スポンサードリンク

第3回 HOT LIST 日本版 2014 ドライバー

第3回 HOT LIST 日本版

 

「Golf Digest」の日本版2014ホットリストが先日発表されましたね。

 

気になるドライバーは下記の画像の製品が選出されています。

 

第3回 HOT LIST 日本版

 

2014 HOT LIST GOLD

2014 HOT LIST SILVER

プロ・アマなど33人の審査員によって選出されるこの「HOT LIST」ですが、基本的にアベレージゴルファーのテスターというのがほとんどいないんですよね。

 

ここに参加している一般人のテスターでは、「HC:20」という人がもっともアベレージゴルファーに近いと思うのですが、この人でも一般のアマチュアゴルファーの平均よりお上手なわけで・・・。

 

まぁ、ゴルフクラブを積極的に買い換える層というのは、平均スコアが90前後の人なのかもしれませんし、ある程度のスキルがないとクラブの比較ができないというのもあるからかもしれません。

 

ただ、別にひとつカテゴリーをつくって

 

・100を切ったことがないアマチュアが選ぶ、打ちやすいクラブ

 

なんていうのもあれば面白いかなと思うんですよね。

 

あと、審査方法がどのように行われているのかわからないので、突っ込んだことは言えないのですが、みんなで話し合って決めるという審査方法であれば、実力者やクラブに造形の深い人が出した意見に影響される人も出てくると思うんです。

 

上級者でないと難しいドライバーが高評価だったら、それに賛同しないとなんか恥ずかしいんじゃないかとか、そういう心理が働いたりするのが人間じゃないですか(笑)

 

なので、テスターそれぞれが別々に試打して、無記名で感想を書いたレポートを提出するとかっていう審査方法が、もっとも他の人の影響を受けにくいような気がします。

 

もし、すでにそういう審査方法が採用されているならスイマセンm(__)m

 

ざっくり見回して感じたのは

 

「有名メーカーの新製品は、ほとんどリスト入りしてるな」

 

っていうことでした。

 

審査基準は

評価の項目は1.機能性45%、2.革新性30%、3.打感 見た目 打音20%、4.需要5%の総合点で判断する。最高得点を100点とし、100~92点をゴールド、92~88点をシルバーと定める。

というふうになっているのですが、87点以下の製品を作るほうが難しいんじゃ?って思ったり(笑)

 

基本的に技術力が高いメーカーがゴルフクラブ生産に参入しているでしょうし、自社工場は持たず、遠藤製作所のようなところに外注(もしくはライセンス買い取り)しているメーカーも多いことから考えると、なんだかシックリこない部分もあるんですけどね。

 

もちろん、ゴルフクラブの認知度をアップして、ゴルフ業界が活性化するという目的もあるでしょうから、この企画を否定する気はさらさらありません。

 

ゴルフクラブに限らず、賞レース的な企画を開催すると絶対についてまわる問題というのはあります。なので、これをつつき出すとキリがないと言うのも当然のことなので、良い面だけを見るようにしたほうがベターなのかもしれませんね。

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

ドライバー 飛距離 平均
ドライバーの飛距離を過大申告しているアマチュアゴルファーは多いんですよね。一度、OBも含めた平均飛距離を計算してみてください。きっとビックリしますよ。
ドライバー 飛距離の比較
ゴルフクラブで一番飛ぶのがドライバー。では、どのドライバーが最も飛ぶのか?というのは永遠に答えの出ないテーマです。いろいろなデータを比較検討して最高の1本を見つけ出したいですね。
プロゴルファー ドライバーの飛距離
男子プロの飛ばし屋なら、300ヤードオーバーが当たり前になってきた昨今、プロゴルファーのドライバー飛距離はどれくらいなんでしょうか?
テーラーメイド ドライバー 飛距離
テーラーメイドからドライバーは数種類リリースされていますが、その飛距離はどのような感じになっているのでしょうか?
プロゴルファー ドライバーの飛距離と正確性
プロゴルファーのドライバーは飛距離だけではなく、正確性(アキュラシー)も重要です。飛距離と正確性を表した「トータルドライビングランキング」をご紹介します。
ドライバー ロフト角と飛距離
ドライバーのロフト角と飛距離の関係性についてあれこれ。
ドライバー ロフト角 8.5
ドライバーの「ロフト角 8.5」は果たして飛ぶのか?
ドライバーのロフト角 スライスを軽減するなら?
スライサーがスライスを軽減させるためには、どれくらいのロフト角のドライバーを使うのが良いのでしょうか?
2013女子プロドライビング女王コンテスト
女子プロゴルファーのドライバー飛距離が年々伸びてきています。今「飛ばし屋」と呼ばれる女子プロゴルファーは誰なんでしょう?
女子プロゴルファー ドライバー飛距離
女子プロゴルファーのドライバー飛距離を「Tポイントレディス2014ファーストラウンド」でチェックしました。
女子プロゴルファー ドライバー飛距離 VOL.2
女子プロゴルファーのドライバー飛距離を「Tポイントレディス2014セカンドラウンド」でチェックしました。
女子プロゴルファー ドライバー飛距離 VOL.3
女子プロゴルファーのドライバー飛距離を「Tポイントレディス201サードトラウンド」でチェックしました。
ヘッドスピード・ボール初速・ミート率と飛距離の関係
データ計測してゴルフクラブをセレクトするのは、もはや定番です。ヘッドスピード・ボール初速・ミート率と飛距離の関係など、いまさら聞けないことについて書いてみました。