スポンサードリンク

第7回 ほけんの窓口レディース 【結果と成績】

第7回 ほけんの窓口レディース

  • 開催日:2019年5月17日~19日
  • 開催コース:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県 6,292yds / par72)
  • 優勝賞金:2,160万円
  • 優勝副賞:JAGUAR E-PACE / アサヒ・ドライゼロ 1年分

名門コースでプレーする夢を叶えます!

【ゴルフ場予約は楽天カードがお得!】

最終日

3日間大会で、優勝賞金が2,160万円と高額になっています。

 

選手としては、賞金をガッツリ加算することが可能になるので、いつもの試合以上に気合が入っているのではないでしょうか。

 

初日は、金澤志奈選手が6アンダーを叩き出し、トップに立ちましたが、今季は若手選手の活躍が目立ちます。

 

最終日も、原英莉花選手、勝みなみ選手、河本結選手など、黄金世代の複数の選手たちが優勝を狙える位置につけています。黄金世代の3週連続優勝も十分可能性がある展開ですね。

 

そんな包囲網をくぐり抜け、韓国のイ・ミニョン選手がトップをキープ。初日、2日と2位タイにつけ、最終日にきっちりトップをとってくるあたり、実力だけでなく、試合運びの妙を感じさせてくれますね。

 

しかしながら、他の選手達の「簡単には勝たせない」という気迫が感じられる試合展開でしたね。

 

上田桃子選手がトップと2打差となるバーディーで2位タイにつければ、すかさず金澤志奈選手がバーディーを奪取し、9アンダーで単独2位に。この時点でイ・ミニョン選手に1打差とせまります。(しかしながら、16、17番で連続ボギー)。

 

原英莉花選手が、17番でバーディーをとっていれば、9アンダーとなってさらにおもしろくなったんですが、このあたりが彼女の課題でしょうね。

 

2位と2打差がついて、精神的な余裕が生まれたイ・ミニョン選手に崩れる要素は皆無だと思ったんですが、17番のセカンドをまさかのミス。直前の申ジエ選手のショットがプレッシャーになったのかもしれません。ここでボギーとし9アンダー。

 

追いつくチャンスを逃した申ジエ選手が悔しがっているそのすきに、18番で上田桃子選手がベタピンバーディーで9アンダー、トップに並び最終組を待ちます。

 

さらに、最終ホールで申ジエ選手がバーディーとし、トップタイに。イ・ミニョン選手のバーディーパットを残した状況ですが、3人が9アンダーで並びました。

 

プレッシャーがかかった上に、2メートル強の難しいラインでしたが、イ・ミニョン選手は見事これをねじ込んで、ツアー通算4勝目を飾りました。

最終日のピン位置

 

ホール別クラブ選択

14番 329yds par4

  • 申ジエ:残り90yds ウェッジ
  • イ・ミニョン:残り85yds ウェッジ

15番 408yds par4

  • イ・ミニョン:残り177yds
  • 申ジエ:残り173yds 6i

16番 174yds par3(実測173yds)

  • 勝みなみ:5i
  • 金澤志奈:5UT
  • 上田桃子:5i
  • イ・ミニョン:5i
  • 申ジエ:4UT
  • 大城さつき:3UT

17番 345yds par4

  • 申ジエ:残り98yds ウェッジ
  • イ・ミニョン:残り95yds ウェッジ

18番 496yds par5

  • 申ジエ:残り252yds 5W
  • イ・ミニョン:残り243yds 3W
最終結果

1位 -10
イ・ミニョン

 

2位タイ -9
上田桃子
申ジエ

 

4位タイ -8
原英莉花
勝みなみ

 

6位タイ -7
イ・チヒ
菊地絵理香
河本結
金澤志奈

 

10位タイ -6
S.ランクン
フェービー・ヤオ
藤本麻子
ペ・ヒギョン

 

30位タイ -1
永井花奈

 

