スポンサードリンク

第33回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 【結果と成績】

第33回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

  • 開催日:2019年8月16日~18日
  • 開催コース:(県 6,705yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:NEC LAVIEプロモバイル LAVIEデスクオールインワン / SUBARU・フォレスター / ザ・プリンス ヴィラ軽井沢テラスサイド 1泊6名分

軽井沢72ゴルフ 北コースをラウンド予約する(楽天GORA)

【ゴルフ場予約は楽天カードがお得!】

最終日

全英女子オープンを制し、42年ぶりのメジャーチャンプとなった「しぶこ」こと渋野日向子フィーバー真っ只中の日本列島。

 

同選手が出場する当大会も、当然のように、注目度も例年の数倍、数十倍になっていました。

 

プロ選手であるならば、注目を浴びる中で結果を残し、世間に自分の名前を浸透させるチャンスだと考えるはずで、目の色を変えて優勝を狙ってきていると思います。

 

優勝争いをしているので当たり前なんですが、カメラが渋野日向子選手をメインに撮影するという状況には、「テレビ局ってわかりやすいなぁ」と感心してしまいました。笑

 

コマーシャル前も、しぶこしぶこ・・・っていう感じでしたから・・・まぁ、それだけ視聴率をとれるということなんでしょう。「笑顔」「駄菓子」というフックになる武器ももってますしね。

 

それにしても、一時期14アンダーで3人(穴井、渋野、イ・ミニョン)が並ぶという展開にはしびれましたね。しかも、濱田茉優選手がバーディーをとれば4人のプレーオフという可能性も。

 

最終ホールで渋野日向子選手がバーディーを取れば、凱旋優勝という結果になるのですが、なかなか事はうまく運ばないもので・・・まさかの3パットボギーで脱落。穴井選手と、イ・ミニョン選手のプレーオフへと突入しました。

 

そのプレーオフは1ホールめで決着。穴井詩選手が、2年ぶりの優勝(3勝目)を手にしました。

 

バーディー合戦となった最終日でしたが、7バーディー・ノーボギーの「65」という好スコアを叩き出した穴井選手の内容は、素晴らしかったですね。

ルーキー・オブ・ザ軽井沢72賞
  • 渋野日向子
ホール別クラブ選択

14番 391yds par4

  • 濱田茉優:残り144yds
  • 原英莉花:残り124yds 9i
  • 渋野日向子:残り95yds 52°ウェッジ

15番 364yds par4

  • 渋野日向子:残り120yds PW
  • 濱田茉優:残り110yds PW

16番 480yds par5

  • 穴井詩:残り180yds 6i
  • 原英莉花:残り185yds 5i
  • 渋野日向子:残り110yds PW(3打目)

17番 160yds par3(実測155yds)

  • 穴井詩:9i
  • 原英莉花:9i
  • 渋野日向子:7i
  • 濱田茉優:8i

18番 388yds par4

  • 穴井詩:残り126yds PW
  • イ・ミニョン:残り137yds
  • 渋野日向子:残り137yds 8i
  • 濱田茉優:残り133yds PW
  • 原英莉花:残り128yds 52°ウェッジ
最終結果

1位 -14(プレーオフ)
穴井詩

 

2位 -14(プレーオフ)
イ・ミニョン

 

3位タイ -13
渋野日向子
濱田茉優

 

5位タイ -11
申ジエ
上田桃子

 

7位タイ -10
小祝さくら
ペ・ソンウ

 

9位タイ -9
蛭田みな美
佐伯三貴
黄アルム
勝みなみ
原英莉花

 

21位タイ -6
永井花奈

 

ベストアマは安田祐香選手が獲得しました。

 

残念ながら、新垣比菜選手、小橋絵利子選手、辻梨恵選手、江澤亜弥選手、吉野茜選手、三ヶ島かな選手は予選落ちでした。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9866862135715968"
data-ad-slot="5414763774"
data-ad-format="auto">

スポンサードリンク

第32回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 【結果と成績】

第32回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 【結果と成績

昨年は、比嘉真美子選手の復活優勝が話題になりましたね。今年は、前週の「全英リコー女子オープン」で4位と絶好調なので、連覇もあるかもしれません。とは言うものの、ホステスプロの原江里菜選手が、2008年大会以来の2勝目をあげるというシナリオも期待してしまいます。

