スポンサードリンク

ゴルフ ドライバーの飛距離

そもそもゴルフの楽しみのひとつには「飛距離」っていうものがあるわけで。

 

世界中に数ある球技の中でも、最も遠くまで飛ばせるのはゴルフだと思うんです。その中でもドライバーは最も距離が出るクラブ。(ちゃんと打てばという条件がつきますけどねw)

 

芯を食った時のあの感触と、加速しながら飛んで行くボールの行方を見ていると

 

「カ・イ・カ・ン」

 

なんていう薬師丸ひろ子さんのフレーズが頭に浮かびます。ただ、多くのアマチュアサンデーゴルファーに覚えておいてほしいのが

 

あの人に合うドライバーが自分に合うとは限らない

 

ということ。

 

個人的には4スタンス理論が最も上達を早めてくれるメソッドだと思っているのですが、自分に合うドライバーもこの理論から導き出されます。

 

4スタンス理論

 

つまり、新しいドライバーに買い換えて一気に飛距離を伸ばした友人がいたとして、その友人と自分が「4スタンス理論」において同じタイプでなければ、そのドライバーの恩恵を自分も受けることは難しいということになります。

 

それを知った上で、体力的なもの、身長や練習量、クラブヘッドのフォルム(顔)などを重ねあわせつつドライバーを選んでいくのが、最も効率のよい方法なのです。もちろん新製品を買い換える喜びというのもあります。

 

買ってみて「合わなかった」というのも経験になりますし、ゴルフ仲間とのコミュニケーションのひとつになるかもしれません。

 

でも、いつもの仲間をアウトドライブする快感や、コンペでドラコンを総取りする快感を求めるなら、やはり飛ぶドライバーを選びたいものですよね。

 

毎年リリースされるドライバーの中から、自分のベストワンを探し出せればいいですね!

 

ちなみに、クラブだけに頼るのではなく、自分の体もベストの状態=ニュートラルな状態にしておくことが飛距離に直結すると実感しています。

 

ですので、毎晩就寝前のリポーズは必須だと考えています。

 

4スタンス理論

筋肉は伸ばさず、ゆるめる!4スタンスリポーズ体操

当ブログ 人気のエントリーBEST5

当サイトのコンテンツ

・スポンサーリンク・