41位タイ +1
三ヶ島かな

 

ベストアマは佐渡山理莉選手が獲得しました。

 

残念ながら、辻梨恵選手、三浦桃香選手、新垣比菜選手、藤田光里選手は予選落ちでした。

第6回 ほけんの窓口レディース 【結果と成績】

第6回 ほけんの窓口レディース

昨年、5大会ぶりに日本人選手(鈴木愛)が優勝を飾り、ほっと胸をなでおろしたことを覚えています。今年は黄金世代の活躍も期待できそうなので、初優勝で高額賞金を手にする若手選手が現れるかもしれませんね。

 

ギャラリー投票で決まるベストスマイル賞(賞金30万円)とベストドレッサー賞(賞金20万円+6泊7日グアム旅行ペア)の行方も気になるところです。

  • 開催日:2018年5月11日~13日
  • 開催コース:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県 6,292yds / par72)
  • 優勝賞金:2,160万円
  • 優勝副賞:ジャガー E-PACE / アサヒ・ドライゼロ1年分

最終日

前日までの快晴と打って変わって、あいにくの強い雨となった最終日。

 

悪天候のときほど、実力と経験がものを言うものですが、ベテランとルーキーが火花を散らす、良い戦いとなりました。

 

そんな中、バックナインは鈴木愛選手と菊地絵理香選手の一騎打ちの様相を呈してきました。

 

個人的には、13番終了時点でトップに立っていた菊地絵理香選手が、ここ最近の調子の良さを結果に結びつけるかな?と考えていたのですが、14番のボギーがブレーキになってしまいましたね。

 

雨を含んだラフの計算は、トッププロでも難しかったのでしょう。3打目のミスは仕方ない部分もあったように思います。

 

ところが、そんなミスを帳消しにする15番のチップインバーディー。一方、トップタイだった鈴木愛選手はボギー。一気に2打差がついたので「これで菊池選手が勝ったな」と思ったんですが・・・。

 

ミスのリカバリーをしっかり行えたかどうかが勝敗を左右するのは当たり前ですが、やはり最後はパッティング。

 

菊地選手も鈴木選手もパーオン出来ないホールが続きますが、クラッチパットを決めれなかった菊地絵理香選手の手から、優勝がスルスルこぼれ落ちていくのが見えたかのようでした。

 

17番で、菊池、鈴木、アン・ソンジュ(ホールアウト済)の3人が並ぶという展開で、競り勝ったのは今季絶好調の鈴木愛選手でした。

 

最終ホールでバーディーとし、初日から首位を守り続けて完全優勝。大会連覇を果たしました。

 

ドライビングディスタンス賞

比嘉真美子:261,5yds

 

ベストスマイル賞

1位 イ・ボミ 514票
2位 三浦桃香 389票
3位 アン・シネ

 

ベストドレッサー賞

1位 イ・ボミ 513票
2位 アン・シネ 421票
3位 三浦桃香

ホール別クラブ選択

14番 329yds par4

  • 菊地絵理香:残り102yds
  • 鈴木愛:残り84yds ウェッジ

15番 408yds par4

  • 鈴木愛:残り226yds
  • 菊地絵理香:残り209yds 5W

16番 174yds(実測166yds+打ち上げ8yds) par3

  • 菊地絵理香:5UT
  • 鈴木愛:UT

17番 345yds par4

  • 菊地絵理香:残り113yds
  • 鈴木愛:残り88yds ウェッジ

18番 496yds par5

  • アン・ソンジュ:残り250yds
  • 菊地絵理香:残り97yds ウェッジ(3打目)
  • 鈴木愛:残り83yds ウェッジ(3打目)

2日め

先週のメジャーの第1戦に続いて、2160万円という高額優勝賞金を誇る今大会。

 

さすが、実力者たちが目の色を変えて優勝を狙ってきている雰囲気がありますね。

 