  • 開催日:2018年8月10日~12日
  • 開催コース:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県 6,6551yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:NEC製品(LAVIE Note NEXT、LAVIE Desk All-in-one) / SUBARUフォレスター / ザ・プリンス ヴィラ軽井沢テラスタイプ1泊6名分

最終日

黄アルム選手が、2位に6打差をつけてスタートした最終日。

 

よほどのことが無い限り、プロが6つハンデをもらって負けることは考えにくいので、優勝の行方は十中八九わかっていました。笑

 

9年ぶりの優勝を飾ってから2週間後に、3勝目をあげるとは本人も考えていなかったかもしれませんが、それにしても圧勝でしたね。

 

勝てなかった期間は何だったんだ?というくらいの、堂々たる勝ちっぷりでした。しかも両試合とも完全優勝というすごさ!

 

30歳という年齢が、ゴルフの円熟味を増す要因になっているような気もします。体力的には厳しいかもしれませんが、それでも夏の試合を2つとったことで、ビッグトーナメントが続く秋の台風の目になるのは間違いないでしょう。

 

今季2勝が洋芝のコースですから、コーライなどの場合はどうなるかわかりませんけどね。

 

ただ、マークすべき選手であることは間違いなく、賞金女王レースにも絡んでくると考えると、現在の上位陣も危機感を持っているように感じます。

 

松田鈴英選手の8バーディー(4連続含む)・ノーボギー「64」は、最終日のベストスコアでした。スコアが出るコースとは言え、最終日にこのプレーを出来るルーキーはすごいですね。2日連続ノーボギーのラウンドは、さすがプロテストトップ合格者です。

 

松田鈴英選手は、「ルーキー・オブ・ザ・NEC軽井沢72賞も受賞しました。

 

一方、優勝を狙える位置でスタートしたのに、最終日に3オーバーとしてしまった木戸愛選手は、大きな課題が残りましたね。

トーナメントコースレコード:「63」
  • 黄アルム(2018年・1R)
  • 原江里菜(2008年・2R)
ホール別クラブ選択

15番 364yds par4

  • 黄アルム:残り115yds 48°ウェッジ

16番 480yds par5

  • 原英莉花:残り225yds 3W
  • 松田鈴英:残り105yds(3打目)

17番 160yds(実測159yds) par3

  • 永峰咲希:7i

18番 388yds par4

  • 永峰咲希:残り134yds 8i
  • 松田鈴英:残り116yds
  • 原英莉花:残り109yds
  • 若林舞衣子:残り147yds 7i
  • 黄アルム:残り145yds 7i
  • 申ジエ:残り143yds 7i

2日め

軽井沢というのは、蝉しぐれもどことなく涼しげで良いですね!

 

6年ぶりの2勝目を狙う木戸愛選手、プロ3年目の石川明日香選手、前日、18ホール中17ホールをパーオンさせ、ショットが絶好調の大山志保選手などを抑え、5打差をつけてトップに立ったのが、黄アルム選手でした。

 

7バーディー・2ボギーの「67」は、イ・チヒ選手、沖せいら選手他と並んで本日3番めに良いスコアでした。(ベストスコアは新垣比菜選手の「64」、2位は原英莉花選手、比嘉真美子選手の「65」)

 

前々週の「大東建託・いい部屋ネットレディス」で9年ぶりの優勝を飾った勢いは、まだ持続しているようですね。

 

6番で2日連続イーグルの木戸愛選手は、バーディーなしで2つのボギーを打ってしまい、うまく流れを作ることができませんでしたね。

 

2勝めがなかなか来ないのは、こういうところが大きく影響しているはずですし、おそらく本人も自覚していることと思います。

 

このあたりは、師匠の芹澤信雄さんのアドバイスだけではどうにもならないものなので、本人が掴み取るしかないんですよね。体にも恵まれているわけですから、もっと勝てるはずなんですよ。人気のある選手だけに、ぜひ、ブレイクスルーしてほしいものです。

 

