スポンサードリンク

コブラ AMP CELL DRIVER 評価

リッキー・ファウラーが使用していることで知られているコブラの「AMP CELL DRIVER」

 

ビビッドカラーが目を引く、いかにもアメリカンなおしゃれなデザインのドライバーです。

 

AMP CELL DRIVER

 

最近の定番とも言える「可変ロフト」のテクノロジー搭載で、4ロフト、2アングルの調整が可能です。

 

このドライバーのカチャカチャはなかなか秀逸で、SmartPad Technology(スマートパッド)というシステムによってロフトを調整しても、アドレス時のフェースアングルをスクエアな状態に保ってくれるのです。

 

ロフトを調整したらオープンになったりクローズになったりすることがないので、アドレスのしやすさは素晴らしいものがありますね。

 

まぁ、個体差で変な方向からシャフトが入っているものもありますが、これはどのメーカーでもアルことなので、取り立てて驚くこともないでしょう。

 

スペックは下記の通り。

価格:オープンプライス
ヘッド体積:460cc
クラブ重量:310g(S)
ロフト角:8.5,9.5,9.5 Draw,10.5,10.5 Draw,11.5
クラブ長さ:45.25インチ
シャフト:フジクラ社製ランバックスAMP CELL 日本オリジナル仕様
フレックス:S, SR, R
バランス:D2

ノーマルのタイプの他に2種類ラインナップされています。

  • AMP CELL DRIVER LIMITED EDITION GREEN:世界1800本限定
  • AMP CELL PRO DRIVER:440CCヘッドのプロモデル

個人的にコブラのドライバーといえば、アクシネット取り扱い時代の、クラウンがボコッと減っこんだイメージが強いのですが、2010年にPUMA傘下になってからはイメージを一新しましたね。

 

私は2005年くらいだったと思うんですけど、バフラーのアイアンタイプのユーティリティをバッグに入れてましたね。あとにも先にもコブラブランドのクラブを使ったのは、それだけです。

 

当時はマン振り命だったので、なかなかのハードスペックだったバフラーもなんとか使えていましたが、今は無理です。私くらいのパワーではボールが浮いてくれないですから。

 

えっと、ドライバーの話でしたね(笑)

 

実際にショップの試打スペースの鳥かごでデータを取ってもらったのですが、「可もなく不可もなく」という印象です。

 

外ブラの派手なドライバーをバッグに入れたい人とか、お手頃価格のドライバーがほしい人にはオススメできるとは思います。

 

ただ、打音にこだわる人には向いていないですね。

 

「ポコン」という感じの音は、なんとなく気持ちよく飛んでいる感覚が少なくてドライバーの楽しみの何割かが感じられない気がします。

 

「グシャ」という感じの中音域が出るドライバーが好みというのもありますが、この「AMP CELL DRIVER」のポコンという間抜けな音は好きになれないですね。

 

他の人の試打レビューはどうなっているんだろうと思ってチェックしてみると、66歳の人が

 

「芯を食うと270ヤードくらい飛んでいるので、まぁまぁ満足している」

 

というレビューをしていて、ちょっと笑ってしまいました。66歳で270ヤードも飛んだら、日本シニアでも飛ばし屋で通りますって(笑)

 

それが「まぁまぁ満足している」ですから、一発の飛びより平均飛距離が270ヤードを出すのを求めているということなんでしょうか?

 

その辺はよくわかりませんが、自分のスイングにマッチすれば、これくらいの結果は出るというドライバーなんでしょうね。

 

2014年2月現在の実売価格は18,900円~19,800円くらいのようですから、今からゴルフを始めるという男性(HS43以上)の最初のドライバーとしても良いと思います。

 