そんな中で2日めのトップ争いを演じたのが、このふたり。

  • 鈴木愛:4バーディー・ノーボギーの「68」(うち、チップインバーディーが2つ)
  • 菊地絵理香:5バーディー・ノーボギーの「67」

今年はすでに2勝と2位を2回を記録している鈴木愛選手は、実力通りトップに立っています。

 

一方、今季は2位が2回と、イマイチ勝ちきれない菊地絵理香選手にしてみれば、このあたりで優勝しておきたい気持ちは強いでしょうね。

 

その他、ベスト10には有名選手の名前がずらっと並んでいます。今シーズン絶好調の比嘉真美子選手は明日の最終日にチャージをかけてくるかもしれません。

 

個人的には、新垣比菜選手に続いて黄金世代のひとりが勝つことで、ツアーに新陳代謝を起こしてほしいなと考えています。

 

頚椎椎間板ヘルニアで長期離脱していた大山志保選手も、元気な姿を見せてくれていました。

グリーンコンディション
  • スティンプメーター:10 3/4フィート
  • コンパクション:23
ホール別クラブ選択

15番 408yds par4

  • 鈴木愛:残り165yds

16番 174yds(実測178yds+上り8yds) par3

  • 鈴木愛:4UT
  • 松田鈴英:7i(?)

18番 496yds par5

  • 鈴木愛:残り258yds 3W(2打目) / 残り54yds ウェッジ(3打目)
  • 松田鈴英:残り144yds(3打目)

最終結果

1位 -8
鈴木愛

 

2位タイ -7
アン・ソンジュ
菊地絵理香

 

4位 -6
有村智恵

 

5位タイ -5
金澤志奈
柏原明日架
原江里菜
比嘉真美子

 

9位タイ -4
新垣比菜
テレサ・ルー

 

18位タイ -1
三ヶ島かな

 

24位タイ E
永井花奈

 

33位タイ +1
三浦桃香

 

ベストアマは後藤未有選手が獲得しました。

2日め結果

1位 -8
鈴木愛

 

2位 -7
菊地絵理香

 

3位タイ -5
比嘉真美子
テレサ・ルー

 

5位タイ -4
勝みなみ
原江里菜
上田桃子

 

8位タイ -3
アン・ソンジュ
横峯さくら
永峰咲希

 

11位タイ -2
新垣比菜

 

17位タイ -1
三ヶ島かな
三浦桃香

 

40位タイ +2
永井花奈

 

残念ながら、小橋絵利子選手、辻梨恵選手、藤田光里選手、江澤亜弥選手は予選落ちとなりました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9866862135715968"
data-ad-slot="5414763774"
data-ad-format="auto">

スポンサードリンク

 

第5回 ほけんの窓口レディース 【結果と成績】

第6回 ほけんの窓口レディース

 

大会名称が「ほけんの窓口レディース」になってから日本人選手の優勝がまだないというのは寂しい限りですね。

 

今年こそは日本選手が優勝カップを高く掲げる姿を見たいものです。特に地元の福岡県出身選手の活躍を期待したいですね。

  • 開催日:2017年5月12日~14日
  • 開催コース:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県 6,308yds / par72)
  • 優勝賞金:2,160万円
  • 優勝副賞:RANGE ROVER SPORT / アサヒ ドライゼロ 1年分

最終日

初夏のような快晴の中行われた最終日でした。プレーヤーもギャラリーもほぼ半袖でしたね。

 

それにしても、テレビ放送が始まった途端トップ選手の情報より先にアン・シネ選手の情報を放送するとか、まともなスポーツ中継とは思えなかったですね。さすがTBSというか、韓国選手推しの露骨さもここまでいくと、逆にあっぱれですよ。笑

 

試合の方は残り5ホールを残して、鈴木愛選手が4打差のリードをつけて首位、それを酒井美紀選手が追います。

 

