スポンサードリンク

第38回 フジサンケイレディスクラシック【結果と成績】

第38回  フジサンケイレディスクラシック

昨年は、永峰咲希選手がツアーは初優勝を飾りました

 

吉田弓美子、大山志保、藤田光里と、日本人選手の優勝が続いていますが、今年もこの記録を伸ばしてほしいですね。

 

特に、ツアーはこの2週を外国人選手に持っていかれていますので、優勝カップを絶対に奪取するんだ!という強い気持ちで挑んでほしいものです。

  • 開催日:2019年4月26日~28日
  • 開催コース:川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県 6,376yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:スバル・フォレスター

川奈ホテルゴルフコース 富士コースをラウンド予約する(楽天GORA)

【ゴルフ場予約は楽天カードがお得!】

最終日

6,514ydsから、6,376ydsと距離が短縮されたものの、パー71と変更されて開催された今大会。実質、距離が伸びたことになっていますね。

 

8アンダーでフィニッシュしている申ジエ選手を、8組24人の選手が追いかける展開となりました。

 

それにしても、最終日は、まさに申ジエ選手の独壇場といった様相を呈していましたね。

 

10番から3連続、14番から7連続バーディーを奪うという圧巻の内容で、通算9バーディー・1ボギーの「64」を叩き出しました。7打差の逆転優勝は、川奈の新記録だそうです。

 

バックナインを「29」で回るというのは、男子選手でも非常に難しいんじゃないでしょうか。さすがアメリカと韓国の賞金女王をとった実力者だと思います。

 

おしりも、最終日は申ジエ選手の31歳の誕生日ということで、自ら祝砲を上げたということになりました。この時期での2勝目は、「賞金女王をとる」という強い気持ちの現れのような気がします。

 

ちなみに、昨年優勝の永峰咲希選手の誕生日も4月28日、一昨年優勝の吉田弓美子選手の誕生日も1987年4月28日と、3年連続でバースデー優勝という奇跡的な結果となっています。

 

フジサンケイの日本人優勝はここで途切れ、ツアーも、海外勢の3連勝となってしまいました。このままズルズルと行かないように、ベテラン、新人関係なく、死にものぐるいで優勝を掴みに行ってほしいと思います。

 

個人的には、応援している選手のひとり、藤田光里選手が久々の予選通過&ベスト10フィニッシュを達成し、復活を感じさせてくれたのが嬉しかったですね。テレビにも映りましたし。笑

 

初優勝を逃し、2週連続2位となった吉本ひかる選手も、今後の活躍が十分期待できる内容で、先は明るいと感じました。ただ、昨年の小祝さくら選手の例もあるように、できるだけ早く優勝を手にしておきたいでしょうね。

ホール別クラブ選択

15番 416yds par4

  • 大江香織:残り192yds  5W
  • 吉本ひかる:残り184yds 5W

16番 480yds par5

  • 渋野日向子:残り208yds
  • 大江香織:残り235yds(2打目) / 残り60yds(3打目) 50°ウェッジ
  • 吉本ひかる:残り236yds 5W(2打目) / 残り65yds(3打目) 50°ウェッジ

17番 172yds(実測156yds) par3

  • 成田美寿々:6i
  • 鈴木愛:6i
  • 渋野日向子:6i
  • 大江香織:4UT
  • 吉本ひかる:4UT

18番 380yds par4

  • 鈴木愛:残り137yds 7i
  • 渋野日向子:残り135yds
  • 勝みなみ:残り127yds
  • 大江香織:残り144yds 4UT
  • 吉本ひかる:残り140yds 5UT
  • 上田桃子:残り127yds 8i
最終結果

1位 -8
申ジエ

 

2位タイ -6
吉本ひかる
渋野日向子
鈴木愛

 

5位タイ -5
大江香織
西木 裕紀子
成田美寿々
新垣比菜
勝みなみ
藤田光里

 

16位タイ -3
永井花奈

 

26位タイ +1
三ヶ島かな

 

ベストアマは星川ひなの選手が獲得しました。

 

残念ながら、辻梨恵選手、原英莉花選手、三浦桃香選手、植田希実子選手、小橋絵利子選手は予選落ちでした。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-9866862135715968"
data-ad-slot="5414763774"
data-ad-format="auto">

スポンサードリンク

 

第37回 フジサンケイレディスクラシック【結果と成績】

第37回  フジサンケイレディスクラシック

今年も、「世界のベストコース・ベスト100」に選出されている川奈ホテルゴルフコース・富士コースで開催されました。

 

すっかりおなじみとなったコースなので、テレビ中継を見ていても、選手のコースマネジメントを楽しむというメリットもできますね。

 

そして、15番や16番の美しいホールロケーションも欠かせないものになっています。

  • 開催日:2018年4月18日~20日
  • 開催コース:川奈ホテルゴルフコース 富士コース((静岡県 6,376yds / par71)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:スバル・レヴォーグ

名門コースでプレーする夢を叶えます!

