スポンサードリンク

sldrドライバー 評価

テーラーメードのSLDRドライバー。

 

sldrドライバー

発売:2013年9月13日
価格:¥68,250(本体価格¥65,000)~
ヘッド体積:460cc
クラブ重量:314g(TM1-114 / S)
ロフト角:8、9.5、10.5°
クラブ長さ:45.5インチ(TM1-114)

このドライバー低スピンで飛ばすというコンセプトになっていますが、注意すべき点は

 

「多めのロフトを選ぶ」

 

ということですね。

 

テーラーメードも「ロフト角をあげて飛ばす時代がやってきた」というキャッチコピーで展開していますから、ここは日本のアマチュアゴルファーが取り憑かれている「ロフト9度」の固定概念を打ち壊してほしいものです。

 

PGAツアーの選手も10,5度を選ぶ人が多いということなので、アマチュアならなおのことこれを守って欲しいですね。

 

なぜなら、低スピン設計なのに少なめのロフトを選ぶとドロップして飛距離をロスする可能性も高くなりますから。

 

感覚としてはヘッドスピードが45m/s以下ならば10,5度を選ぶのが妥当だと思います。まずこのロフトを選んでおいて、ロフト調整機能で減らして行くのがベターではないでしょうか。

 

ロフトを±1.5度調整できるので10,5度を選んでも9度まで下げることができます。コレ以上立っているロフトは最近の飛ばし理論から外れるので必要ないでしょう。

 

もちろんシャフトによっても結果が変わってくるのは間違いないですが、ヘッドの選び方としてはこれが最も良い方法だと思います。

 

プロパーのシャフトはTM1-114(45.5インチ)です。こちらは中調子ですが、元調子が合う自分にも振りやすいシャフトでした。

 

純正シャフト以外にも、

  • Motore SP 661
  • Motore SP 757
  • ATTAS 5GoGo 6
  • ATTAS 5GoGo 7
  • Diamana W 60
  • Diamana W 70

から選択できるようになっています。(45.25インチ / ¥89,250(本体価格¥85,000))

 

さらに12°、14°ロフトモデルは2014年4月中旬発売予定ということなので、球が上がりにくいひとはこちらを選ぶというのもいいかもしれません。

 

ちなみに私が選ぶとしたら「ロフト10,5度 シャフト:Diamana W 60」というスペックですね。もちろんロフト12度という選択肢も考えています。

 

PGAツアーのプロがこぞって10,5度を選んでいるなら、アマチュアの我々は12度のほうがベターな気がするので。

 

それから、SLDRドライバーには430ccヘッドの「SLDR 430 TOUR PREFERRED」というタイプもラインナップされています。

 

こちらもカチャカチャ付きで、ロフトは表示ロフトを基準に±1.5°の範囲で12通りのポジションから選択する事が可能になっていますよ。

 

テーラーメード SLDRドライバーを楽天市場で探すならこちらから

 

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

飛ぶドライバー2018
2018モデルのぶっ飛びドライバーをご紹介します。
飛ぶドライバー2016 アスリートゴルファー向け
ヘッドスピードの速いアスリートゴルファー向けの、2016モデルぶっ飛びドライバーをご紹介します。シャフトのチョイス次第で、一般的なゴルファーにも使えるモデルもありますよ。
飛ぶドライバー2016 アベレージゴルファー向け
「ドライバーは飛んでナンボ」というゴルファーの思いを実現するための、2016モデルのドライバーをご紹介します。
飛ぶドライバー2015 アスリートゴルファー向け
ヘッドスピードの速いアスリートゴルファー向けのぶっ飛びドライバーをご紹介します。シャフトのチョイス次第で、一般的なゴルファーにも使えるモデルもありますよ。
飛ぶドライバー2015 アベレージゴルファー向け
「ドライバーは飛んでナンボ」というゴルファーの思いを実現するためのドライバーをご紹介します。
x2 hot ドライバー
キャロウェイのドライバー「x2 hot ドライバー」をご紹介します。
コブラ ドライバー 飛距離
4色のヘッドカラーが選べるコブラの「AMP CELL DRIVER」をご紹介します。
キャロウェイ ビッグバーサ アルファ (BIG BERTHA ALPHA)
キャロウェイのハイヘッドスピーダー向けのドライバー「ビッグバーサ アルファ (BIG BERTHA ALPHA)」をご紹介します。
キャロウェイ ビッグバーサ(BIG BERTHA)
キャロウェイの2014モデルドライバー「ビッグバーサ(BIG BERTHA)」をご紹介します。
ロケットボールズ ステージ2 ドライバー
テーラーメイドの2013モデルのドライバー「ロケットボールズ ステージ2 ドライバー」をご紹介します。
XXIO FORGED ゼクシオ フォージド 2013
ダンロップの人気ドライバーのひとつ、「XXIO FORGED ゼクシオ フォージド 2013」をご紹介します。
ミズノ mpクラフト h4
ミズノのアスリート向けのドライバー「mpクラフト h4」をご紹介します。
タイトリスト NEW VG3 ドライバー(2014モデル)
タイトリストの「NEW VG3 ドライバー(2014モデル)」をご紹介します。
ファイズⅢ(PHYZⅢ) ブリヂストンドライバー
ブリヂストンのドライバー「ファイズⅢ(PHYZⅢ) 」をご紹介します。
フォーティーン ゲロンディー CT-214
フォーティーンの長尺ドライバー「ゲロンディー CT-214」のレビューなど。
ナイキ VR_S コバート 2.0 ドライバー
「ナイキ VR_S コバート 2.0 ドライバー」の試打インプレッション、レビューなどを。
タイトリスト 913D2
タイトリストの913D2の試打レビューなど。
ツアーステージ X-DRIVE GR 2014モデル
ブリヂストンスポーツの「ツアーステージ X-DRIVE GR 2014モデル」についてのレビューなどを。
xxio8(ゼクシオ8) ドライバー
「xxio8(ゼクシオ8) ドライバー」の試打レビューです。
JPX E3(JPX EⅢ) ドライバー
「JPX E3(JPX EⅢ) ドライバー」の試打レビューです。
PING i25 ドライバー
「PING i25 ドライバー」の試打インプレッション&レビューなどを。
ヤマハ インプレス RMX 02
「ヤマハ インプレス RMX 02」の試打レビューとインプレッションを。
フォーティーン ドライバー GelongD CT-214
「フォーティーン ドライバー GelongD CT-214」の試打レビュー、インプレッションを!
プロギア egg1 ドライバー
「プロギア egg1 ドライバー」の試打レビューとインプレッションを!
ミズノ MP CRAFT 513 ドライバー
「ミズノ MP CRAFT 513 ドライバー」のレビューとインプレッションを。
グローブライド オノフドライバー 赤(2014年)
グローブライドの「オノフドライバー 赤 2014年モデル」の試打レビューとインプレッションです。
マルマン MAJESTY VANQUISH-XR ドライバー
マルマンの高級ブランドマジェスティ「VANQUISH-XR ドライバー」の試打レビューとインプレッションです。
ヨネックス EZONE XPドライバー
RED DEVILの異名をとる「ヨネックス EZONE XPドライバー」の試打レビューとインプレッションです。