終盤にきてのこの差は、よほどのことがない限りひっくり返すことは難しいですから、鈴木愛選手のツアー3勝目はほぼ確定だと感じていました。16番のバーディーがダメ押しでしたね。(17番のOBはご愛嬌でした)

 

個人的には酒井美紀選手の4年ぶりの優勝が見たかったんですけど、日本人選手が優勝してくれたのでオッケーです(*´∀`*)

ホール別クラブ選択

14番 329yds par4

  • 鈴木愛:残り86yds ウェッジ

15番 408yds par4

  • 酒井美紀:残り215yds 5W
  • 鈴木愛:残り166yds 6i

16番 174yds par3(実測167yds)

  • 鈴木愛:5UT
  • 酒井美紀:4i
  • ささきしょうこ:5UT

17番 345yds par4

  • キム・ハヌル:残り111yds
  • テレサ・ルー:残り97yds
  • 酒井美紀:残り123yds 9i
  • 鈴木愛:残り92yds(ティーショットOBのため4打目)ウェッジ

18番 496yds par5

  • 鈴木愛:残り283yds 3W

2日め

初日は降雨によるコースコンディションの悪化でサスペンデッドとなり、土曜日にファーストラウンドの残りとセカンドラウンドを行なう事になりました。

 

サスペンデッドのあととは思えないくらいの良いコースコンディションだったので、コース管理の方の苦労と努力をうかがい知ることができました。本当にありがたいことです。

 

テレサ・ルー選手は練習キライだったそうですが、結婚して弱くなったと言われたくないので練習量を増やしたんだとか。あの強さで練習キライということは、その量がベストだったんじゃないかと思うんですけど、実際はどうなんでしょうね?練習量を増やしたことで賞金女王になったりすると結婚が奏功したってことになりますね。

 

柏原明日架選手は申ジエ選手のスイングを理想として、スイング改造を行っているそうです。仕上がった頃には初優勝も手にできそうですね。

グリーンコンディション
  • スティンプメーター:11フィート
  • コンパクション:23
ホール別クラブ選択

15番 408yds par4

  • 青木瀬令奈:UT
  • アン・シネ:UT

16番 174yds par3

テレサ・ルー:5i

17番 345yds par4

  • テレサ・ルー:残り90yds
  • 柏原明日架:残り79yds(OBのため4打目)

18番 496yds par5

  • 柏原明日架:残り89yds ウェッジ

最終結果

1位 -7
鈴木愛

 

2位 -6
イ・ミニョン

 

3位 -4
酒井美紀

 

4位 -3
キム・ハヌル

 

5位 -2
テレサ・ルー

 

6位タイ -1
申ジエ
イ・チヒ
ジョン・ミジョン
新海美優
佐伯三貴
ささきしょうこ

 

12位タイ E
小橋絵利子

 

18位タイ +
下川めぐみ

 

21位タイ +2
大西葵

 

48位タイ +8
永井花奈

2日め結果

1位 -7
鈴木愛

 

2位 -4
酒井美紀

 

3位 -3
ささきしょうこ

 

4位タイ -2
穴井詩
テレサ・ルー
キム・ハヌル
福田裕子
川岸史果

 

9位タイ -1
佐伯三貴
イ・ミニョン
新海美優
藤田さいき
ジョン・ミジョン

 

18位タイ +1
小橋絵利子

 

34位タイ +3
下川めぐみ

 

44位タイ +4
永井花奈
大西葵

 

残念ながら、三ヶ島かな選手、川満陽香理選手、江澤亜弥選手、古屋京子選手、藤田光里選手は予選落ちとなりました。

 

2日めのスコアボードから藤崎莉歩選手の名前がなくなってたのはなぜなんでしょうか???