最終日

ほぼ無風というコンディションの中、爆発的なスコアを出す選手が登場すると、優勝の行方が全く見えなくなると感じた最終日です。

 

前日トップの上田桃子選手に代わり14番で首位に立ったのが、初優勝を目指す永峰咲希選手でした。

 

ここまで5バーディー・ノーボギーと、素晴らしい内容のゴルフを展開していました。その後、16番でもバーディーとし、ほぼ初優勝を手中に収めたかに見えたのですが、最終ホールでまさかのボギー。

 

10アンダーでフィニッシュしている菊地絵理香選手と並びました。

 

そして、3位の松森杏佳選手がバーディーととれば、3人並んでプレーオフに・・・というところで、まさかの放送終了・・・。

 

中継はBSに受け継がれましたが、BS視聴環境にないので、結果はLPGAの公式サイトで確認することになってしまいました。

 

ライブ中継は本当に素晴らしいんですが、こういう事態になるのがネックですよね。本当にこのスポーツ中継問題はどうにかしてほしいものです。

 

結局、プレーオフ2ホールめをパーとした永峰咲希選手が、ツアー初優勝を飾りました。18番での3パットボギーで崩れることなく、気持ちをしっかり切り替えたあたりは素晴らしいですね。

 

安定して上位に顔を出していた選手なので、これをきっかけに、ポンポンと勝利を重ねていきそうな気がします。

  • 松森杏佳選手は昨年3位、今年位と川奈ホテルゴルフコース 富士コースとの相性の良さを感じさせます。
  • 優勝も狙えた位置にいた勝みなみ選手は、16番と17番のパッティングで自滅してしまいました。やはりパットイズマネーの格言通りですね。
  • 17番のホールインワン達成者は一人だけでしたので、幡野夏生選手が800万円をゲットしました。
ホール別クラブ選択

13番 347yds par4

  • 上田桃子:残り109yds 50°ウェッジ

14番 347yds par4

  • 永峰咲希:残り-yds PW
  • 上田桃子:残り117yds PW
  • 松森杏佳:残り-yds PW

15番 416yds par4

  • 菊地絵理香:残り203yds 5W
  • 永峰咲希:残184yds 5UT
  • 松森杏佳:残り164yds 6i
  • 上田桃子:残り160yds 7i
  • 成田美寿々:残り157yds 7i

16番 480yds par5

  • 菊地絵理香:残り184yds 5W
  • 葭葉ルミ:残り185yds 4UT
  • 永峰咲希:残り180yds 5UT
  • 成田美寿々:残り200yds UT
  • 松森杏佳:残り179yds 5UT
  • 上田桃子:残り185yds 4UT

17番 172yds(実測155yds) par3

  • 勝みなみ:5i
  • 菊地絵理香:6i
  • 永峰咲希:6UT
  • 葭葉ルミ:7i
  • 松森杏佳:6UT
  • 成田美寿々:6i
  • 上田桃子:6i

18番 380yds par4

  • 菊地絵理香:残り138yds 7i
  • 永峰咲希:残り132yds 8i
  • 松森杏佳:残り160yds

2日め

初夏のような日差しが照り注ぎ、例年通りの風が吹く川奈です。

 

ライブ中継はやはり臨場感が違うのでありがたいんですが、途中で放送終了となるのはつらいですね。

 

プロ野球中継でも何回もがっかりしましたが、スポーツの生中継はネット放送に移行するなどしてほしいものです。

  • 17番ホールは、2017年シーズンで最も難易度の高かったショートホールだそうです。(アベレージ:3,3606)
  • スティンプメーター:10フィート
  • 初日に17番でホールインワンを達成したのが、ツアーデビュー戦の幡野夏生選手。(5i使用)達成者均等割の賞金が累積されて800万円になっているので、もし他にエースを達成する選手が現れなければ、一人での獲得となります。(過去には下川めぐみ選手が800万円を獲得しています。)
  • 昨年の予選通過スコアは「-1」でしたが、今年は強風も影響しているのか、「+2」となっています。
ホール別クラブ選択

16番 480yds par5

  • 上田桃子:残り214yds 5W
  • テレサ・ルー:残り188yds UT
  • 成田美寿々:残り222yds 5W(2打目) 残り35yds ウェッジ(3打目)

