スポンサードリンク

ヨネックス EZONE XPドライバー 評価

「THE RED DEVIL」のニックネームを持つドライバー、それが「ヨネックス EZONE XP」です。

 

ヨネックス EZONE XP

 

この呼称の由来はクラウンに描かれたペイントなわけですが、この赤い模様が悪魔の角に見えるということなんでしょうね。

 

プロギアのエッグマンといい、ドライバーの擬人化というのは消費者に伝わりやすいのかもしれません。

 

PINGの重ヘッドと同じようにヘッドが205gと重量のある仕様なのですが、ヘッドが重く感じ過ぎないために、タングステンパウダーグリップでカウンターバランスに仕上げています。

 

ヘッドを重くすることでインパクトエネルギーをアップさせ飛距離につなげ、手元を重くすることでクラブの挙動を安定させるというコンセプトですね。

 

グリップは52グラムですから、一般のグリップと大きく変わらないわけですが、そのうちの20グラムがグリップエンド側に集中しているというのが画期的です。

 

カウンターバランスに仕上げるための器具も発売されていますが、このグリップを装着すていることで、その器具の役割を果たすことになっているようです。

 

また、クラウンはカーボン素材で、ヨネックスのドライバーとしてはお馴染みとなっています。

 

試打してみました。

 

試打スペックは9.5°EX300JのSフレックスです。

 

フェース向き、ライ角、リアルロフトが調整できるカチャカチャがついていますが、掴まるセッティングだと、かなりフックフェイスになってしまうので、若干オープンになるようにセットして打ってみました。やはりこれくらいのフェース向きが個人的には構えやすいですね。

 

打音は「スパーン」という感じで、カーボン複合のカラーがしっかり出ていて、チタン製の金属音よりかなり抑えられた音になっています。ボールをグっと掴んでいるというイメージなので、好きですね。

 

シャフトは「中調子」とありますが、まさにその通りで、真ん中が「グイっ」としなってくれます。しかもしなり戻りも早いので重いヘッドが遅れてくるということもありません。

 

この粘る感じの中調子ならば、手元調子がはまるタイプの人でも、違和感なく振れると思います。

 

トルクもありすぎずなさすぎずで、スクエアにインパクトするためにちょうど良い頃合いだと思います。ヨネックスもシャフト開発に力を注いでいるだけあって、秀逸なシャフトを作っていますね。

 

リシャフト大流行の昨今ですが、自分に合ったシャフトがもともと装着されているなら、リシャフトする必要はないわけで、そういう意味ではこのシャフトはそのまま使っても満足する人は多いんじゃないでしょうか。

 

クラブ総重量はしっかりありますが、300グラムくらいのドライバーを使っている人でも「重くて振れない」ということはないと思います。

 

体感的には、「320グラムもある?」という感じなので、一般的なアベレージモデルと言われるドライバーを使っている人でも十分使えます。

 

ただ、Sシャフトはしっかりめなので、ゼクシオなどを基準にするならば、1フレックスくらいは硬いと思っておいたほうがベターです。ゼクシオでSをつかっているなら、このドライバーならSRもしくはRでも良いくらいでしょう。

  • 発売:2013年12月14日
  • 価格:¥43.000+税
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ重量:320g(EX300J / S)
  • ロフト角:9.5、10.5°
  • クラブ長さ:45.25インチ

