スポンサードリンク

第36回 富士通レディース【結果と成績】

第36回  富士通レディース

過去5回で、日本人の優勝が松森彩夏選手だけというのは寂しい限りですね。今年はホステスプロの柏原明日架選手はもちろんのこと、日本人選手の健闘を期待したいところです。

  • 開催日:2018年10月12日~14日
  • 開催コース:東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(千葉県 6,6751yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:プレミアムエアコン「nocriaX AS-X28H」 / メルセデス・ベンツ CLA 180 AMG Style / 宮古島 東急ホテル&リゾーツ ペア宿泊・ゴルフプレー旅行券

【ゴルフ場予約は楽天カードがお得!年会費永年無料】

最終日

雨がちらつく最終日となりました。(途中から晴れました)

 

2日め終了時点で大混戦でしたので、見ている方も、選手たちも「誰が勝ってもおかしくないな」と考えていたと思います。

 

16番のティーグランドが50ヤード前にでたことも、勝負に大きく関係してくるでしょうね。

 

個人的には、日本人選手の優勝を祈っていたので、必然的に上位の日本人選手(特に三ヶ島かな選手)を応援していたのですが、アン・ソンジュ選手のが牙城を切り崩すのはなかなか厳しいなとも感じていました。

 

そんな中、前半だけであっさりアン選手に追いついたのが、最終組の一つ前をまわる成田美寿々選手でした。10番までで4バーディー・1ボギーと3つ潜り、一気に7アンダーまで伸ばしmス。

 

ただし、簡単には抜かせてくれないのがアン・ソンジュという選手です。14番でロングパットを沈めバーディーとすると、再び1打のリードを奪い単独トップに立ちます。

 

それを知ってか知らずか、15番で気合のバーディーですぐに追いつく成田選手の勝負強さは、さすがの一言ですね。カップインのあとの表情も、ゾーンに入っているかのような集中力を感じさせるものでした。

 

この時点で、他の選手の優勝の可能性は大いに残しながらも、この2選手の一騎打ちになってきたような様相を呈してきました。ゲームの流れというものが、しっかりと見えるようでしたよね。

 

あがり3ホールの展開が俄然楽しくなってきましたが、16番ロングを確実にバーディーとしたことで、成田選手が少し有利になった感がありました。(アン選手はパー)

 

最終ホールの成田選手のボギーで、またまた二人が並びますが、アン選手の短いパーパットがはずれたことで、成田美寿々選手が優勝、今季3勝目を飾りました。

 

最終日に6バーディ、2ボギーの「68」というスコアは、言うことなしの数字だったと思います。ツアー初優勝がこの大会ということで、相性の良さを感じているのも勝因のひとつかもしれません。

 

このコースはショットメーカーが優利ということで、真の実力者しか勝てないのは周知の事実。そういう意味では、上位陣の顔ぶれは納得なんですが、若手選手もトップ10に食い込んできているのは嬉しい限りです。

ホール別クラブ選択

14番 381yds par4

  • アン・ソンジュ:残り154yds

15番 374yds par4

  • 成田美寿々:残り108yds PW
  • イ・ミニョン:残り118yds PW
  • アン・ソンジュ:残り114yds PW

16番 450yds par5

  • 成田美寿々:残り205yds 3UT
  • アン・ソンジュ:残り224yds 3W
  • イ・ミニョン:残り219yds

17番 186yds(実測190yds) par3

  • 森田遥:UT19°
  • 成田美寿々:UT
  • アン・ソンジュ:UT19°
  • イ・ミニョン:3i

18番 403yds par4

  • 森田遥:残り154yds 6i
  • 成田美寿々:残り172yds 6UT
  • アン・ソンジュ:残り154yds
  • イ・ミニョン:残り152yds
  • テレサ・ルー:残り148yds

2日め

トップから3打差の10位タイまでに15人いるという大混戦。

 

この状況では、1打の意味が非常に大きくなってきますから、バーディーを多くとりボギーを打たないという大原則を守ることが絶対条件になってきます。

 

どんなトーナメントでもそうですが、やはり確実にパーを重ね、狙ってバーディーをとれる戦略とスキルを併せ持つ選手が勝つようになっているわけですね。

 