17番 172yds(実測159yds) par3

  • 葭葉ルミ:5i
  • 松森杏佳:UT
  • 上田桃子:4UT
  • 永峰咲希:5UT
  • 成田美寿々:5UT

18番 380yds par4

  • 葭葉ルミ:残り176yds 4UT
  • 松森杏佳:残り171yds UT
最終結果

1位 -10(プレーオフ)
永峰咲希

 

2位 -10(プレーオフ)
菊地絵理香

 

3位タイ -8
松森杏佳
上田桃子

 

5位タイ -7
勝みなみ
青木瀬令奈

 

7位タイ -6
権藤可恋
ジョン・ジェウン
葭葉ルミ
成田美寿々

 

24位タイ -1
辻梨恵
永井花奈

 

29位タイ E
新垣比菜

 

39位タイ +1
三浦桃香
下川めぐみ

 

1位 +10

 

ベストアマは和久井麻由選手が獲得しました。

2日目結果

成田美寿々
1位タイ -8
上田桃子

 

3位 -7
松森 杏佳

 

4位 -6
葭葉ルミ

 

5位 -5
永峰咲希

 

6位タイ -4
青木瀬令奈
幡野夏生
菊地絵理香
ささきしょうこ

 

10位タイ -3
勝みなみ
新垣比菜
永井花奈
西山ゆかり
佐伯三貴

 

34位タイ E
辻梨恵

 

49位タイ +2
三浦桃香

 

残念ながら、小橋絵利子選手、江澤亜弥選手は予選落ちとなりました。

第36回 フジサンケイレディスクラシック【結果と成績】

日本ツアーを席捲する韓国人選手がなかなか勝てない大会として知られる当大会。

 

今年も日本人選手の颯爽とした優勝姿を見せつけてほしいですね。

 

第36回 フジサンケイレディースクラシック

  • 開催日:2017年4月21日~23日
  • 開催コース:川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県 6,367yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:スバルXV

最終日

テレビ放送は前日に続き生放送ということで、非常に臨場感あふれる戦いを見ることができました。

 

イーブンパーでも予選を通過できないというハイレベルな大会の最終日らしく、佐伯三貴選手が「66」、香妻琴乃選手が「67」を叩き出しています。

 

試合の方は、ツアー初優勝を狙う堀琴音選手が思ったようにスコアを伸ばせず優勝争いから脱落します。

 

最終日最終組を6回経験しているそうですが、3パットを2回もしてしまうあたり、その経験を活かしきれていないことが今後の大きな課題になってくるでしょうね。

 

早い段階で勝っておかないと「また勝てないかも?」というネガティブなメンタルに支配されかねません。技術だけでなく戦略やメンタルについてもう一度練り直す時期のような気がしますね。

 

そして優勝は吉田弓美子選手。今季は予選通過もままならない状態に加え、背中の痛みがあったにもかかわらず2年ぶりの優勝を飾りました。16番のパーセーブのロングパットを決めた時点で「今週は自分の週だ」と感じたんじゃないでしょうか。

 

いつも笑顔で明るくプレイする姿は本当に爽やかで、女子プロ全員の模範となるような選手だと思います。

 

ミスしたらすぐに不機嫌になる選手は、吉田選手の姿勢を見習ってほしいのと、明石家さんまさんの「落ち込むやつは自分の実力を過信しすぎ」という言葉を胸に刻んでほしいですね。

 

下手だからミスをするわけで、そんな自分に腹をたてるのは試合後でいいんですよ。ギャラリーが見ているということを忘れずにプレーすることを徹底してほしいですね。自分の姿を多くのジュニアも見ていることを失念せずに、憧れられる選手になってほしいものです。

ホール別クラブ選択

14番 347yds par4

  • 松森杏佳:残り122yds
  • 吉田弓美子:9i
  • 堀琴音:9i
  • 藤本麻子:PW

15番 416yds par4

  • 松森杏佳:残り207yds
  • 吉田弓美子:残り197yds
  • 堀琴音:残り186yds 4UT
  • 藤本麻子:残り184yds 7W

16番 480yds par5

  • 鈴木愛:残り218yds
  • 松森彩夏:残り219yds 3W
  • 堀琴音:残り217yds 3W
  • 藤本麻子:残り203yds 3W

17番 172yds par3

  • 鈴木愛:5UT
  • 松森杏佳:6i
  • 吉田弓美子:6i
  • 堀琴音:5U
  • 藤本麻子:6i

18番 380yds par4

  • 松森杏佳:残り157yds 5I
  • 吉田弓美子:残り134yds 7i
  • 藤本麻子:残り128yds 9i

2日め

67という好スコアをだしたのが松森杏佳、申ジエ、ユン・チェヨン、濱田茉優、諸見里しのぶの5人の選手たちでした。

 

過去8回は逆転劇と、混戦が予想される最終日にはどんなスコアが出るのか楽しみですね。

 

