使用グッズは不明なものが多いので、もう少し調査してみるつもりです。

 

原江里菜選手

  • 15番ホール 残り20メートル グリーン手前からパターでアプローチして見事バーディーゲットにはしびれました!
  • 14番から4連続バーディーも圧巻でしたね。
  • 原選手もアシックスシューズをはいていました。

福嶋浩子選手

 

福嶋晃子選手の妹さんです。

 

長尺パターを使用していましたが、2016年1月1日のアンカリング規制まで使うのでしょうか?

 

吉田弓美子は「自分の中でのパットの基礎でもある。あと3年使ってダメなら引退かな」というコメントをしていましたが、パターはスコアに大きく影響する最重要クラブだと思いますので、かなり気になりますね。

【セカンドラウンド結果】

 

1位 -7
森田理香子

 

2位-6
原江里菜

 

3位-3
イ・ボミ

 

4位タイ -2
福嶋浩子
西山ゆかり
福田真未

 

7位タイ -1
ジャン・ウンビ
横峯さくら
馬場ゆかり
O.サタヤ

 

11位タイ E
大山志保
宋ボベ
一ノ瀬 優希
申ジエ

明日の地上波放送は16時からです。またウダウダ言いながら見ますので、お付き合いのほどを(*´∀`*)

初日

2010年にスタートした「Tポイントレディス ゴルフトーナメント」は、今年で4回めを迎えるわけですが、LPGA46年にして初めて佐賀県でのレギュラーツアーが開催されます。

  • 若木ゴルフ倶楽部(佐賀県) / 6,304Yards Par72(36,36)
  • 2014年3月21日~3月23日

昨年、2013年の優勝者は、本大会でレギュラーツアー初優勝を成し遂げた一ノ瀬優希選手手。先週のPRGRレディースで優勝していますので、好調のまま佐賀県に乗り込んでくるでしょうから、2週連続優勝の可能性もあると思います。

 

テレビ中継は土日だけなのですが、初日の様子もネット中継されますので、3連休をゴルフ三昧で楽しみたいという方はそちらもご覧になってください。

テレビ朝日系列

 

3月22日(土):14:30~15:25
3月23日(日):16:00~17:25

 

ネット中継

 

3月21日(金):07:30~16:00
3月22日(土):07:30~16:00
3月23日(日):07:30~16:00

 

Tカード番号を登録したYahoo! JAPAN IDでログイン→無料視聴可能

Tポイントレディス 豆知識
  • フェアウェイはベント芝
  • ホステスプロは木戸愛選手
  • 斉藤愛璃選手は主催者推薦により出場
  • 香妻琴乃選手は2011年大会(鹿児島高牧カントリークラブ開催)にも、鹿児島出身のアマチュア選手として出場しています。
  • ブリヂストン契約選手が、新製品のグリーンフォーク「GTS402」を使用しているそうです。

ブリヂストングリーンフォーク

PRO SUPPORTCAR NETより転載

【ファーストラウンド結果】

 

1位タイ -5
福田真未
西山ゆかり

 

3位 -4
ナ・ダエ

 

4位タイ -3
福嶋浩子
O.サタヤ
森田理香子

 

7位タイ -2
原江里菜
イ・ボミ

 

9位タイ -1
酒井 美紀
申ジエ
馬場ゆかり
谷河枝里子

 

13位タイ E
藤田 幸希
ジョン・ヘジン
佐伯 三貴
笠 りつ子
アン・ソンジュ
横峯さくら
一ノ瀬優希
辻梨恵
葭葉ルミ
大和笑莉奈

各選手のドライバー飛距離比較はこちらでチェック!

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「第32回 ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「第12回 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2019 【試合結果とまとめ】
「第7回 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヤマハレディースオープン葛城 2019 【試合結果とまとめ】
「ヤマハレディースオープン葛城」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
スタジオアリス女子オープン 2018 【試合結果とまとめ】
「スタジオアリス女子オープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
KKT杯バンテリンレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「KKT杯バンテリンレディスオープン 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
フジサンケイレディスクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「フジサンケイレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2018 【試合結果とまとめ】
「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ほけんの窓口レディース 2018 【試合結果とまとめ】
「ほけんの窓口レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
リゾートトラストレディス 2018 【試合結果とまとめ】
「リゾートトラストレディス2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ヨネックスレディスゴルフトーナメント2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニチレイレディス 2018 【試合結果とまとめ】
「ニチレイレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
アース・モンダミンカップ 2018 【試合結果とまとめ】
「アース・モンダミンカップ 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニッポンハムレディスクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「ニッポンハムレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大東建託・いい部屋ネットレディス 2018 【試合結果とまとめ】
「大東建託・いい部屋ネットレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
北海道 meiji カップ 2018 【試合結果とまとめ】
「北海道 meiji カップ 」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
CAT Ladies 2018 【試合結果とまとめ】
「CAT Ladies」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニトリレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ニトリレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2018 【試合結果とまとめ】
「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
マンシングウェアレディース東海クラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「マンシングウェアレディース東海クラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子オープンゴルフ選手権 2018 【試合結果とまとめ】
「日本女子オープンゴルフ選手権」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
スタンレーレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「スタンレーレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
富士通レディース 2018 【試合結果とまとめ】
「富士通レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2018 【試合結果とまとめ】
「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
TOTOジャパンクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「TOTOジャパンクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
伊藤園レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「伊藤園レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大王製紙エリエールレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「大王製紙エリエールレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2018 【試合結果とまとめ】
「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
2014女子ツアー 賞金シード選手一覧
2014シーズンのLPGA女子ツアー賞金シード選手をご紹介します。
女子ステップアップツアー 2014
2014シーズンの女子下部ツアー(ステップアップツアー)のスケジュールをご紹介します。
第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日
「第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日」についてあれこれと。