第4回 ほけんの窓口レディース 【結果と成績】

第17回 ほけんの窓口レディース

 

3日間の大会にもかかわらず、総額1億2千万円と、メジャー大会並みの賞金をかけて戦う大会ですので、選手もいつも以上に気合が入っていることでしょう。

 

イボミ選手の大会3連覇なるか?にも注目です。

  • 開催日:2016年5月13日~15日
  • 開催コース:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県 6,323yds / par72)
  • 優勝賞金:2,160万円
  • 優勝副賞:ALL-NEW JAGUAR F-PACE / アサヒ ドライゼロ 1年分

名門コースでプレーする夢を叶えます!

最終日

テレビをつけて、スコアボードが韓国ツアー状態なのを見て、思わずスイッチを切りそうになりました。

 

13番を終わった時点で、1位:申ジエ、2位タイ:キムハヌルとイボミと、日本選手の名前が3位以内に見当たらないのは、切ないのを通り越して呆れてしまいました。

 

相撲はモンゴル、ゴルフは韓国・・・外貨を稼ぎに来た海外選手に、いいようにされてる感は日に日に大きくなっていきますね。やれやれです。

 

優勝は見事逆転で勝利を掴んだ申ジエ選手でした。

 

また、イ・ボミ選手は、史上16人目の生涯賞金獲得額6億円突破となっています。

ホール別クラブ選択

14番 344yds par4

  • キム・ハヌル:残り111yds ウェッジ
  • イ・ボミ:残り88yds ウェッジ
  • 申ジエ:残り84yds ウェッジ

15番 408yds par4

  • 笠りつ子:5i
  • イ・ボミ:残り201yds 5W
  • 申ジエ:残り187yds UT
  • キム・ハヌル:5W

16番 147yds(実測155yds) par3

  • 上田桃子:7i
  • イ・ボミ:7i

17番 372yds par4

  • 申ジエ:残り129yds 9i
  • イ・ボミ:残り97yds
  • キム・ハヌル:残り82yds ウェッジ

18番 496yds par5

  • 笠りつ子:3W
  • 申ジエ:残り263yds(2nd) 3W
  • イ・ボミ:残り254yds(2nd) 5W / 70yds(3rd) ウェッジ
  • キム・ハヌル:残り250yds(2nd) 3W

2日め

今日も、上位陣の顔ぶれが、アジアツアーの1試合のようでしたね。

 

日本人選手もおなじみの顔ばかりで、フレッシュな選手や、期待の若手選手が見られないのが残念です。

 

ギャラリー数の減少や、テレビ放送の視聴率が下がっているとのことなので、男子ツアーの二の舞いにならないように、日本人選手には奮起を期待したいところです。

 

16番ホールで、沖せいら選手がホールインワン達成。同時に、9ホールのパット数7というツアー最少記録も打ち立てています!
ちなみに、初日には鈴木愛選手も、このホールでエースを達成していました。

 

見事、予選通過を果たしたアマチュアの河本結さんですが、藤田光里選手の弟さん(藤田亜久里さん/大学1年)がキャディを務めているそうです。

 

特別に依頼したわけではなく、大会が用意したバイトキャディのひとりなんだとか。

グリーンセッティング

スティンプメーター:10・3/4ft コンパクション:24

ホール別クラブ選択

16番 147yds par3

  • イ・ボミ:8i
  • キム・ハヌル:8i
  • 原江里菜:8i

17番 372yds par4

  • イ・ボミ:残り136yds 9i
  • 原江里菜:残り129yds 9i
  • キム・ハヌル:残り97yds ウェッジ

18番 496yds par5

  • イ・ボミ:残り277yds(2nd) 122yds 8i(3rd)
  • キム・ハヌル:残り262yds(2nd) 82yds ウェッジ(3rd)

最終結果

1位 -10
申ジエ

 

2位タイ -8
キム・ハヌル
イ・ボミ

 

4位タイ -4
フェービー・ヤオ
笠りつ子

 

6位タイ -3
勝みなみ
吉田弓美子
鈴木愛

 

9位タイ -2
若林舞衣子
原江里菜

 