マンデーから1位タイで突破の小川陽子選手は、2014年プロ入会でプロ通算4試合目だそうです。女子ツアー初のマンデーからの優勝もありえる位置なので、ぜひ狙ってほしいですね。

 

吉田弓美子選手は背中に痛みがあって先週棄権したのにもかかわらず1位タイでのフィニッシュ。テーピングで固めているとはいえ、痛みや違和感があるはずなんですが、それを感じさせない笑顔でのラウンドは頭が下がります。

 

吉田選手の姿を見るたびに「これぞ女子プロの鑑だな」と感じますので、愛想がないことで有名な複数のプロには見習ってほしいものですね。

 

松森彩夏・杏佳姉妹が揃って4位タイとしています。最終日も調子をキープして姉妹で上位フィニッシュしてくれると盛り上がりそうです。

 

川満陽香理選手は花粉症なのか、大きなマスクをしてのプレイでした。そういえば吉田弓美子選手も以前は同じようにマスクをしていたのですが、鼻の内側にワセリンを塗ることで花粉症の症状を緩和させたそうで、最近はノーマスクですね。

 

川満陽香理選手もマネしてみても良いかもしれないですね。(*´∀`*)

 

ささきしょうこ選手のショートパンツは、ちょっとやりすぎなんじゃないかと・・・笑。ラウドマウスなので柄が派手なのは良いのですが、あまりにタイトすぎるフォルムなので、ムチムチ体型のささき選手には似合わないと感じました。

ホール別クラブ選択

15番 416yds par4

  • 吉田弓美子:残り168yds
  • 堀琴音:残り171yds

16番 480yds par5

  • 藤本麻子:残り208yds 3W
  • キム・ハヌル:残り220yds 3W

17番 172yds par3(実測157yds)

  • 藤本麻子:6i
  • 堀琴音:UT
  • 吉田弓美子:6i
最終結果

1位 -12
吉田弓美子

 

2位 -9
佐伯三貴

 

3位タイ -8
鈴木愛
松森彩夏
松森杏佳
申ジエ
藤本麻子

 

8位タイ -7
アン・ソンジュ
酒井美紀

 

10位タイ -6
香妻琴乃
永井花奈
成田美寿々
藤田さいき
キム・ハヌル
大西葵
ユン・チェヨン
堀琴音

 

24位タイ -4
藤田光里

 

52位 +3
川満陽香理

 

ベストアマは河本結選手が獲得しました。

2日め結果

1位タイ -9
吉田弓美子
藤本麻子

 

3位 -8
堀琴音

 

4位タイ -7
申ジエ
松森杏佳
小川陽子
松森彩夏

 

8位タイ -6
キム・ハヌル
ユン・チェヨン
濱田茉優
テレサ・ルー
鈴木愛
大西葵
鬼頭桜

 

15位タイ -5
藤田光里

 

34位タイ -2
永井花奈

 

45位タイ -1
川満陽香理

 

残念ながら、三ヶ島かな選手、小橋絵利子選手は予選落ちとなりました。

第35回 フジサンケイレディスクラシック【結果と成績】

熊本地震の影響で中止となった先週の試合から1週間。恒例の川奈でのフジサンケイレディースは、チャリティーという意味も含んだ試合となりました。

 

第35回 フジサンケイレディスクラシック

  • 開催日:2016年4月22日~24日
  • 開催コース:川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県 6,367yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:スバルレヴォーグ

最終日

世界のゴルフコースランキング67位の、川奈での戦いは今年も大混戦。

 

ライブ中継ならではの臨場感が楽しめたサンデーバックナインでした。やっぱりスポーツは生放送に限りますね。

 

初日、2日めとトップに立った笠りつ子選手でしたが、最終日にスコアを伸ばすことが出来ず、その座をアン・ソンンジュ選手に明け渡してしまいました。

 

ところが、最終18番でボギーオンしたアン・ソンジュ選手が、まさかの3パットで、大山志保選手に勝ちが転がり込んできました。10年ぶり2回めのフジサンケイ優勝です。

 

プレーオフの準備をしていた大山選手の、優勝を伝えられたときの「え?勝ったの?」という表情が、意外性の高かった結末を表していましたね。

 

やはり最終日に68というスコアを出しておくと、優勝する芽があるということなんでしょう。九州出身の大山選手の執念が、ゴルフの神様を振り向かせたのかもしれません。

 