そこに調子の良し悪しや、コースとの相性、気象条件などが複雑に絡んでくるので、ゴルフは面白いのです。

 

それにしても、当大会は本当に海外勢が強いですね。特に過去2回づつ優勝しているアン・ソンジュ選手とテレサ・ルー選手のふたりは、確実に優勝争いに絡んでいるイメージが強いです。

 

この隙間をかいくぐって、日本人選手が逆転勝利を掴むシーンを、ぜひ見たいですね。

 

安田祐香選手が、今試合でプロの試合に10試合連続予選通過という、従来の記録に追いついたそうです。確か成田美寿々選手が、「プロに混ざってもめっちゃうまい」みたいなコメントをしていたので、もうプロと名乗っても誰も依存はないレベルにあるんでしょうね。

ホール別クラブ選択

16番 515yds par5

  • アン・ソンジュ:残り250yds 6i(2打目) / 残り84yds ウェッジ(3打目)
  • 三ヶ島かな:残り62yds ウェッジ(3打目)

17番 186yds par3

  • 永井花奈:7W
  • フェービー・ヤオ:UT
  • 三ヶ島かな:UT23°
  • アン・ソンジュ:UT19°
  • 辻梨恵:UT

18番 403yds par4

  • 三ヶ島かな:残り164yds UT 25°
  • アン・ソンジュ:残り145yds 7i
  • :残りyds
  • :残りyds

最終結果

1位 -8
成田美寿々

 

2位 -7
アン・ソンジュ

 

3位タイ -6
松田鈴英
三ヶ島かな
イ・ミニョン

 

6位タイ -5
一ノ瀬優希
高橋恵
森田遥
東浩子
永井花奈
葭葉ルミ

 

12位タイ -3
小橋絵利子

 

27位タイ +1
辻梨恵
三浦桃香

 

ベストアマは西村優菜選手が獲得しました。

2日め結果

1位 -6
イ・ミニョン
アン・ソンジュ

 

3位タイ -5
テレサ・ルー
永井花奈
三ヶ島かな

 

5位タイ -4
成田美寿々
福田真未
東浩子
権藤可恋

 

10位タイ -3
森田遥
黄アルム
髙橋恵
藤田さいき
一ノ瀬優希
フェービー・ヤオ

 

16位タイ -2
小橋絵利子
三浦桃香
辻梨恵

 

残念ながら、新垣比菜選手、原英莉花選手、古屋京子選手は予選落ちとなりました。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9866862135715968"
data-ad-slot="5414763774"
data-ad-format="auto">

スポンサードリンク

第35回 富士通レディース 【結果と成績】

第35回  富士通レディース

開催コースを東急セブンハンドレッドクラブに移してちょうど20回目を迎えます。昨年は松森彩夏選手のツアー初優勝が見られましたが、今年もニューフェイスの優勝を期待したいですね。

  • 開催日:2017年10月13日~15日
  • 開催コース:東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(千葉県 6,662yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:富士通 LIFEBOOK UH75/B1 / nocriaX AS-X28H / 宮古島 東急ホテル&リゾーツ ペア宿泊・ゴルフプレー旅行券

名門コースでプレーする夢を叶えます!

最終日

あいにくの雨模様となった最終日。

 

現時点で賞金ランキングベスト5に入る選手のうちの3人による、白熱した優勝争いが繰り広げました。しかもその3人共が今季2勝をあげているという・・・。

 

前日に単独トップだったイ・ミニョン選手(賞金ランク3位)を一気に抜き去り、トップに立ったのがテレサ・ルー選手(同5位)。

 

6バーディー・1ボギーの「67」を叩き出します。一昨年にも2位に4打差をつけて優勝しているだけあって、このコースでの戦い方を熟知しているようでした。

 

一方、イ・ミニョン選手は前半調子が良くなかったのですが、オーバーパーのまま終わるわけにはいかないという意地で、14番で振り出しに戻し、15番でボギーを打ったテレサ・ルー選手と1打差にまで迫ってきました。さらに16番まで3連続バーディーという、脅威の集中力を発揮したのはすごかったですね。

 