成田美寿々選手の18番の池超えのセカンドショットが、大ダフリだったのは驚きましたね。一流プロでもこういうミスをすると考えると、我々アマチュアがミスショットではらをたてるのは、お門違いなのかもしれません。笑

 

昔、金井清一さんが大シャンクしたときも同じことを思ったので、この気持を忘れないようにしたいと思います。(゜_゜)

 

ちなみに、成田美寿々選手は、この最終ホールをトリプルボギーとしたことで、かなりイライラしていたはずなんですが、全く怒りを表さずに、逆に笑顔を作ったのは素晴らしかったですね。

 

感情をコントロール出来るからこそ、一流プロとして戦い続けることができているんだと思います。本当に素晴らしい!

ホール別クラブ選択

1番 383yds par4

  • 黄アルム:残り123yds 9i

6番 415yds par4

  • 木戸愛:残り175yds 5UT

9番 509yds par5

  • 石川明日香:残り52yds 58°ウェッジ

16番 480yds par5

  • 石川明日香:残り247yds(2打目) 残り111yds(3打目)
  • 黄アルム:残り226yds 3W
  • 大山志保:残り111yds PW
  • 木戸愛:残り114yds 10i

17番 160yds(実測152yds) par3

  • 成田美寿々:8i

18番 388yds par4

  • 成田美寿々:残り118yds
  • 黄アルム:残り162yds 7i
  • 石川明日香:残り158yds
  • 木戸愛:残り150yds 7i
  • 申ジエ:残り160yds 6i

最終結果

1位 -17
黄アルム

 

2位 -15
申ジエ

 

3位 -14
松田鈴英

 

4位 -12
永峰咲希

 

5位タイ -11
テレサ・ルー
イ・チヒ

 

7位タイ -10
小祝さくら
原英莉花

 

9位タイ -9
成田美寿々
勝みなみ

 

19位タイ -7
永井花奈

 

27位 -6
三ヶ島かな

 

28位タイ -5
新垣比菜

 

37位タイ -4
小橋絵利子

 

56位タイ +1
三浦桃香

 

ベストアマは長野未祈選手が獲得しました。

2日め結果

1位 -14
黄アルム

 

2位 -8
申ジエ

 

3位タイ -7
木戸愛
若林舞衣子
武尾咲希
権藤可恋

 

7位タイ -6
大山志保
勝みなみ
松田鈴英
小祝さくら
原英莉花
福田真未
永峰咲希
石川明日香
藤本麻子
イ・チヒ
沖せいら

 

18位タイ -5
三浦桃香
永井花奈

 

28位タイ -4
新垣比菜

 

37位タイ -3
三ヶ島かな
小橋絵利子

 

残念ながら、江澤亜弥選手、辻梨恵選手、吉野茜選手、藤崎莉歩選手、植田希実子選手は予選落ちとなりました。

第31回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 【結果と成績】

第31回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

 

夏の軽井沢での熱い戦いは、地元のファンや避暑で訪れている人の楽しみとして定着していることでしょう。体力的にも辛い時期だと思いますが選手にはナイスプレーを見せてほしいですね。

 

  • 開催日:2017年8月11日~13日
  • 開催コース:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県 6,655yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:NECノートパソコン2台 / スバル新型レヴォーグ / 軽井沢プリンスホテルイースト・デラックスツインルーム2泊・2名

名門コースでプレーする夢を叶えます!

最終日

最終組が14番をホールアウトした時点で、1打差に5人がいるという大混戦となりました。

 

4シーズンぶりの3勝目を狙う比婆麻美子選手、初シードの今季に初優勝をつかみとりたい辻梨恵選手、連覇を狙う笠りつ子選手、現在賞金ランクトップのキム・ハヌル選手の優勝争いは、背景にドラマを感じることができて面白いですね。

 

そこに17番のバーディーでトップに割って入ってきたのが大山志保選手でした。キム・ハヌル選手も16番をバーディーとし3人が11アンダーで並んだあと、比嘉真美子選手がすぐにバーディーを入れ替えして一歩抜け出すという展開は、本当に面白かったです。

 

そして、土壇場の18番でキム・ハヌル選手がバーディーで比嘉真美子選手に追いつき、勝負はプレーオフに持ち越されました。

 