熊本県出身の、一ノ瀬優希選手、豊永志帆選手、上田桃子選手も予選通過を果たし、地元にその気持を届けてくれました。

ホール別クラブ選択

14番 347yds par4

  • 笠りつ子:残り118yds
  • 原江里菜:残り118yds
  • アン・ソンジュ:残り113yds

15番 416yds par4

  • 原江里菜:残り186yds 7W
  • アン・ソンジュ:残り169yds 7i
  • 笠りつ子:残り157yds 8i

16番 480yds par5

  • 大山志保:残り172yds
  • 原江里菜:残り197yds 5W
  • アン・ソンジュ:残り183yds UT
  • 笠りつ子:残り180yds UT

17番 172yds par3

  • 大山志保:6i
  • 原江里菜:5i
  • アン・ソンジュ:6i
  • 笠りつ子:7i

18番 380yds par4

  • 渡邉彩香:残り130yds 9i
  • 大山志保:残り131yds 8i
  • アン・ソンジュ:残り152yds
  • 原江里菜:残り146yds 6i
  • 笠りつ子:残り125yds

3日め

熊本出身の笠りつ子選手が、5バーディー・1ボギーの通算10アンダー。強い気持ちとともに首位に立っています。

 

中継のフジテレビも、解説に平瀬真由美さん、笠りつ子の組のラウンドレポーターに馬場ゆかり選手と、熊本&九州出身プロで現地にエールを届けていましたし、同じく熊本出身の上田桃子選手、野口彩未選手も予選通過し、最終日に進みました。

 

そして、ラウンド後アテストしたらすぐに、チャリティーサイン会場に直行する選手たちの姿勢が、被災地のちからになればいいですね

 

一方、その九州勢を迎え撃つのは地元静岡出身の渡邉彩香選手、ディフェンディングチャンピオンの藤田光里選手などなど。

 

日曜日の大逆転もありえますので、アグレッシブなプレイで、おおいに盛り上げてほしいです。

  • 平瀬真由美さんいわく、若林舞衣子選手は、何か自分自身の周りに変化があったあとの試合は調子が良いそうです。髪の毛をバッサリ切ったり、引っ越しをしたあとの試合で2位になっているそうで、結婚したての今週も上位入賞が期待できるかもしれませんね。
  • アン・ソンジュ選手が、8バーディー・ノーボギーの64。コースレコードタイで2位につけています。
  • イ・ボミ選手の、18番のランが出てピンにあたったバンカーショットは、8番アイアンで打ったとのことです。
ホール別クラブ選択

9番 155yds(実測145yds) par3

  • イ・ボミ:8i

17番 172yds par3

  • 黄アルム:U5

18番 380yds par4

  • イ・ボミ:残り131yds 8i
  • 黄アルム:残り162yds UT
  • 笠りつ子:残り139yds
  • 大山志保:残り132yds
最終結果

1位 -11
大山志保

 

2位タイ -10
アン・ソンジュ
笠りつ子

 

4位タイ -9
原江里菜
渡邉彩香
イ・ボミ

 

7位タイ -7
松森彩夏
ペ・ヒギョン
鈴木愛

 

10位タイ -6
柏原明日架
黄アルム

 

12位タイ -5
藤田光里

 

25位タイ -2
斉藤愛璃

 

42位タイ -2
吉野茜

 

ベストアマは、6オーバー48位タイで山口すず夏さんが獲得しました。

3日め結果

1位 -10
笠りつ子

 

2位 -9
アン・ソンジュ

 

3位タイ -8
原江里菜
イ・ボミ
若林舞衣子

 

6位 -7
大山志保

 

7位タイ -6
表純子
鈴木愛
黄アルム

 

10位タイ -5
平野ジェニファー
酒井美紀
藤田光里
ペ・ヒギョン
柳澤美冴
渡邉彩香
西山ゆかり

 

17位タイ -4
松森彩夏

 

21位タイ -3
斉藤愛璃

 

28位タイ -2
吉野茜

 

残念ながら、森美穂選手、古屋京子選手は予選落ちとなりました。

第34回 フジサンケイレディスクラシック【結果と成績】

第34回  フジサンケイレディスクラシック

川奈に舞台を移してから11回めを迎える今年は、通算34回大会となりました。

 

すっかり女子ツアーの川奈開催というのが定着して、毎年スリリングをプレイが見ることができていますね。地上波放送が生放送で行われるというのも、素晴らしいです!

  • 開催日:2015年4月24日~26日
  • 開催コース:川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県 6,367yds / par72)
  • 優勝賞金:1,440万円
  • 優勝副賞:スバル レガシー アウトバックリミテッド / 東芝製品200万円分

最終日

一時期は、トップから2打差まで11人がひしめき合うという大混戦で、まさに「誰が勝ってもおかしくない」という状況でしたね。

 

終盤にきてから、6アンダーでトップに6人が並ぶという場面もあって、テレビ画面を見ているだけでも興奮しました。

 

そして、5回目の最終日最終組の藤田光里選手が、最終ホールでカラーからのバーディーパットを決めて、見事初優勝!