鈴木愛選手(同2位)も、スタートから2連続ボギーとつまづきましたが、7番のバーディーをきっかけに完全に立ち直りましたが、ラスト2ホールで連続ボギーとしてしまい、優勝の芽を自ら潰してしまいました。

 

まさに、17番がターニングポイントとなった感があります。

 

パーでまとめたテレサ・ルー選手に対し、イ・ミニョン選手と鈴木愛選手はボギーを打ち一歩後退。2打のリードで最終ホールを迎えたテレサ・ルー選手にしてみれば、ティーショットが左のラフに入っても特に動揺した様子はなかったですね。

 

18番もパーをセーブし、初日に30歳の誕生日を迎えた当大会での、記念すべき通算15勝めを飾りました。

 

ホステスプロの柏原明日架選手も、ノーボギーの「68」で単独3位に入り、見事職責を果たしました。あとは優勝が待たれるばかりですね。

 

葭葉ルミ選手も優勝争いにこそ加われませんでしたが、「66」で前日の14位タイから単独5位でフィニッシュ。この内容が2日続けば、もっと優勝数も増えると思うのでがんばってほしいですね。

ホール別クラブ選択

14番 381yds par4

  • 鈴木愛:残り161yds UT
  • テレサ・ルー:残り141yds
  • イ・ミニョン:残り129yds

15番 374yds par4

  • 柏原明日架:残り142yds
  • 笠りつ子:残り119yds
  • テレサ・ルー:残り154yds UT
  • イ・ミニョン:残り144yds
  • 鈴木愛:残り142yds UT

16番 450yds par5

  • 柏原明日架:残り215yds 5W
  • 鈴木愛:残り235yds(2打目) / 残り84yds(3打目)ウェッジ
  • イ・ミニョン:残り219yds
  • テレサ・ルー:残り204yds UT

17番 190yds par3

  • 葭葉ルミ:5W
  • 柏原明日架:7UT
  • イ・ミニョン:3i
  • テレサ・ルー:4UT
  • 鈴木愛:5W

18番 403yds par4

  • 柏原明日架:残り161yds 4W
  • 鈴木愛:残り202yds(2打目) / 残り70yds 54°ウェッジ(3打目)
  • テレサ・ルー:残り183yds / 残り70yds 54°ウェッジ(3打目)
  • イ・ミニョン:残り172yds 4i

2日め

降雨によるコースコンディション不良で45分間の中断はあったものの、大幅な遅れもなく無事セカンドラウンドを終えることができました。

 

「66」という好スコアを出した選手がふたりいました。初日の13位タイから一気に4位タイまであげてきた川岸史果選手と、後半に5バーディーを叩き出したイ・ミニョン選手です。

 

全体的に良いスコアが出ているので、ひとつのボギーが致命傷になってしまう展開ですが、選手は攻め続けつつも守るべきところはきっちり守るという戦略が必要になってきます。こういう展開が見ていて一番おもしろいかもしれませんね。

ホール別クラブ選択

12番 402yds par4

  • 鈴木愛:残り162yds 5UT
  • 笠りつ子:残り138yds 8i

13番 160yds par3

  • 鈴木愛:6i
  • 笠りつ子:7i

14番 381yds par4

  • 鈴木愛:残り118yds

15番 374yds par4

  • 鈴木愛:残り130yds

17番 186yds par3

  • 武尾咲希:5W
  • キム・ハヌル: UT
  • 川岸史果:5UT

最終結果

1位 -14
テレサ・ルー

 

2位 -12
イ・ミニョン

 

3位 -11
柏原明日架

 

4位 -9
鈴木愛

 

5位 -8
葭葉ルミ

 

6位 -7
笠りつ子

 

7位タイ -6
大城さつき
藤田さいき
キム・ハヌル
川岸史果

 

26位タイ -1
三ヶ島かな

 

30位タイ E
江澤亜弥

 

34位タイ +1
辻梨恵

 

40位タイ +3
下川めぐみ
藤田光里
小橋絵利子

 

ベストアマは安田 祐香選手が獲得しました。

2日目結果

1位 -11
イ・ミニョン

 

2位 -9
テレサ・ルー

 

3位 -8
鈴木 愛

 