プレーオフ1ホールのセカンドショット、ピン真横につけるスーパーショットで決着をつけたのは比嘉真美子選手でした。久しぶりの優勝のプレッシャーなど感じさせないティーショットとセカンドショットでしたね。

 

この優勝で、ここ数年イップスなどで苦しみぬいたことも少しは報われたかもしれません。当時の強かった比嘉真美子の復活の足がかりとなる優勝だと思いますので、またツアーを盛り上げていってほしいですね。

 

そして、調子を落としている他の選手たちも、比嘉真美子選手の復活をモチベーションとしてがんばってもらいたいです。

 

今季不調のイ・ボミ選手も気を吐き、「66」という好スコアを記録。ツアーも後半に入り、いよいよ2年連続賞金女王のエンジンがかかってきたのかもしれません。

 

ホール別クラブ選択

14番 391yds par4

  • キム・ハヌル:残り-yds 9i
  • 辻梨恵:残り-yds 51°ウェッジ

15番 354yds par4

  • キム・ハヌル:残り106yds 10i
  • 比嘉真美子:残り101yds 50°ウェッジ
  • 辻梨恵:残り94yds 51°ウェッジ

16番 480yds par5

  • 大山志保:残り115yds PW
  • 福田裕子:残り80yds ウェッジ
  • キム・ハヌル:残り237yds
  • 比嘉真美子:残り226yds 3W
  • 辻梨恵:残り215yds 5W

17番 160yds(実測152yds) par3

  • 笠りつ子:8i
  • 福田裕子:8i
  • 比嘉真美子:9i
  • キム・ハヌル:8i
  • 辻梨恵:9i

18番 388yds par4

  • 笠りつ子:残り132yds 9i
  • 大山志保:残り147yds 8i
  • キム・ハヌル:残り140yds 8i
  • 辻梨恵:残り129yds 9i
  • 比嘉真美子:残り129yds PW

18番プレーオフ 388yds par4

  • キム・ハヌル:残り134yds
  • 比嘉真美子:残り126yds

2日め

NEC所属ということで、久々にトーナメントに姿を見せた福嶋晃子選手、アメリカからスポット参戦の畑岡奈紗選手が見れるということで、ギャラリーの満足度の高い予選2日間になったのではないでしょうか。

 

ふたりとも予選落ちしてしまったのは残念ですが。。。

 

プロテストに合格したばかりの選手が、クラブやウェアの契約を交わし上位に食い込んできている姿を見るのは、非常に楽しいものですね。アマチュア時代とは違ったプレッシャーと期待感を感じながらプレイする姿に、今後の活躍を祈らずにいられません。

 

試合のほうはトップを走る比嘉真美子選手を、キム・ハヌル選手が7バーディー・ノーボギーの「65」を叩き出し、最終ホールで追いつくという展開になりました。

 

トップ10のうち9人は日本人選手という素晴らしい結果なのですが、やはり現在賞金ランク1位の同選手の強さは際立っていますね。

 

逆に賞金ランク2位の鈴木愛選手は予選落ちとなり、明暗がはっきりと分かれてしまいました。

ホール別クラブ選択

16番 480yds par5

  • キム・ハヌル:残り223yds(エッジまで) 残り104yds(3打目)

17番 160yds(実測159yds) par3

  • 笠りつ子:8i
  • キム・ハヌル:7i
  • 鈴木愛:7i

18番 388yds par4

  • 大山志保:残り129yds 9i
  • 小祝さくら:残り140yds 8i
  • 辻梨恵:残り123yds PW
  • 新垣比菜:残り135yds 9i
  • キム・ハヌル:残り141yds 9i
  • 鈴木愛:残り139yds 8i

最終結果

1位(プレーオフ) -12
比嘉真美子

 

2位(プレーオフ) -12
キム・ハヌル

 

3位タイ -11
辻梨恵
大山志保

 

5位タイ -9
笠りつ子
永井花奈

 

7位タイ -8
藤田さいき
イ・ボミ
小祝さくら
福田裕子
大城さつき

 

21位タイ -5
三ヶ島かな

 

32位タイ -3
小橋絵利子

 

44位タイ E
下川めぐみ

 