 

ガッツポーズからキャディさんと抱き合い、喜びの涙を流したのは感動的なシーンでした。

番手別飛距離

藤田光里

  • 5i 170yds
  • 6i 160yds
  • 7i 150yds
  • 15番ホール 残り164yds 5i使用(最終日)
  • 16番ホール 残り230yds 4W使用(最終日)
  • 17番ホール 172yds(実測157yds) 6i使用(最終日)
  • 18番ホール 残り136yds 7i使用(最終日)

松森彩夏

  • U4 180yds
  • 5i 170yds
  • 6i 160yds
  • 7i 150yds
  • 8i 135yds
  • 16番ホール 残り112yds 9i使用(3日め)
  • 17番ホール 172yds(実測161yds) 5i使用(3日め)・172yds(実測157yds) 6i使用(最終日)
  • 18番ホール 残り144yds 8i使用(3日め)・残り129yds 8i(最終日)

一之瀬優希

  • U4 170yds
  • 5i 160yds
  • 6i 150yds
  • 7i 140yds
  • 8i 130yds
  • 15番ホール 残り166yds 5i使用(最終日)
  • 17番ホール 172yds(実測157yds) 5i使用(最終日)
  • 18番ホール 残り134yds 7i使用(3日め)・残り137yds 7i(最終日)

表純子

  • U5 175yds
  • U6 165yds
  • 7i 145yds
  • 17番ホール 172yds(実測157yds) U6使用(最終日)
  • 18番ホール 残り135yds 7i使用(3日め・最終日)

イ・ボミ

  • U4 185yds
  • U5 175yds
  • 6i 160yds
  • 17番ホール 172yds(実測157yds) U5使用(最終日)
  • 18番ホール 残り129yds 9i使用(最終日)

金ナリ

  • 6i 170yds
  • 7i 160yds
  • 8i 150yds
  • 16番ホール 残り229yds 3W使用(最終日)
  • 17番ホール 172yds(実測157yds) 7i使用(最終日)
  • 18番ホール 残り155 7i使用(最終日)

原江里菜

  • U4 180yds
  • U5 160yds
  • 6i 150yds
  • 7i 140yds
  • 8i 130yds
  • 17番ホール 172yds(実測161yds) U5使用(3日め)
  • 18番ホール 残り133yds 8i使用(3日め)

渡邊彩香

  • 18番ホール 残り120yds PW使用(3日め)

西山ゆかり

  • 5i 160yds
  • 6i 150yds
  • 7i 140yds
  • 17番ホール 172yds(実測161yds) 6i使用(3日め)

ジョンミジョン

  • 6i 155yds
  • 7i 145yds
  • 8i 135yds
  • 18番ホール 残り136yds 7i使用(3日め)

3日め

上位陣のホールバイホールのスコアを見ていると、バーディーを示す赤丸でいっぱいでした。

 

金ナリ選手は前半で5バーディー、一ノ瀬 優希選手、渡邊彩香選手、イ・ボミ選手、斎藤裕子選手らも3バーディーを奪取しています。

 

初日トップの松森彩夏選手もバーディースタートと、見ているギャラリーも盛り上がっていたことでしょう。

 

それにしても、テーラーメイドは美人プロを中心に契約する方針でもあるんでしょうか?

 

お馴染みの諸見里しのぶ選手をはじめ、斉藤愛璃、竹村真琴、松森彩夏、江澤亜弥、大西葵ときて、村口史子さんや東尾理子さんまで。正直、ルックスで選んでいると言われても仕方ないような・・・(笑)

 

あとは、植田希実子、高島早百合、井上莉花など各選手を契約すれば、一大美人チームが完成してしまいますね。ちょっと期待しておこうかな。

 

海外勢ではジェシカ・コルダもですね。

 

試合のほうは、一之瀬優希選手が5バーディー・ノーボギーの67でトップに立ちました。左肩のケガも少しづつ回復しているようで、今季初優勝の可能性も高いかもしれません。個人的には藤田光里選手の勝利を期待しているんですけどね。

最終結果

1位 -7
藤田光里

 

2位タイ -6
金ナリ
一ノ瀬優希
イ・ボミ
松森彩夏
表純子

 

7位タイ -5
成田美寿々
酒井美紀
カン・スーヨン
原江里菜
金井智子

3日め結果

1位 -7
一ノ瀬優希

 

2位 -5
金ナリ

 

3位タイ -4
藤田光里
金井智子
原江里菜
表純子
松森彩夏

 

8位 -3
三塚優子

 

9位タイ -2
イ・ボミ
イ・チヒ
金田久美子
山本薫里
テレサ・ルー
カンスーヨン
渡邉彩香

 