4位タイ -7
笠りつ子
川岸史果
柏原明日架

 

7位 -6
ささきしょうこ
キム・ハヌル

 

9位タイ -5
イ・チヒ
藤田さいき
安田祐香(アマ)

 

12位タイ -4
三ヶ島かな

 

14位タイ -2
辻梨恵

 

25位タイ -1
江澤亜弥
藤田光里

 

30位タイ E
下川めぐみ

 

28位タイ +1
小橋絵利子

 

残念ながら、選手、川満陽香理選手、永井花奈選手、藤崎莉歩選手、西木裕紀子選手、大西葵選手、古屋京子選手は予選落ちとなりました。

第34回 富士通レディース 【結果と成績】

第34回  富士通レディース

東急セブンハンドレッドクラブ 西コースでの開催は今年で19回目になります。

 

過去3年は海外勢に優勝をさらわれていますので、今年は成田美寿々選手以来の日本人優勝がみたいですね。特にホステスプロの柏原明日架選手には、初優勝をこの大会で飾るという目標を達成してほしいと期待しています。

  • 開催日:2016年10月14日~16日
  • 開催コース:東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(千葉県 6,635yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:富士通パソコン ESPRIMO FH77XD / 富士通エアコン ノクリアX

ファイナルラウンド

2日続けてノーボギーだった堀琴音選手ですが、最終日は早々に2番でボギーを打ち、笠りつ子選手に首位を明け渡してしまいます。

 

このまま、今季好調な笠りつ子選手が勝利に突き進むのか?と思っていたのですが、一気にまくってトップに立ったのが、2日めに自身のベストスコアを記録した松森彩夏選手でした。

 

2週間前にパターをマレット型(オデッセイ MILLED COLLECTION TX パター DYPE #2M(楽天市場))に変更したのが、バッチリはまっているようです。

 

 

初優勝を狙うのに十分な、2打のアドバンテージを持った状態で上がり3ホールを迎えますが、16番で笠りつ子選手がバーディーとし1打差に。

 

難度の高い17番・18番をしのげるか?に注目が集まりましたが、落ち着いてこれをクリア。2位の笠りつ子選手が18番でトリプルボギーを打ったこともあり、見事、今シーズン7人目の初優勝者となりました。プロ4年目、体重を5キロ増やした甲斐がありましたね。

 

13番で、柏原明日架選手がホールインワン達成。ツアーで2度め、自身4度目のエースだそうです。

 

勝みなみ選手は、今大会で、アマチュアとしてプロの試合出場54試合目となり、新記録達成です。

ホール別クラブ選択

14番 381yds par4

  • 松森彩夏:残り160yds
  • 笠りつ子:残り131yds 9i

15番 374yds par4

  • 笠りつ子:残り130yds 9i
  • 堀琴音:残り122yds 8i
  • 松森彩夏:残り100yds 50°ウェッジ

16番 515yds par5

  • 笠りつ子:残り253yds 3W(2打目)
  • 松森彩夏:残り135yds 8i(3打目)

17番 186yds par3

  • 笠りつ子:5i
  • 堀琴音:7W
  • 松森彩夏:5U

18番 403yds par4

  • 笠りつ子:残り160yds 7i
  • 堀琴音:残り148yds 7i
  • 松森彩夏:残り146yds 7i

セカンドラウンド

先週の日本女子オープンを惜敗した堀琴音選手が、今週も好調をキープ。ノーボギーの68、通算9アンダーとして笠りつ子選手とともに首位に立っています。

 

圧巻だったのは、自身のベストスコア「64」を叩き出した松森彩夏選手。30位タイから一気に単独3位まで上がってきました。

 

勝みなみ選手は、10番でイーグル、18番でもあわやというショットを放ち、らくらくバーディーを奪取しました。出入りの激しい内容でしたが、ここ一番の攻める姿勢は見ていて面白いですね。

 

ちなみに、18番でのイーグルは青木瀬令奈選手が達成しています。

 

ウェイティングからの出場の藤崎莉歩選手も、ベスト10に入ってきています。予選落ちが多いシースンでしたが、残り試合でシード権獲得を目指してほしいですね。ルックスもキュートですし、強くなれば人気が出ることは間違いないと思います。

