スポンサードリンク

ゴルフ ドライバー スライスの原因とロフト角

世の中のアマチュアゴルファーの大半がスライサーということで、スライスの度合いを少しでも減らすことで飛距離が伸びるのは、火を見るより明らかですよね。

 

大スライスを打っておきながら

 

「持ち球はフェイド」

 

なんていう見栄を張っちゃう人も多いですが、サイドスピン300回転くらいを「フェイド」と呼びます。(500回転くらいまでは許容範囲)

 

ボールの動きとしては、最高到達点をすぎるまではストレートで、落ち際にスっと右に切れる感じ。これが「フェイド」なんですね。

 

ドローはこれの逆になります。

 

ドライバー

で、ですね。

 

スライサーがなぜスライスを打ってしまうのか?というところをチェックすれば、スライスは治ります。

  • アウトサイドインのカット軌道
  • プッシュスライスの場合はフェースが開いてボールに当たる

ほとんどがこのパターンです。

 

最近の重心距離の長いヘッドのドライバーを使っている場合、「フェースを開いて閉じる」なんていう動きをしていると、とてもじゃないですがインパクトに間に合いません。

 

なので、最初から「フェイスを閉じながらテークバックする」というのがキモになります。

 

これがしっかり出来るようになると、フェアウェイウッドも上からヘッドが入るようになり、ライが悪いところからでも好結果をもたらしてくれるようになります(経験談)

 

あと、つかまりを良くすることが大事なポイントなんですが、これには多めのロフトを選ぶことが必須です。アップライというのもポイントですね。

 

単純に考えてほしいのですが、アイアンでもロフトが多い番手の方が捕まりが良いのはわかりますよね?

 

これはドライバーも同じで、8度とか9度とかのロフトよりも、11度とかのほうが確実につかまりやすいのです。

 

ライ角も同じで、アップライすぎるアイアンは左にしか飛びません。ドライバーの場合はティーアップするので若干状況は異なりますが、それでもフラットなライ角のものよりつかまるのは間違いないんですね。

 

スイングを変えずにクラブだけでスライス度合いを軽減させるなら、

 

多めのロフト+アップライ

 

というスペックのドライバーを選びましょう。シャフトは先調子のほうがつかまりが良いとされていますが、私は4スタンス理論を中心に考えますので、まずは自分がどのタイプなのかを知ってからシャフト選びを行うほうが良いと思います。

 

なので、シャフトのキックポイントについてはここでは触れません。

 

私もゴルフを始めた時は、おそろしいばかりのスライサーでした。ドライバーを使うとOBにしかならないので、

 

「もう、一生ドライバーは使わない」

 

と決心した時期もあったくらいです(笑)

 

当時、NGFのインストラクターと仲良くしていたので、彼から「フックフェイスのドライバーを使えば?」と言われ、キャロウェイのホークアイを勧められましたが、バカみたいなプライドがあって

 

「フックフェイスのドライバーなんて、ビギナーが使うものだ」

 

みたいに反論した記憶があります。っていうか、自分はビギナーだったんですけどね(笑)。なので、「かっこいいドライバーやクラブを使いたい」という気持ちも痛いほどわかります。

 

ですが、スコアをアップさせたいとか、ゴルフがうまくなりたいとかという気持ちが強いなら、そのときの自分に合った道具を使うのが一番だと思います。

 

私もロフト8度のミズノ300Sのヘッドを見つけてきて、ダイナミックゴールドを挿していちびっていた時期もありましたが、結果は最悪でした。

 

ドライバー300s

 

飛ばないし曲がるし、キャディさんからは「こんなドライバー、タイガーウッズでも使ってないですよね」なんて皮肉を言われたりもしましたし(笑)

 

ちなみにそのときのアイアンは、ミズノMP33だったので、バリバリのマッスルバックです。2番アイアンからいれてましたので、バッグだけを見ると

 

「どこのツアープロだ?」

 

っていう代物でした。当時は片山晋呉選手が11番ウッドとかをいれて海外の試合に出てた頃ですから、いかに私のクラブが時代とマッチしていなかったのかがわかりますよね。

 

しかもそのころのスコアは95前後でしたから、今思えば恥ずかしいことこのうえありません。

 

ちょっと話はずれてしまいましたが、スライサーバリバリの頃にロフト12度くらいのフックフェイスのドライバーを使って、打ち出しが左にしかならないという状況をはやめに作っておけば、無駄な時間を過ごさずに済んだのにな~と後悔しています。

 

なので、スライスで悩んでいる人は、かっこつけずに曲がりにくいドライバーを選ぶようにしてくださいね。

 

実力がないのに、プロモデルを使っている人を見て、他の人達は苦笑い&失笑していることに気づいてくださいね。

 

それが一番恥ずかしいことですよ。

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・

関連ページ

ドライバー 飛距離 平均
ドライバーの飛距離を過大申告しているアマチュアゴルファーは多いんですよね。一度、OBも含めた平均飛距離を計算してみてください。きっとビックリしますよ。
ドライバー 飛距離の比較
ゴルフクラブで一番飛ぶのがドライバー。では、どのドライバーが最も飛ぶのか?というのは永遠に答えの出ないテーマです。いろいろなデータを比較検討して最高の1本を見つけ出したいですね。
プロゴルファー ドライバーの飛距離
男子プロの飛ばし屋なら、300ヤードオーバーが当たり前になってきた昨今、プロゴルファーのドライバー飛距離はどれくらいなんでしょうか?
テーラーメイド ドライバー 飛距離
テーラーメイドからドライバーは数種類リリースされていますが、その飛距離はどのような感じになっているのでしょうか?
プロゴルファー ドライバーの飛距離と正確性
プロゴルファーのドライバーは飛距離だけではなく、正確性(アキュラシー)も重要です。飛距離と正確性を表した「トータルドライビングランキング」をご紹介します。
ドライバー ロフト角と飛距離
ドライバーのロフト角と飛距離の関係性についてあれこれ。
ドライバー ロフト角 8.5
ドライバーの「ロフト角 8.5」は果たして飛ぶのか?
2013女子プロドライビング女王コンテスト
女子プロゴルファーのドライバー飛距離が年々伸びてきています。今「飛ばし屋」と呼ばれる女子プロゴルファーは誰なんでしょう?
女子プロゴルファー ドライバー飛距離
女子プロゴルファーのドライバー飛距離を「Tポイントレディス2014ファーストラウンド」でチェックしました。
女子プロゴルファー ドライバー飛距離 VOL.2
女子プロゴルファーのドライバー飛距離を「Tポイントレディス2014セカンドラウンド」でチェックしました。
女子プロゴルファー ドライバー飛距離 VOL.3
女子プロゴルファーのドライバー飛距離を「Tポイントレディス201サードトラウンド」でチェックしました。
HOT LIST 日本版 2014 ドライバー
2014年の「HOT LIST 日本版 ドライバー」についてあれこれ書きます。
ヘッドスピード・ボール初速・ミート率と飛距離の関係
データ計測してゴルフクラブをセレクトするのは、もはや定番です。ヘッドスピード・ボール初速・ミート率と飛距離の関係など、いまさら聞けないことについて書いてみました。