岡村咲選手、諸見里しのぶ選手、斉藤愛璃選手、香妻琴乃選手は予選落ちでした。

第33回 フジサンケイレディスクラシック【結果と成績】

第33回  フジサンケイレディスクラシック

  • 優勝賞金:¥14,400,000
  • 優勝副賞:スバルレヴォーグ
  • 開催日程:4月25日~27日
  • 開催コース:川奈ホテルゴルフコース 富士コース

最終日

ゴールデンウィークとしては最高の快晴の中、最終日をむかえました。

 

富士山もキレイにみえていて、ギャラリーはプレイだけでなく景色も楽しめたんじゃないでしょうか。

 

さて、試合のほうはフェービー・ヤオ選手が優勝。21歳の女子大生らしい、幼さが残る笑顔とナチュラルメイクがかわいらしいですね。

 

台湾も風が強いそうで、川奈の風を上手に攻略できたのかもしれません。4バーディーノーボギーというのも素晴らしかったですね!

 

日本でも活躍した曽秀鳳(ソシュウホウ)さんがコーチらしいので、強い台湾勢の巻き返しのきっかけになる中心選手になって、ツアーを盛り上げてほしいものです。日本語を覚えたらもっともっとリラックスしてプレイできるかも?

 

さて、もうひとり、試合を盛り上げたのが立命館大学ゴルフ部出身の園田絵里子選手。

 

マンデーから上がってきた選手が優勝したことはなく、史上初の選手になれるか?というところでしたが、あがり4ホールで4オーバーと失速。

 

ただ、前週は森田理香子選手のキャディをしたそうで、かなり勉強になったのではないでしょうか。それがプレイに反映された結果が今週の好成績に繋がっているんだと思います。

 

パターを緩まずに打てているのも、これからどんどん強くなっていく予感をさせてくれます。

 

同期の酒井美紀選手のほうが実績を残しているので、これから追いつき追い越せで頑張って欲しいですね。

 

クラブ別飛距離

  • 5i:170yds
  • 6i:160yds
  • 7i:150yds

ちなみに男子でのマンデーからの優勝は、2004年の「ABCチャンピオンシップゴルフトーナメント」で井上信選手が達成しています。

 

他にもいるのかなと思って調べたら、

  • 1979年フジサンケイクラシック:佐藤昌一選手
  • 1985年三菱ギャラン:ブライアン・ジョーンズ選手

の2選手がいました。

 

そして、比嘉真美子選手も底力を発揮しましたね。

 

3番から9番まで7連続バーディーで、13番と14番もバーディーを奪取しています。17番トリプルボギーが残念でしたが、昨年2勝の実力をみせてくれました。沖縄出身だけあって、強風と高麗芝のグリーンは得意なのかも?

 

クラブ別飛距離

  • 6i:175yds
  • 7i:165yds
  • 8i:150yds

連続バーディーのLPGAの記録は8連続で、ラストはイーグルだそうです。

 

それにしても、16番のグリーンの形がヌーブラに見えて仕方ない私は、ちょっと病んでいるんでしょうか?(笑)

 

相変わらず戸張捷氏は解説の森口祐子さんを前に、プレイ内容の解説をしてしまうという厚顔無恥さを炸裂させてましたね。永久シード選手の前で、よくプレイ内容の解説できるな~、鋼鉄の心臓だなといつも思います。

 

何年も前から多くの人に同じようなこと言われているので、もうそろそろ、他の人材を放送局も見つけるべきなんじゃないですかね。

 

もしくは副音声でタケ小山さんのおもしろ解説を流してもらって、視聴者はどちらかを選択出来るようにするとこしてほしいものです。

2日め

川奈ホテルゴルフコース 富士コースといえば、世界のベスト100にはいるコースで、

  • 海がはっきり見える
  • 波の音がよく聞こえる
  • 高麗グリーンと重い潮風

これが選手の気分を上げ下げしますよね。

 

調子の良いときは景色も楽しめるんでしょうけど、調子が悪い時はそれどころじゃないんでしょうね。これはプロでもアマでも同じかもしれません。

各ホールについて

フジサンケイレディスクラシック

 

15番 416yds par4

 

今日、このホールでバーディーをとったのは永井奈都選手のみ

 

16番 480yds par5

 

酒井美紀選手とキャディさんとの会話がしっかり聞こえていて、かなり面白かったですね。

 

「あの谷は越えたい」という発言から、優先順位をどうやって決めるかなどが予想されて、参考になりました。

 

酒井美紀選手のクラブ飛距離

  • 5i:170yds
  • 6i:160yds
  • 7i:150yds

17番 172yds par3 実測161yds

 

ホールインワン賞金は500万円

 

吉田弓美子選手は50センチにつけてました。グッドショットでしたね!