ホール別クラブ選択

16番 488yds par5

  • 堀琴音:残り251yds(2打目) 3W
  • 笠りつ子:残り148yds(3打目) 8i

17番 186yds par3

  • 服部真夕:5i
  • 堀琴音:7W
  • 笠りつ子:6i

18番 403yds par4

  • 藤崎莉歩:残り164yds UT
  • 堀琴音:残り156yds UT6
  • 笠りつ子:残り144yds 9i

最終結果

1位 -12
松森彩夏

 

2位 -8
笠りつ子

 

3位 -7
堀琴音

 

4位タイ -4
木戸愛
比嘉真美子

 

6位タイ -3
佐伯三貴
森田理香子
大和笑莉奈
永峰咲希
テレサ・ルー

 

13位タイ -1
辻梨恵
永井花奈

 

40位タイ +3
藤崎莉歩

 

ベストアマは、唯一予選通過した勝みなみ選手が獲得しました。

セカンドラウンド結果

1位タイ -9
笠りつ子
堀琴音

 

3位 -8
松森彩夏

 

4位タイ -4
葭葉ルミ
永峰咲希
大和笑莉奈
服部真夕
比嘉真美子

 

9位タイ -3
森田遥
酒井美紀
森田理香子
茂木宏美
木戸愛
佐伯三貴
藤崎莉歩

 

16位タイ -2
永井花奈

 

残念ながら、香妻琴乃選手、三ヶ島かな選手、藤田光里選手、川満陽香理選手、江澤亜弥選手、大西葵選手、古屋京子選手、斉藤愛璃選手、吉野茜選手、森美穂選手は予選落ちとなりました。

第33回 富士通レディース 【結果と成績】

第33回  富士通レディース

今年も18番の名物バンカーが勝利の行方を左右するのか注目です。

 

昨年・一昨年と韓国選手に優勝をさらわれているので、3年ぶりの日本人選手の優勝が見たいものですね。

  • 開催日:2015年10月16日~18日
  • 開催コース:東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(千葉県 6,499yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:FMV LIFEBOOK GH77/T / エアコンノクリアX / 宮古島東急ホテル&リゾーツ ペア宿泊・ゴルフプレー旅行券

テレサ・ルー選手が初日からトップを譲らずに完全優勝を果たし、今季5勝目をあげました。最終日スタート時点で2位と4打差というのは、かなり大きなアドバンテージだったと思います。

 

当大会のショット検索ページもありますので、録画し忘れた人も後から楽しめるようになっています。

ホール別クラブ選択

14番 381yds par4

  • 渡邉彩香:残り125yds

15番 374yds par4

  • イ・ボミ:残り133yds 8i
  • 渡邉彩香:残り131yds 9i
  • テレサ・ルー:残り130yds

16番 488yds par5

  • テレサ・ルー:残り223yds UT3
  • 渡邉彩香:残り218yds UT3

17番 186yds(実測193yds) par3

  • テレサ・ルー:UT

18番 403yds par4

  • 申ジエ:残り171yds UT
  • イ・ボミ:残り165yds UT
  • テレサ・ルー:残り162yds 6i
  • 渡邉彩香:残り132yds 9i

最終結果

1位 -13
テレサ・ルー

 

2位 -9
渡邉彩香

 

3位タイ -7
青木瀬令奈
申ジエ

 

5位 -6
キム・ハヌル

 

6位 -5
福田真未

 

7位 -4
アン・ソンジュ

 

8位タイ -3
服部 真夕
大江香織
笠りつ子
ペ・ヒキョン

 

12位タイ -10
藤田光里

 

ベストアマは、4人の高校2年生の争いとなりましたが、12位タイの新垣比菜さんが獲得しました。

 

香妻琴乃選手、斉藤愛璃選手、松森彩夏選手、江澤亜弥選手は、残念ながら予選落ちとなりました。

第32回 富士通レディース 【結果と成績】

第32回  富士通レディース

今年で32回目を迎えた当大会。

 

決着は、菊地絵理香、アン・ソンジュ、横峯さくらの3人によるプレーオフにもつれ込みました。そのプレーオフ1ホール目で、ひとりだけバーディーを決めて優勝したのはアン・ソンジュ選手でした。2週連続、今季5勝目です。