ルーキーオブサNEC軽井沢72賞は永井花奈選手、ベストアマは平木亜莉奈選手が獲得しました。

3日め結果

1位タイ -11
比嘉真美子
キム・ハヌル

 

3位 -9
辻梨恵

 

4位 -7
大山志保

 

5位タイ -6
藤田さいき
福田裕子
勝みなみ
吉田弓美子
笠りつ子

 

10位タイ -5
福田真未
青山加織
イ・チヒ
土田沙弥香
小祝さくら
黄アルム
永井花奈

 

20位タイ -3
三ヶ島かな

 

31位タイ -2
下川めぐみ

 

41位タイ -1
小橋絵利子

 

残念ながら、新垣比菜選手、西木裕紀子選手、川満陽香理選手、大西葵選手、吉野茜選手、藤田光里選手は予選落ちとなりました。

 

第30回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 【結果と成績】

第25回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

 

避暑地軽井沢で開催される歴史ある当大会。実力者がその歴代優勝者に名を連ねますが、ニューカマーの勝利も見てみたいものですね。

 

  • 開催日:2016年8月12日~14日
  • 開催コース:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県 6,499yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:LAVIE Hybrid Zero / LAVIE Hybrid Frista / LEVORG 2.0STI Sport EyeSight / ザ・プリンス ヴィラ軽井沢 テラスタイプ 一泊宿泊券

ファイナルラウンド

2日めに続いて、最終日も好スコアをマークする選手が続出し、上位陣がかなり入れ替わりました。スコアの出るコースは、こういうハラハラドキドキ感があるので、見ていても面白いですね。

 

我慢して耐えぬく試合と、バーディー合戦の試合がうまく混合されていると、ツアー自体も見応えがあると思いますので、試合日程とコースセッティングの調整は非常に大事だと考えます。LPGAには、今後も頑張ってほしいですね。

 

福嶋晃子選手が8番、カン・スーヨン選手が17番でホールインワンを達成しています。

 

優勝した笠りつ子選手は、今季初の通算4勝め。今シーズンはトップ10が12回と、安定した成績を残していることが優勝につながりましたね。

ホール別クラブ選択

16番 480yds par5

  • 西山ゆかり:残り218yds 3W
  • 笠りつ子:残り211yds 7W
  • イ・チヒ:残り225yds 3W
  • 吉田弓美子:残り205yds 5W

17番 160yds par3

  • カン・スーヨン:7i
  • 西山ゆかり:7i
  • 笠りつ子:8i
  • 吉田弓美子:7i
  • 佐伯三貴:8i
  • 上原彩子:U5

18番 388yds par4

  • 横峯さくら:残り140yds 8i
  • 西山ゆかり:残り144yds
  • 笠りつ子:残り143yds 9i
  • イ・チヒ:残り140yds 8i
  • 佐伯三貴:残り146yds PW

セカンドラウンド

66という好スコアをマークした選手が、

  • ジョンミジョン、吉田弓美子、佐伯三貴、堀琴音、藤田光里

の5人もでるという、まさにバーディー合戦の様相を呈していました。

 

さらに1位タイに5人、6位タイに5人と大混戦のセカンドラウンドは、優勝の芽がある選手たちのせめぎあいが見応えありましたね。

 

一時帰国中の上原さくら選手と横峯さくら選手が上位にいるのは、やはり嬉しいものです。

 

個人的に大注目のルーキー永井花奈選手は、プロ2戦目にして優勝を狙える好位置(位)につけています。

 

ちなみに、デビュー戦での優勝を記録しているのは、アン・ソンジュ選手。(ツアープロ登録65日め)ただし、2005年に韓国でプロ転向しているので、本当の意味でのプロデビューから最速優勝の記録更新もありえるので、期待したいですね。

 

16番では、渡邉彩香選手が、ツアー史上二人目のアルバトロスを達成したことも記憶に新しいですが、吉田弓美子選手が「あわや」というショットをみせてくれたのは興奮しました。

 