 

園田絵里子選手は、長い距離のバーディーパットを見事カップイン。左に曲がるラインを完璧に読みきったあの感じは、タイガーのゾーンに入っているときのパッティングを彷彿とさせましたね。

 

ちなみに園田選手は「我慢、我慢」と言いながらプレイしているそうです。

 

園田絵里子選手のクラブ飛距離

  • 5i:170yds
  • 6i:160yds
  • 7i:150yds

その他のつぶやき

  • 穴井詩選手のウエアの胸のドクロマークはマーク&ロナみたいなんですけど、キスマークなんですよね。黒いアシックスシューズは野球のスパイクみたいにみえたので、女性向きではないのかも?
  • 横峯さくら選手はダンナさんもギャラリーとしてついていたが、残念ながら予選落ちとなってしまいました。
  • ホールインワン賞を案内していた、2014年旭化成グループキャンペーンモデル 久慈暁子(くじ あきこ)ちゃんはかわいいですね!
最終成績

1位-9
フェービー・ヤオ

 

2位タイ -4
成田美寿々
比嘉真美子

 

4位タイ -3
酒井美紀
園田絵里子

 

6位-2
イ・ジウ

 

7位タイ -1
J.スピーチリー
井芹美保子
リ・エスド

 

10位タイ E
北田瑠衣
福田裕子
辻梨恵
テレサ・ルー
森田理香子
土田沙弥香
姜秀衍(カン・スーヨン)
大山志保

 

18位タイ +1
諸見里しのぶ
藤田光里

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「第32回 ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「第12回 ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
「第9回 Tポイント×ENEOS ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 2019 【試合結果とまとめ】
「第7回 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ヤマハレディースオープン葛城 2019 【試合結果とまとめ】
「ヤマハレディースオープン葛城」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
スタジオアリス女子オープン 2018 【試合結果とまとめ】
「スタジオアリス女子オープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
KKT杯バンテリンレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「KKT杯バンテリンレディスオープン 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント【試合結果とまとめ】
「第1回 パナソニックオープンレディースゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。選手のクラブ選択情報などもご紹介しています。
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ほけんの窓口レディース 2019 【試合結果とまとめ】
「ほけんの窓口レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2019 【試合結果とまとめ】
「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
リゾートトラストレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「リゾートトラストレディス2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
ヨネックスレディスゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「ヨネックスレディスゴルフトーナメント2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント2019」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニチレイレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「ニチレイレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
アース・モンダミンカップ 2019 【試合結果とまとめ】
「アース・モンダミンカップ 2018」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
第1回 資生堂 アネッサ レディスオープン 【試合結果とまとめ】
「資生堂 アネッサ レディスオープン 」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の成績結果などもご紹介しています。
ニッポンハムレディスクラシック 2019 【試合結果とまとめ】
「ニッポンハムレディスクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。
センチュリー21レディスゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大東建託・いい部屋ネットレディス 2019 【試合結果とまとめ】
「大東建託・いい部屋ネットレディス」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
北海道 meiji カップ 2019 【試合結果とまとめ】
「北海道 meiji カップ 」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
CAT Ladies 2019 【試合結果とまとめ】
「CAT Ladies」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ニトリレディスゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「ニトリレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 2019 【試合結果とまとめ】
「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
デサントレディース東海クラシック 2019 【試合結果とまとめ】
「デサントレディース東海クラシック」「マンシングウェアレディース東海クラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
日本女子オープンゴルフ選手権 2019 【試合結果とまとめ】
「日本女子オープンゴルフ選手権」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
スタンレーレディスゴルフトーナメント 2019 【試合結果とまとめ】
「スタンレーレディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
富士通レディース 2018 【試合結果とまとめ】
「富士通レディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 2018 【試合結果とまとめ】
「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
TOTOジャパンクラシック 2018 【試合結果とまとめ】
「TOTOジャパンクラシック」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
伊藤園レディスゴルフトーナメント 2018 【試合結果とまとめ】
「伊藤園レディスゴルフトーナメント」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
大王製紙エリエールレディスオープン 2018 【試合結果とまとめ】
「大王製紙エリエールレディスオープン」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 2018 【試合結果とまとめ】
「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」について。最終成績やプレーのことなどをあれこれと。過去大会の様子や成績結果もご紹介しています。
2014女子ツアー 賞金シード選手一覧
2014シーズンのLPGA女子ツアー賞金シード選手をご紹介します。
女子ステップアップツアー 2014
2014シーズンの女子下部ツアー(ステップアップツアー)のスケジュールをご紹介します。
第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日
「第5回 日医工女子オープンゴルフトーナメント 最終日」についてあれこれと。