スポンサードリンク

ゼクシオ8ドライバー 評価

XXIO(ゼクシオ)の初代のドライバーって、実は高反発のフェイスではなかったんですよね。

 

で、高反発ドライバーがルール規制を受けた時に、なんとなく中古の初代ゼクシオを買ってきて、シャフトをグラファイトデザインのW60のい差し替えて使ってみたんですが

 

「なんという打ちやすさなんだ、これは!!!」

 

と驚愕したことがあります。長らくミズノ契約だった中嶋常幸さんが、このモデルに変更して「使ったことこのないクラブでも、こんなに優秀なものがあったんですね」と語っていたのも印象的でした。

 

で、当時は爆発的に売れていたゼクシオも「3代目くらいで終了するのかな?」と思っていたのですが、なんと現在は8代目に!

 

2年に1度のモデルチェンジですから16年もの間、ナンバーワンの売れ筋となっているんよね。これは本当にすごい!キャロウェイの販売元になっていたときに、いろんなテクノロジーを学んだということも大きいと思いますが、日本3大メーカーの中では、頭ひとつ抜けた存在になっていることは間違いないと思います。

 

さて、前振りが長くなりましたが、XXIO8ドライバーの試打レビューを。

 

XXIO8ドライバー

 

試打スペックは

  • ロフト10,5度
  • シャフト:MP800 / R

ということで、私にとってはかなりのアンダースペックでした。総重量も実測274グラムでしたし・・・。

 

なので、かなり抑えめにスイングして、ヘッドスピードが37~8m/sくらいになる感覚で打ってみました。

 

まず、打感は「かなりの弾き感があるな」という印象です。爽快な高温の打音で球離れも早いのですが、しっかり掴まってくれます。しかも球が簡単に上がってくれるんですよね。

 

ロフト10,5度表記でしたが、フェイスの見え方からしてもプラス1度以上ある感じがしました。ただ、多めのロフトですが、打ち出しが高いというよりも適正スピン量でしっかり上がってくれるというイメージです。

 

私はドローヒッターなので、ここまで掴まってくれるとちょっとフックを警戒してしまいますが、スライサーで球が上がらない人とか、スピン量が少なくドロップして飛距離をロスしてくれる人にとっては、かなりのお助けクラブになると思います。

 

さすがロングヒットブランドだけあって、うまく作っていますね。ヘッド重量を重くして、ボールとの衝突エネルギーをアップさせることで飛ばしにつなげるというコンセプトは、ピンのドライバーと同じ発想になっています。フックフェイスなのはゼクシオの伝統なので、まぁ受け入れることにしましょう(笑)

 

気になるのは総重量で、「ちょっと軽すぎるんじゃないかな?」と思いました。シニア層がターゲットになっている「ゼクシオプライム」と同じ重量っていうのは、ちょっとやり過ぎかなと・・・。

 

あと、シャフトも柔らかめなので、ヘッドスピードが40m/sくらいあるならSシャフトでも全く問題なく振れると思います。重量もRよりも5g重くなるだけですので、一般的な体力の男性なら完璧に使いこなせますね。

 

確実に言えることは、前モデルの「ゼクシオ7」よりも飛ぶということでしょうか。掴まり具合も適正範囲になった感覚がありますし、「ナチュラルなドローが打ちたい」というスライサーには最適だと思います。

 

ちなみに、ヘッドとシャフトのカラーは、無料でカスタムオーダーが可能なようです。(レッドとイエロー)。それから、このドライバーがロフトやライの調整機能はついていません。

  • 発売:2014年1月7日
  • 価格:¥80,000
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:272g(MP800 / R)
  • ロフト角:8.5、9.5、10.5、11.5、12.5°
  • クラブ長さ:45.5インチ