5ヶ月ぶりのツアー復帰の諸見里しのぶ選手は、予選落ちとなってしまいましたが、久しぶりの姿を見れて喜んでいるファンも多いのではないでしょうか。

ホール別クラブ選択

16番 480yds par5

  • 笠りつ子:残り207yds 7W
  • 渡邉彩香:残り183yds 5i

17番 160yds(実測153yds) par3

  • ジョン・ミジョン:7i
  • 笠りつ子:8i
  • イ・チヒ:8i
  • 青木瀬令奈:8i

18番 388yds par4

  • イ・ナリ:残り137yds
  • 永井花奈:141yds 8i
  • 笠りつ子:残り129yds 10i
  • 小祝さくら:残り143yds
  • 森田遥:残り139yds 9i
  • 三ヶ島かな:残り138yds 9i

最終結果

1位 -13
笠りつ子

 

2位 -11
佐伯三貴

 

3位タイ -10
イ・チヒ
ペ・ヒギョン

 

5位タイ -9
上原彩子
吉田弓美子
西山ゆかり
青木瀬令奈
ジョン・ミジョン

 

10位タイ -8
森田遥
堀琴音
菊地絵理香
藤田光里
山城奈々

 

15位タイ -7
永井花奈
辻梨恵

 

23位タイ -6
三ヶ島かな

 

29位タイ -4
香妻琴乃
松森彩夏
福田真未

 

51位タイ +2
川満陽香理

 

ベストアマは15位タイで小祝さくらさんが獲得しました。

セカンドラウンド結果

1位タイ -8
吉田弓美子
上原彩子
佐伯三貴
ジョン・ミジョン
イ・チヒ

 

6位タイ -7
堀琴音
イ・ナリ
永井花奈
笠りつ子
青木瀬令奈

 

11位タイ -6
藤田光里
三ヶ島かな

 

15位タイ -5
香妻琴乃
横峯さくら

 

47位タイ E
川満陽香理

 

残念ながら、斉藤愛璃選手、森美穂選手、大西葵選手、植田希実子選手は予選落ちとなりました。

第29回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 【結果と成績】

第29回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

 

避暑地軽井沢で開催される本大会。今季、7年ぶりの優勝を飾ったホステスプロの原江里菜選手の活躍も期待されます。

 

また、4年連続でプレーオフでの決着となっているので、今年はどうなるのかも注目ですね。

  • 開催日:2015年8月14日~16日
  • 開催コース:軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県 6,583yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:NEC家庭用小型蓄電システム / LAVIE Hybrid Frista / LAVIE Tab W / ザ・プリンスヴィラ軽井沢テラスタイプ一泊宿泊券

2日め

4年連続プレーオフは最多連続タイ記録で、その他の大会は下記のようになっているようです。

  • 徳島月ノ宮レディス(1987年~1990年)
  • ミズノオープン(1990年~1993年)
  • PRGRレディス(2012年~2015年)

セカンドラウンドのトップニュースといえば、やはり渡邉彩香選手に尽きるでしょう!

 

16番ホールでアルバトロス、5番ホールでイーグルを奪取し、史上2人目の「同一ラウンドでのアルバトロス&イーグル」を達成しました。

 

このダブル達成は2011年「スタンレー・レディース」の有村智恵選手以来の記録であり、アルバトロスは、2013年の「CAT Ladies」で達成した佐々木慶子選手以来、LPGA史上12回目(11人目)ということです。

 

ちなみに、残り距離と使用クラブは下記のようになっています。

  • アルバトロス:16番ホール(480yds):残り195ヤードを4番アイアン
  • イーグル:5番ホール(361yds):残り95ヤードを58度のウェッジ

また、久々に強い服部真夕選手の姿を見ることもできました。もっと勝ってもおかしくない選手だけに、この大会を復活のきっかけにしてほしいですね。

 

そして、大山志保選手はバックナインで29をたたき出し、トップと1打差に!すさまじいまでのバーディーラッシュで、トップの服部選手にプレッシャーをかけます。

ホール別クラブ選択

12番ホール 173yds par3

  • テレサ・ルー:7i

17番ホール 160yds par3

  • イ・ボミ:8i
  • 申ジエ:7i
  • 服部真夕:8i
  • 藤本麻子:8i
  • テレサ・ルー:8i

18番ホール 388yds par4

  • 申ジエ:残り162yds 6i
  • イ・ボミ:残り154yds 7i
  • 大山志保:残り143yds 9i
  • 服部真夕:残り134yds 9i
  • 西山ゆかり:残り132yds 9i
  • 若林舞衣子残り194yds UT
  • テレサ・ルー:残り137yds 9i