19位タイ +1
辻梨恵

 

24位タイ +2
松森彩夏

 

49位タイ +7
古屋京子

 

57位タイ +14
川満陽香理

2日め結果

1位 -8
イ・ボミ

 

2位 -7
キム・ハヌル

 

3位タイ -6
申ジエ
笠りつ子

 

5位タイ -4
ベイブ・リュウ
沖せいら

 

7位タイ -3
フェービー・ヤオ
原江里菜

 

9位タイ -2
テレサ・ルー
上田桃子
鈴木愛
吉田弓美子
サイ・ペイイン

 

14位タイ -1
辻梨恵

 

20位タイ E
松森彩夏

 

36位タイ +2
川満陽香理

 

46位タイ +3
古屋京子

 

斉藤愛璃選手、藤田光里選手、吉野茜選手、香妻琴乃選手、江澤亜弥選手、森美穂選手、櫻井有希選手は、残念ながら予選落ちとなりました。

第3回 ほけんの窓口レディース 【結果と成績】

第3回 ほけんの窓口レディース

 

3日間大会としては破格の優勝賞金(2160万円)が用意されている当大会。

 

出場選手としては、この大会での優勝は2勝分に近い賞金を稼ぐことができるので、いつも以上に気合が入って臨んでいることでしょう。

 

アップダウンの激しいコースを、どのように選手が攻略していくのかも見ものです。

  • 開催日:2015年5月15日~17日
  • 開催コース:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県 6,375yds / par72)
  • 優勝賞金:2,160万円
  • 優勝副賞:Volkswagen Golf Variant / アサヒ ドライゼロ 1年分

最終日

最終日に6バーディー・ノーボギーの66という高スコアをマークしたイ・ボミ選手が、2位に4打差をつけて連覇を果たしました。

 

今季は2位の試合ばかり(9戦中4回)で、ストレスはたまりつつも、「調子はいいのでいつでも勝てる」という気持ちでいたでしょうから、前半戦で優勝したのは大きいと思います。

 

この勝利をきっかけに、今年も強いイ・ボミ選手が見れそうです。ショットメイカーというイメージがありますが、ここまで平均パット数1位ですから、ほぼ無敵といえるかもしれません。

 

松森彩夏選手って、誰かに似てるなとずっと思ってたんですが、夏目三久さんだということが判明しました。姉妹といっても通用しそうなくらい似てると思うんですけど、どうでしょう?

 

7番ホールでジョン・ミジョン選手がホールインワンを達成しています。

 

上田桃子選手は、史上最速で生涯獲得賞金5億円を突破したとのことです。

クラブ別飛距離

16番ホール 174yds par3

  • 上田桃子 5i
  • イ・ボミ 6i
  • テレサ・ルー 5i

3日め

今日26歳の誕生日を迎えたジョン・ジェウンがトップ。

 

追いかけるイ・ボミ選手が15番ホール以降にミス連発で、「らしくない」状態でした。これが最終日も続くようであれば、大会初の連覇の可能性は低いと思われます。

 

上田桃子選手のスカートの柄がマリメッコに見えて、パーリーゲイツの製品なのかな?と思ってカタログをチェックしたら、マスターバニーの製品でした。

 

マスターバニー

 

途中から、柏原明日架選手が家入レオさんに見えて仕方ありませんでした(笑)

クラブ別飛距離

14番ホール

  • イ・ボミ 残り145yds 9i

16番ホール 174yds par3

  • 柏原明日架 UT5
  • イ・ボミ 5i
グリーンセッティング
  • スティンプメーター:10 2/3ft
  • コンパクション:23.5

最終結果

1位 -10
イ・ボミ

 

2位 -6
大山志保

 

3位 -5
テレサ・ルー

 

4位 -4
上田桃子

 

5位 -3
ジョン・ジェウン

 

6位タイ -2
酒井美紀
申ジエ
柏原明日架

 