XXIO8(ゼクシオエイト) ドライバーを楽天市場で探すならこちらから

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

飛ぶドライバー2018
2018モデルのぶっ飛びドライバーをご紹介します。
飛ぶドライバー2016 アスリートゴルファー向け
ヘッドスピードの速いアスリートゴルファー向けの、2016モデルぶっ飛びドライバーをご紹介します。シャフトのチョイス次第で、一般的なゴルファーにも使えるモデルもありますよ。
飛ぶドライバー2016 アベレージゴルファー向け
「ドライバーは飛んでナンボ」というゴルファーの思いを実現するための、2016モデルのドライバーをご紹介します。
飛ぶドライバー2015 アスリートゴルファー向け
ヘッドスピードの速いアスリートゴルファー向けのぶっ飛びドライバーをご紹介します。シャフトのチョイス次第で、一般的なゴルファーにも使えるモデルもありますよ。
飛ぶドライバー2015 アベレージゴルファー向け
「ドライバーは飛んでナンボ」というゴルファーの思いを実現するためのドライバーをご紹介します。
sldr ドライバー 飛距離
「ロフトアップで飛ばす」というコンセプトの、テーラーメード「SLDRドライバー」をご紹介します。
x2 hot ドライバー
キャロウェイのドライバー「x2 hot ドライバー」をご紹介します。
コブラ ドライバー 飛距離
4色のヘッドカラーが選べるコブラの「AMP CELL DRIVER」をご紹介します。
キャロウェイ ビッグバーサ アルファ (BIG BERTHA ALPHA)
キャロウェイのハイヘッドスピーダー向けのドライバー「ビッグバーサ アルファ (BIG BERTHA ALPHA)」をご紹介します。
キャロウェイ ビッグバーサ(BIG BERTHA)
キャロウェイの2014モデルドライバー「ビッグバーサ(BIG BERTHA)」をご紹介します。
ロケットボールズ ステージ2 ドライバー
テーラーメイドの2013モデルのドライバー「ロケットボールズ ステージ2 ドライバー」をご紹介します。
XXIO FORGED ゼクシオ フォージド 2013
ダンロップの人気ドライバーのひとつ、「XXIO FORGED ゼクシオ フォージド 2013」をご紹介します。
ミズノ mpクラフト h4
ミズノのアスリート向けのドライバー「mpクラフト h4」をご紹介します。
タイトリスト NEW VG3 ドライバー(2014モデル)
タイトリストの「NEW VG3 ドライバー(2014モデル)」をご紹介します。
ファイズⅢ(PHYZⅢ) ブリヂストンドライバー
ブリヂストンのドライバー「ファイズⅢ(PHYZⅢ) 」をご紹介します。
フォーティーン ゲロンディー CT-214
フォーティーンの長尺ドライバー「ゲロンディー CT-214」のレビューなど。
ナイキ VR_S コバート 2.0 ドライバー
「ナイキ VR_S コバート 2.0 ドライバー」の試打インプレッション、レビューなどを。
タイトリスト 913D2
タイトリストの913D2の試打レビューなど。
ツアーステージ X-DRIVE GR 2014モデル
ブリヂストンスポーツの「ツアーステージ X-DRIVE GR 2014モデル」についてのレビューなどを。
JPX E3(JPX EⅢ) ドライバー
「JPX E3(JPX EⅢ) ドライバー」の試打レビューです。
PING i25 ドライバー
「PING i25 ドライバー」の試打インプレッション&レビューなどを。
ヤマハ インプレス RMX 02
「ヤマハ インプレス RMX 02」の試打レビューとインプレッションを。
フォーティーン ドライバー GelongD CT-214
「フォーティーン ドライバー GelongD CT-214」の試打レビュー、インプレッションを!
プロギア egg1 ドライバー
「プロギア egg1 ドライバー」の試打レビューとインプレッションを!
ミズノ MP CRAFT 513 ドライバー
「ミズノ MP CRAFT 513 ドライバー」のレビューとインプレッションを。
グローブライド オノフドライバー 赤(2014年)
グローブライドの「オノフドライバー 赤 2014年モデル」の試打レビューとインプレッションです。
マルマン MAJESTY VANQUISH-XR ドライバー
マルマンの高級ブランドマジェスティ「VANQUISH-XR ドライバー」の試打レビューとインプレッションです。
ヨネックス EZONE XPドライバー
RED DEVILの異名をとる「ヨネックス EZONE XPドライバー」の試打レビューとインプレッションです。