最終日

前日の14位から、65のビッグスコアを出して一気に2位に浮上した選手がふたりいました。

  • 酒井美紀選手:4連続を含む8バーディー・1ボギー
  • 渡邉彩香選手:酒井選手と同じく4連続を含む7バーディー・ノーボギー

藤本麻子選手も、15番まで5バーディー・ノーボギーとスコアを伸ばし優勝を狙える位置でしたが、17番で2日連続の池ポチャでダブルボギーを打ち、優勝争いから脱落してしまいました。

 

一方、先日までトップに立っていた服部真夕選手はイーブンパーと最終日にスコアを伸ばせず、4位タイで終わりました。

 

そして優勝は5バーディー・ノーボギーのテレサ・ルー選手。先日の全英リコー女子オープンで6位入賞の実力をいかんなく発揮しての勝利でした。今シーズン3勝目です。

ホール別クラブ選択

14番ホール 366yds par4

  • 服部真夕:残り129yds 8i
  • 大山志保:残り111yds PW

15番ホール 364yds par4

  • 大山志保:ティーショット252yds
  • テレサ・ルー:残り97yds 50°

16番ホール 480yds par5

  • 原江里菜:残り228yds 3w
  • 藤本麻子:残り210yds 7w
  • テレサ・ルー:ティーショット270yds
  • 大山志保:残り126yds 52°ウェッジ(3打目/ティーショット240yds)
  • 服部真夕:残り97yds 52°ウェッジ(3打目/ティーショット246yds)

17番ホール 160yds(実測155yds) par3

  • 渡邉彩香:9i
  • 藤本麻子:9i
  • 西山ゆかり:8i
  • テレサ・ルー:7i

18番ホール 388yds par4

  • 酒井美紀:残り153yds 7i
  • 原江里菜:残り142yds 8i
  • 西山ゆかり:残り136yds 9i
  • 大山志保:残り144yds 8i
  • 服部真夕:残り133yds 9i
  • テレサ・ルー:残り128yds 9i

最終結果

1位 -14
テレサ・ルー

 

2位タイ -12
酒井美紀
渡邉彩香

 

4位タイ -11
原江里菜
西山ゆかり
大山志保
服部真夕

 

8位タイ -10
ペ・ヒキョン
藤本麻子

 

10位 -9
永峰咲希
申ジエ

 

14位 -7
斉藤愛璃

 

21位 -5
香妻琴乃

 

34位 -3
藤田光里

 

41位 -2
江澤亜弥

 

ベストアマは、唯一予選通過を果たした勝みなみさんでした。

2日め結果

1位 -11
服部真夕

 

2位 -10
大山志保

 

3位 -9
テレサ・ルー

 

4位タイ -8
西山ゆかり
若林舞衣子

 

6位タイ -7
申ジエ
藤本麻子

 

8位タイ -6
原江里菜
金田久美子
ジョン・ミジョン
永峰咲希
ペ・ヒキョン
上原美希

 

予選通過スコアが1アンダーというハイスコア。残念ながら、岡村咲選手、松森彩夏選手、吉野茜選手、植田希実子選手は予選落ちとなってしまいました。

第28回 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 【結果と成績】

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント2014

 

過去3大会連続プレイオフという、接戦が期待できる本大会。軽井沢という避暑地の爽やかな空気のなかで、バーディー合戦が楽しめることでもよく知られています。なんといっても予選カットスコアが3アンダーですからね!