 

ベストアマは3オーバー35位タイの永井花奈さんでした。

  • 開催日:2014年10月17日~19日
  • 開催コース:東急セブンハンドレッド 西コース(千葉県 6,635yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:東急グループ施設利用券 ハワイ島5日間 ラウンド付マウナラニベイホテル&バンガローズ ペア宿泊旅行券 / FMVノートパソコン・タブレット3点

できれば菊地絵理香選手に初優勝を飾ってほしかったですが、18番のボギーは痛すぎました。そしてプレーオフでのアン・ソンジュ選手の壁は高くて分厚かったですね。

 

今シーズンは上位によく顔を出しているので、そろそろ勝てるかなと思って応援していたんですけど残念でした。でも今シーズンの残り試合で勝てる予感はありますので、がんばってほしいです。

 

週刊パーゴルフが、「富士通レディース特集」のPDFを配布していましたね。これはゲットしておかねばと思い、速攻でダウンロードしました。公式サイトから取得できましたよ。

 

富士通レディース特集

 

木戸愛選手の腕時計のベルトがゆるくて、スイングしたら動くと思うんですけど、打ちにくくないんですかね?

 

成田美寿々選手のソックスがニーハイで、かなりかわいかったです!

最終結果

1位 -11
アン・ソンジュ

 

2位タイ -11
菊地絵理香
横峯さくら

 

4位 -8
テレサ・ルー

 

5位タイ -7
森田理香子
カン・スーヨン
福田真未

 

8位タイ -6
木戸愛
O.サタヤ(オナリン・サタヤバンポット)

 

10位 -5
フェービー・ヤオ

 

22位タイ E
香妻琴乃

 

31位タイ +2
岡村咲
宮里藍

 

44位タイ +5
藤田光里
諸見里しのぶ

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「第32回 ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「第12回 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
「第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2019 【試合結果とまとめ】
「第7回 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヤマハレディースオープン葛城 2019 【試合結果とまとめ】
「ヤマハレディースオープン葛城」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
スタジオアリス女子オープン 2018 【試合結果とまとめ】
「スタジオアリス女子オープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
KKT杯バンテリンレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「KKT杯バンテリンレディスオープン 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
フジサンケイレディスクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「フジサンケイレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
「第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。選手のクラブ選択情報などもご紹介しています。
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ほけんの窓口レディース 2019 【試合結果とまとめ】
「ほけんの窓口レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2019 【試合結果とまとめ】
「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
リゾートトラストレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「リゾートトラストレディス2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「ヨネックスレディスゴルフトーナメント2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント2019」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニチレイレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「ニチレイレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
アース・モンダミンカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「アース・モンダミンカップ 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
第1回 資生堂 アネッサ レディスオープン 【試合結果とまとめ】
「資生堂 アネッサ レディスオープン 」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ニッポンハムレディスクラシック 2019 【試合結果とまとめ】
「ニッポンハムレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大東建託・いい部屋ネットレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「大東建託・いい部屋ネットレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
北海道 meiji カップ 2018 【試合結果とまとめ】
「北海道 meiji カップ 」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
CAT Ladies 2018 【試合結果とまとめ】
「CAT Ladies」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニトリレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ニトリレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2018 【試合結果とまとめ】
「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
マンシングウェアレディース東海クラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「マンシングウェアレディース東海クラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子オープンゴルフ選手権 2018 【試合結果とまとめ】
「日本女子オープンゴルフ選手権」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
スタンレーレディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「スタンレーレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2018 【試合結果とまとめ】
「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
TOTOジャパンクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「TOTOジャパンクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
伊藤園レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「伊藤園レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大王製紙エリエールレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「大王製紙エリエールレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2018 【試合結果とまとめ】
「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
2014女子ツアー 賞金シード選手一覧
2014シーズンのLPGA女子ツアー賞金シード選手をご紹介します。
女子ステップアップツアー 2014
2014シーズンの女子下部ツアー(ステップアップツアー)のスケジュールをご紹介します。
第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日
「第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日」についてあれこれと。