飛距離はほどほどですがミスヒットに強いですし、最新のスイング理論を踏襲するならマッチするはずです。

コブラ AMP CELL ドライバーを楽天市場で探すならこちらから

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

飛ぶドライバー2018
2018モデルのぶっ飛びドライバーをご紹介します。
飛ぶドライバー2016 アスリートゴルファー向け
ヘッドスピードの速いアスリートゴルファー向けの、2016モデルぶっ飛びドライバーをご紹介します。シャフトのチョイス次第で、一般的なゴルファーにも使えるモデルもありますよ。
飛ぶドライバー2016 アベレージゴルファー向け
「ドライバーは飛んでナンボ」というゴルファーの思いを実現するための、2016モデルのドライバーをご紹介します。
飛ぶドライバー2015 アスリートゴルファー向け
ヘッドスピードの速いアスリートゴルファー向けのぶっ飛びドライバーをご紹介します。シャフトのチョイス次第で、一般的なゴルファーにも使えるモデルもありますよ。
飛ぶドライバー2015 アベレージゴルファー向け
「ドライバーは飛んでナンボ」というゴルファーの思いを実現するためのドライバーをご紹介します。
sldr ドライバー 飛距離
「ロフトアップで飛ばす」というコンセプトの、テーラーメード「SLDRドライバー」をご紹介します。
x2 hot ドライバー
キャロウェイのドライバー「x2 hot ドライバー」をご紹介します。
キャロウェイ ビッグバーサ アルファ (BIG BERTHA ALPHA)
キャロウェイのハイヘッドスピーダー向けのドライバー「ビッグバーサ アルファ (BIG BERTHA ALPHA)」をご紹介します。
キャロウェイ ビッグバーサ(BIG BERTHA)
キャロウェイの2014モデルドライバー「ビッグバーサ(BIG BERTHA)」をご紹介します。
ロケットボールズ ステージ2 ドライバー
テーラーメイドの2013モデルのドライバー「ロケットボールズ ステージ2 ドライバー」をご紹介します。
XXIO FORGED ゼクシオ フォージド 2013
ダンロップの人気ドライバーのひとつ、「XXIO FORGED ゼクシオ フォージド 2013」をご紹介します。
ミズノ mpクラフト h4
ミズノのアスリート向けのドライバー「mpクラフト h4」をご紹介します。
タイトリスト NEW VG3 ドライバー(2014モデル)
タイトリストの「NEW VG3 ドライバー(2014モデル)」をご紹介します。
ファイズⅢ(PHYZⅢ) ブリヂストンドライバー
ブリヂストンのドライバー「ファイズⅢ(PHYZⅢ) 」をご紹介します。
フォーティーン ゲロンディー CT-214
フォーティーンの長尺ドライバー「ゲロンディー CT-214」のレビューなど。
ナイキ VR_S コバート 2.0 ドライバー
「ナイキ VR_S コバート 2.0 ドライバー」の試打インプレッション、レビューなどを。
タイトリスト 913D2
タイトリストの913D2の試打レビューなど。
ツアーステージ X-DRIVE GR 2014モデル
ブリヂストンスポーツの「ツアーステージ X-DRIVE GR 2014モデル」についてのレビューなどを。
xxio8(ゼクシオ8) ドライバー
「xxio8(ゼクシオ8) ドライバー」の試打レビューです。
JPX E3(JPX EⅢ) ドライバー
「JPX E3(JPX EⅢ) ドライバー」の試打レビューです。
PING i25 ドライバー
「PING i25 ドライバー」の試打インプレッション&レビューなどを。
ヤマハ インプレス RMX 02
「ヤマハ インプレス RMX 02」の試打レビューとインプレッションを。
フォーティーン ドライバー GelongD CT-214
「フォーティーン ドライバー GelongD CT-214」の試打レビュー、インプレッションを!
プロギア egg1 ドライバー
「プロギア egg1 ドライバー」の試打レビューとインプレッションを!
ミズノ MP CRAFT 513 ドライバー
「ミズノ MP CRAFT 513 ドライバー」のレビューとインプレッションを。
グローブライド オノフドライバー 赤(2014年)
グローブライドの「オノフドライバー 赤 2014年モデル」の試打レビューとインプレッションです。
マルマン MAJESTY VANQUISH-XR ドライバー
マルマンの高級ブランドマジェスティ「VANQUISH-XR ドライバー」の試打レビューとインプレッションです。
ヨネックス EZONE XPドライバー
RED DEVILの異名をとる「ヨネックス EZONE XPドライバー」の試打レビューとインプレッションです。