 

そして、テレビ中継のフジテレビがやたらとコマーシャルを挟み込んでくることも、毎回恒例です。フジテレビさんも、そろそろスポンサーありきの放送から脱却してほしいものですね。

  • 開催期間:2014年8月15日~8月17日
  • 開催コース:軽井沢72ゴルフ 北コース(6,555Yards / Par72)
  • 優勝賞金:1,260万円
  • 優勝副賞:バリュースターN / ラビーZ / NEC蓄電池 / プリンスヴィラ軽井沢1パ泊宿泊券

さて、大会のほうですが、初日は金ナリ選手、2日めはイ・ボミ選手が首位に立ち、韓国勢の強さを見せつけられたゲームでしたが、最終日のスコアを含めて最も少ない打数で上がった選手が優勝するのがゴルフというスポーツ。

 

菊地絵理香選手の最終日のチャージはすごかったですね。6バーディーノーボギーの66。途中で単独トップにも立ち、初優勝への執念を感じました。

 

そして、今大会もまたプレーオフ!なんと4大会連続というすごさ!大山志保選手、イ・ボミ選手、菊地絵理香選手の3人が、13アンダーでプレーオフに進出しました。

 

3人のなかで、唯一1ホール目でバーディーを奪取したイボミ選手が優勝。今シーズン3勝目を達成しました。やはり今季の彼女は凄まじく強いですね。秋のビッグトーナメントも、この調子が続くような気がしますし、本人の目標である賞金女王も十分狙える実力を持っていると思いますね。

 

その他、ホステスプロの原江里菜選手も6バーディー1ボギーと気を吐きました。ルーキーオブザ軽井沢72は山城奈々選手と、ベテランや中堅選手の強さだけでなく、今後のツアーを担う若手がしっかり育っていることを認識できた大会でした。

最終結果

1位 -13
イ・ボミ

 

2位タイ -13
大山志保
菊地絵理香

 

4位タイ -11
アン・ソンジュ
山城奈々

 

6位タイ -10
原江里菜
ナ・ダエ
木戸愛
吉田弓美子

 

10位タイ -9
服部真夕
成田美寿々
渡邉彩香
藤田幸希
金ナリ
ウェイ・ユンジェ
山本薫里
イ・ナリ

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「第32回 ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「第12回 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
「第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2019 【試合結果とまとめ】
「第7回 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヤマハレディースオープン葛城 2019 【試合結果とまとめ】
「ヤマハレディースオープン葛城」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
スタジオアリス女子オープン 2018 【試合結果とまとめ】
「スタジオアリス女子オープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
KKT杯バンテリンレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「KKT杯バンテリンレディスオープン 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
フジサンケイレディスクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「フジサンケイレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
「第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。選手のクラブ選択情報などもご紹介しています。
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ほけんの窓口レディース 2019 【試合結果とまとめ】
「ほけんの窓口レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2019 【試合結果とまとめ】
「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
リゾートトラストレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「リゾートトラストレディス2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「ヨネックスレディスゴルフトーナメント2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント2019」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニチレイレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「ニチレイレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
アース・モンダミンカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「アース・モンダミンカップ 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
第1回 資生堂 アネッサ レディスオープン 【試合結果とまとめ】
「資生堂 アネッサ レディスオープン 」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ニッポンハムレディスクラシック 2019 【試合結果とまとめ】
「ニッポンハムレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大東建託・いい部屋ネットレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「大東建託・いい部屋ネットレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
北海道 meiji カップ 2019 【試合結果とまとめ】
「北海道 meiji カップ 」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
CAT Ladies 2018 【試合結果とまとめ】
「CAT Ladies」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニトリレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ニトリレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2018 【試合結果とまとめ】
「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
マンシングウェアレディース東海クラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「マンシングウェアレディース東海クラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子オープンゴルフ選手権 2018 【試合結果とまとめ】
「日本女子オープンゴルフ選手権」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
スタンレーレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「スタンレーレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
富士通レディース 2018 【試合結果とまとめ】
「富士通レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2018 【試合結果とまとめ】
「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
TOTOジャパンクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「TOTOジャパンクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
伊藤園レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「伊藤園レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大王製紙エリエールレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「大王製紙エリエールレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2018 【試合結果とまとめ】
「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
2014女子ツアー 賞金シード選手一覧
2014シーズンのLPGA女子ツアー賞金シード選手をご紹介します。
女子ステップアップツアー 2014
2014シーズンの女子下部ツアー(ステップアップツアー)のスケジュールをご紹介します。
第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日
「第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日」についてあれこれと。