9位タイ -1
葭葉ルミ
ジョン・ミジョン
フェービー・ヤオ

 

22位タイ +4
松森彩夏

 

28位タイ +5
藤田光里

 

38位タイ +7
吉野茜

 

44位タイ +8
古屋京子

 

54位 +11
堀琴音選手

3日め結果

1位 -5
ジョン・ジェウン

 

2位 -4
イ・ボミ

 

3位 -3
テレサ・ルー

 

4位 -2
大山志保

 

5位タイ E
松森彩夏
上田桃子
大江香織
ジョン・ヨンジェ
フェービー・ヤオ
柏原明日架

 

12位タイ +1
藤田光里

 

32位タイ +5
堀琴音
吉野茜

 

江澤亜弥選手、斉藤愛璃選手、諸見里しのぶ選手、香妻琴乃選手は残念ながら予選落ちとなってしまいました。

第2回 ほけんの窓口レディース 【結果と成績】

第2回 ほけんの窓口レディース

今大会もアマチュア旋風が吹いていますね~。

 

アマチュアの柏原明日架さんが首位タイで初日を迎え、2日めも4つ伸ばして7アンダーで単独首位。さすがナショナルチーム選出の選手だけありますね。69、68と2日連続で60台を出すのはただものではないです。

 

スイングも素晴らしいですし、足腰も「しっかりトレーニングしている」ということがわかる体つきです。地の利もありますし、もしこのまま優勝することになっても、フロックではなく実力でしょう。

 

ただ、イボミ選手が7アンダーを出したように、実力者はビッグスコアをたたき出すことの出来る絶妙のコースですから、まだまだわかりませんけどね。

  • 開催期間:2014年5月16日~5月18日
  • 開催コース:福岡カンツリー倶楽部 和白コース(福岡県) / 6,314Yards Par72
  • 優勝賞金:2,160万円
  • 優勝副賞:Volkswagen New Golf Variant / アサヒ ドライゼロ 1年分

最終日

最終組が韓国人選手ふたりと、アマチュアって・・・日本人プロがんばれよ~ッて感じですが、まぁ、勝負の世界ですから実力者に国籍もプロもアマもないですもんね。その週に強いものが最終日最終組で回るという単純な話だと思います。

 

さて、やはり注目は柏原 明日架さん。アクサレディス宮崎でも最終日最終組で4位タイにはいっている実力は本物でしょう。

 

発するオーラがすでに一流選手ですからね。スイングがどうこうとか、そういうことではない圧倒的な雰囲気を持っています。これはすごい選手になりそうですね。今後は絶対にチェックです!

 

ウエア、ボール、クラブがキャロウェイでサングラスはオークリーですが、きっちり用具提供でスポンサードされてるんでしょうね。ただ、もっと強くなるためには、プロの試合のサンデーバックナインでアンダーを出せるレベルまで持っていくことが必要になってきます。

 

試合の方はイ・ボミ選手が今季初優勝。

 

安定したショットが今日も冴えまくっていましたので、順当勝ちといえるかもしれません。勝みなみ選手が優勝したときの2位でしたから、今回は絶対にアマチュアには負けられないという気持ちも強かったんでしょう。

 

16番で3打差になってからは、「普通にやれば勝てる」というふうに考えたように見えました。笑顔も見えて余裕のプレイ内容でしたね。

 

それにしても、この福岡カンツリー倶楽部 和白コースって、見れば見るほど面白そうなコースですね。設計者の保田与天氏の考え方がばっちりコースレイアウトで表現されていると思います。福岡に行った時はぜひともラウンドしてみたいものです。

2日め

博多湾がすぐそばという福岡カンツリー倶楽部 和白コース。

 

パブリックコース的な趣もありながら、かなり戦略的なコースで、アマチュアの私たちもラウンドしてみたくなりますね。

 

