スポンサードリンク

Callaway X2 Hot Deep キャロウェイの2014ニューフェアウェイウッド

小顔でディープフェイスでぶっ飛び系のフェアウエイウッドっていうのが、トレンドになりつつあるようですね。

 

タイガーもティーショットはスプーンを多用しているようですし、最近の「300ヤードスプーン」の流れもあって、ブラッシー復活?とか考えていたんですけど、当たらずとも遠からずといった感じでしょうか。

 

そもそも、フィル・ミケルソンが全英オープンに勝ったときにバッグに入れていた「フランケンウッド(Phrankenwood)」が、この流れを暗示していたような気がしますね。

 

Phrankenwood

 

フロリダ州のベイヒルクラブ&ロッジで開催された「アーノルド・パーマー招待 2014」では、数人の選手が新しいキャロウェイのフェアウェイウッドを使用していたようです。

 

それが「Callaway X2 Hot Deep」なんですね。

 

Callaway X2 Hot Deep

 

アメリカでは、すでに229.99ドルで販売されてるみたいですよ。

 

ちなみに、「アーノルド・パーマー招待」で使用していたのはこの3人。

  • ヘンリク・ステンソン:2Deep / ロフト12.5°
  • ニコラス・コルサーツ:3Deep / ロフト14.5°
  • マッテオ・マナセロ:5Deep / ロフト18.5°

アマチュアでも、テーショット専用としてなら、バッグに入れていても活用する機会は多いかもしれませんね。

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・