「レクシスKAIZAシャフトあり:¥58.000+税

ヨネックス EZONE XPドライバーを楽天市場で探すならこちらから

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

飛ぶドライバー2018
2018モデルのぶっ飛びドライバーをご紹介します。
飛ぶドライバー2016 アスリートゴルファー向け
ヘッドスピードの速いアスリートゴルファー向けの、2016モデルぶっ飛びドライバーをご紹介します。シャフトのチョイス次第で、一般的なゴルファーにも使えるモデルもありますよ。
飛ぶドライバー2016 アベレージゴルファー向け
「ドライバーは飛んでナンボ」というゴルファーの思いを実現するための、2016モデルのドライバーをご紹介します。
飛ぶドライバー2015 アスリートゴルファー向け
ヘッドスピードの速いアスリートゴルファー向けのぶっ飛びドライバーをご紹介します。シャフトのチョイス次第で、一般的なゴルファーにも使えるモデルもありますよ。
飛ぶドライバー2015 アベレージゴルファー向け
「ドライバーは飛んでナンボ」というゴルファーの思いを実現するためのドライバーをご紹介します。
sldr ドライバー 飛距離
「ロフトアップで飛ばす」というコンセプトの、テーラーメード「SLDRドライバー」をご紹介します。
x2 hot ドライバー
キャロウェイのドライバー「x2 hot ドライバー」をご紹介します。
コブラ ドライバー 飛距離
4色のヘッドカラーが選べるコブラの「AMP CELL DRIVER」をご紹介します。
キャロウェイ ビッグバーサ アルファ (BIG BERTHA ALPHA)
キャロウェイのハイヘッドスピーダー向けのドライバー「ビッグバーサ アルファ (BIG BERTHA ALPHA)」をご紹介します。
キャロウェイ ビッグバーサ(BIG BERTHA)
キャロウェイの2014モデルドライバー「ビッグバーサ(BIG BERTHA)」をご紹介します。
ロケットボールズ ステージ2 ドライバー
テーラーメイドの2013モデルのドライバー「ロケットボールズ ステージ2 ドライバー」をご紹介します。
XXIO FORGED ゼクシオ フォージド 2013
ダンロップの人気ドライバーのひとつ、「XXIO FORGED ゼクシオ フォージド 2013」をご紹介します。
ミズノ mpクラフト h4
ミズノのアスリート向けのドライバー「mpクラフト h4」をご紹介します。
タイトリスト NEW VG3 ドライバー(2014モデル)
タイトリストの「NEW VG3 ドライバー(2014モデル)」をご紹介します。
ファイズⅢ(PHYZⅢ) ブリヂストンドライバー
ブリヂストンのドライバー「ファイズⅢ(PHYZⅢ) 」をご紹介します。
フォーティーン ゲロンディー CT-214
フォーティーンの長尺ドライバー「ゲロンディー CT-214」のレビューなど。
ナイキ VR_S コバート 2.0 ドライバー
「ナイキ VR_S コバート 2.0 ドライバー」の試打インプレッション、レビューなどを。
タイトリスト 913D2
タイトリストの913D2の試打レビューなど。
ツアーステージ X-DRIVE GR 2014モデル
ブリヂストンスポーツの「ツアーステージ X-DRIVE GR 2014モデル」についてのレビューなどを。
xxio8(ゼクシオ8) ドライバー
「xxio8(ゼクシオ8) ドライバー」の試打レビューです。
JPX E3(JPX EⅢ) ドライバー
「JPX E3(JPX EⅢ) ドライバー」の試打レビューです。
PING i25 ドライバー
「PING i25 ドライバー」の試打インプレッション&レビューなどを。
ヤマハ インプレス RMX 02
「ヤマハ インプレス RMX 02」の試打レビューとインプレッションを。
フォーティーン ドライバー GelongD CT-214
「フォーティーン ドライバー GelongD CT-214」の試打レビュー、インプレッションを!
プロギア egg1 ドライバー
「プロギア egg1 ドライバー」の試打レビューとインプレッションを!
ミズノ MP CRAFT 513 ドライバー
「ミズノ MP CRAFT 513 ドライバー」のレビューとインプレッションを。
グローブライド オノフドライバー 赤(2014年)
グローブライドの「オノフドライバー 赤 2014年モデル」の試打レビューとインプレッションです。
マルマン MAJESTY VANQUISH-XR ドライバー
マルマンの高級ブランドマジェスティ「VANQUISH-XR ドライバー」の試打レビューとインプレッションです。