5番の290ヤードpar4とか、17番372ヤードpar4の左のネットの向こうに民家が見えているところとか、かなり庶民的というか身近に感じるコースです。

 

18番ホールなどもトーナメント観戦向きではないというか、昭和20年台にオープンしたコースらしく、オリジナリティあふれるレイアウトになってるのも、面白そうですね。

 

上田桃子スタートから5連続バーディー 9バーディー3ボギー。イボミ選手が7バーディーノーボギーと、素晴らしいプレイを展開しています。

 

あと、気になったのが堀奈津佳のメイク。なんかちょっと変な感じじゃなかったですか?マスカラが濃すぎで、チークがこなっぽかったのかも???

最終日の結果

1位-9
イ・ボミ

 

2位タイ -5
姜 秀衍(カン・スーヨン)
服部真夕
全美貞
フォン・シャンシャン

 

6位タイ -4
イ・ナリ
穴井詩
@柏原明日架

 

9位タイ -3
O.サタヤ
横峯さくら
P.チュテチャイ
上田桃子

 

13位タイ -2
香妻琴乃

 

35位タイ +3
森田理香子

 

40位タイ +4
藤田光里

2日めの成績

1位-7
@柏原明日架

 

2位タイ -6
イ・ボミ
全美貞

 

4位-5
上田桃子

 

5位タイ -3
下川めぐみ
P.チュテチャイ
豊永志帆
向山唯

 

9位タイ -2
辛炫周
穴井詩
横峯さくら
工藤遥加

 

13位タイ -1
香妻琴乃

 

27位タイ E
森田理香子

 

42位タイ +2
藤田光里

 

残念ながら、諸見里しのぶ選手岡村咲選手辻梨恵選手斉藤愛璃選手は予選落ちしてしまいました。

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「第32回 ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「第12回 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
「第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2019 【試合結果とまとめ】
「第7回 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヤマハレディースオープン葛城 2019 【試合結果とまとめ】
「ヤマハレディースオープン葛城」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
スタジオアリス女子オープン 2018 【試合結果とまとめ】
「スタジオアリス女子オープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
KKT杯バンテリンレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「KKT杯バンテリンレディスオープン 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
フジサンケイレディスクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「フジサンケイレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
「第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。選手のクラブ選択情報などもご紹介しています。
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2019 【試合結果とまとめ】
「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
リゾートトラストレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「リゾートトラストレディス2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「ヨネックスレディスゴルフトーナメント2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント2019」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニチレイレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「ニチレイレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
アース・モンダミンカップ 2018 【試合結果とまとめ】
「アース・モンダミンカップ 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニッポンハムレディスクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「ニッポンハムレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大東建託・いい部屋ネットレディス 2018 【試合結果とまとめ】
「大東建託・いい部屋ネットレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
北海道 meiji カップ 2018 【試合結果とまとめ】
「北海道 meiji カップ 」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
CAT Ladies 2018 【試合結果とまとめ】
「CAT Ladies」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニトリレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ニトリレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2018 【試合結果とまとめ】
「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
マンシングウェアレディース東海クラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「マンシングウェアレディース東海クラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子オープンゴルフ選手権 2018 【試合結果とまとめ】
「日本女子オープンゴルフ選手権」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
スタンレーレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「スタンレーレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
富士通レディース 2018 【試合結果とまとめ】
「富士通レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2018 【試合結果とまとめ】
「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
TOTOジャパンクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「TOTOジャパンクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
伊藤園レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「伊藤園レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大王製紙エリエールレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「大王製紙エリエールレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2018 【試合結果とまとめ】
「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
2014女子ツアー 賞金シード選手一覧
2014シーズンのLPGA女子ツアー賞金シード選手をご紹介します。
女子ステップアップツアー 2014
2014シーズンの女子下部ツアー(ステップアップツアー)のスケジュールをご紹介します。
第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日
「第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日」についてあれこれと。